ブレイブウィッチーズ秘め歌コレクションVol.1 雁淵姉妹編感想

眼鉄です

ついに発売した白い衝撃こと

ブレイブウィッチーズ秘め歌シリーズ


今画像が欲しいから単品のリンクを張ってますが

出来るならアマゾン特典ドラマCD付セットを買った方がいい。

一応リンク張っとくね

どうせ二枚買うならセット買ってください
なんでかっていうと

秘め歌ドラマパートの
続きにあたるドラマCDがセットになってるから


ええええええええげつねえええええええええええええ

アマゾン特典ドラマCDは
スト魔女映画の特典もそうだけどマジえげつない。
特典のくせに本編と地続きのドラマCD多すぎ

割と真面目にセット版買ってください。
二枚買うなら絶対セットを買ってくだしあ
ドラマパートに興味がないのなら個別で買うのもありだと思います

ただそんな酔狂な人いるのかなぁ……。

それはさておき感想

今回の秘め歌&ドラマパートでよかったのは

ブレイクウィッチーズの日常が垣間見えたところ

ブレイクウィッチーズは恐らく色々な大人の事情のせいか
全話通して基本的に緊張しっぱなしで日常部分があまりなかったのですが
今回やっとその平和な部分が少し垣間見えた気がします。かわいい。みんな可愛い。

また語られてなかった設定なども出てくるよ。

二枚の感想を一気にやって特典ドラマCDの感想は流石に長くなるので分けます
今回は秘め歌Vol.1 雁淵姉妹編の感想をしていくよ


ドラマパートのネタバレ含みますので折々
私の感想は嘘は一切付きませんが誤解と誇張があるので
真相を知りたい人は買って確かめるんやで。
別にここのリンクから飛ぶ必要ないから買ってや。買うんや。
皆で買えばどんどんドラマCDとか出してくれるはずなんや。

スポンサーサイト

ダンガンロンパV3感想

眼鉄です。

困ったときは感想感想

というわけで今日の感想はこれ

ダンガンロンパV3


強烈なネタバレを含みます

はっきり言ってプレイ前の人は見ないことを進めます。
なので詳しい感想や考察は折々しておきますね。

ざっくりとした感想

・アクション全般が改善されていた

前にあった謎のスケボーアクション要素が無くなり
今回はレースゲームのような様相になっていました。

他にも従来あったアクション系がちょっと面白いミニゲームになってていい。
それでもまあ、推理要素としてはクライマックス推理以外は私は必要ないと思いますが

・UIが相変わらず微妙。

何がってわけではないけど操作にイライラすることが多々あった。
PS4版でこれなので、PSV版はかなりイラつきそう。

なんかボタンの配置とかシステム画面とかが妙にイラつくんだよな

・ミニゲームが豊富だしやり込み要素が多い

ダンジョンRPG要素やスゴロク要素にカジノミニゲームなど
よくもまあここまで詰め込んだ!

・推理難易度

ミステリー難易度難しい設定で丁度いいくらいの難易度です。
トリックが分かったけど何をどこにぶつけていいのか悶々することも多々。

ですが犯人に関しては結構最後まで分からないこと多かったな。

ただ意外性とハートを折るという意味では第一章が最強


マジで電源落とそうかと思った。

まあ、モノクママシーンをプレイした瞬間分かるんですけどね……犯人……

・学級裁判について
今回からの新設定『偽証』モードが追加された代わりに
前にあった『人の発言をコピーして発射する』要素が撤廃されました。
まああれ、あんまり意味感じなかったし。

また色々な人が好き勝手自分の意見を主張し始めるモードとかが良かった。
今までみんなお行儀よく学級裁判してたからね

・アクションについて

多すぎてダレる。

最終章とか正直酷すぎる。
正直もう、このアクション性はなくしてもいいんじゃないかなって……
でもそれやると『逆転裁判』っぽくなっちゃうから仕方ないんだろうか。

でも最終章は本当にイライラするぐらい入るんだよ、ミニゲーム。


・ストーリーについて

はっきり言って賛否両論になると思います。
私の意見は折々した先で語るとしますが
私としては薄ら寒いとは思いますが、それほど悪いとは思いませんでした。
理由は後述します。


まとめると新しいダンガンロンパ、と言った感じでしょうかね。
私は面白かったです

ただエンディングを許せるかどうかでしょうね……。


それでは折々
[ 2017/02/28 19:18 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

ブレイブウィッチーズ1巻 ボイスレポート感想

眼鉄です。

もう月一更新がデフォになりつつあるけどそんなこともあるよね。
若さが足りない。

ところで予約投稿ボタンを押してなくて公開ボタンを押した結果
未来の日時で深夜にブログ公開したとかそんな落ちはなかった、いいね?


夜中に一人で大慌てで事態をなかったことにした金属も居なかった、いいね?

久しぶりに投稿した結果がこれだよ……夜見てくれた人はごめんよ……


さておき今日の感想はこれ

ブレイブウィッチーズ第一巻限定版の感想


アニメ本編の感想をやっていないのでここでやろうかとも思ったのですが
それはまた追々

Blu-rayに付属しているのは
小冊子とボイスレポートCD
そして新聞形式の当時のペーパーです。

小冊子については正直なところを申し上げますと薄いです

それが予算のせいなのか
Blu-rayの形式的な問題による収納の都合なのか薄いです

(※今までスト魔女のBDは本編ディスクと特典ディスク、小冊子の三つの形式になっており
それらを三つをまとめて梱包していたので分厚かった。
今回は二枚組の箱一つにディスクがまとめられていて
その箱に挟まる形で小冊子が収納できるので
従来の限定版よりスペースを取らない形式になってるよ
言ってることが良く分からない人は両方の限定版を買ってね☆)

キャラ紹介とストライカー哨戒
それと設定資料集と、わき役たちの紹介のみで
今までにあった世界観の解説や説明関係がばっさり省略されているので薄いです。

まあ今まで語りまくってるからもうないのかもしれないですが少し寂しい。
あと紙質も今までのと違ってなんかつるつるしてるよ。


色々細かに言いましたが
今日詳しく感想をやるのは限定版に付属しているボイスレポートのほうです。

今回のボイスレポートはキャラ個別のインタビュー式
トップバッターを切るのは雁淵姉妹です。
設定的にはアニメ本編終了以降に収録されたやつみたいですね。

ネタバレ有なので折々します

またこのボイスレポート自体がアニメ本編の重大なネタバレになっているので
Blu-rayでアニメを追いかけるつもりだった酔狂な人は注意してくださいネ



FF15攻略終了したので感想

眼鉄です

お久しぶりです。
もう無茶苦茶今更ですが本年も牛歩戦術ですがよろしくお願いいたしますうぇぇい

新年一発目の感想が百合ではなく野郎フェスティバル

今日の感想はこれ

ファイナルファンタジー15


公式サイトへ

私実はFFって全シリーズプレイはしてるんだけど
クリアしたのって7と15だけなんだよね。
途中で面倒くさくなっちゃうんだよね、FFって。

まず第一前提の感想を箇条書き

・グラフィックくっそ綺麗

個人的に今までやったゲームの中でダントツの綺麗さだった。
あんまり綺麗でプレイしたとき仰天したくらい。
グラフィックの綺麗さは流石金掛けただけある。

・戦闘は慣れるまで癖がある。

アクションゲームと見せかけた恒例のオートアクション戦闘なので
私はそれに気付くのに四時間ほどかかった。
あと色々システムが解禁する前までは戦闘でストレスがたまるかも。

後半になればなるほど味が出てくる感じ。
でも私個人としては普通にアクションゲームでも良かったな。

・ロードが長い

上記でもグラフィックが綺麗と言いましたけどその代償はロードの長さ
ただ難易度がゆるっゆるなのでよほどゲームオーバーにはなりませんから
ファストトラベルでちくちくイライラするくらいかな。

・全体的に惜しい、と言わざる得ない。

詳しくは折々した先で書きますけど
本当に惜しかった
全てにおいてこれにつきる

ただ私は新品で買った金額に相応しいゲームではあったと思います
それ以上の評価となるともう惜しいと言わざる得ない
特にシナリオ。

総合的に言えば私はこのゲームは面白いしお勧めできます。
ただし『ゲームのおまけにシナリオが付いてきた』と言わざる得ない。

メインシナリオも途中までは良かったんだけど……

とりあえず面白かったです。
二週目やりたいと思ったFFは久しぶり。


以下ネタバレを含む個人の感想になります。
[ 2017/01/09 20:39 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

クルロスのせいで生きたり死んだりしてる

眼鉄です

Twitterで暴れてました。

クルロスの絨毯爆撃で何回しんだか分かりません。


私の萌え残機は無限にあると思っていましたが
何回も死ぬうちに悟りました。私にも限界があるんだと

Twitterで鬱陶しいほど叫んでいますが
もう私のエンジンは壊れたかもしれない。

祝・BS勢とクルロスとかラルロスとかニパひかとか妄想とか何か

眼鉄です

ツイッターでも言ってたんですが
私はついについに

親の部屋でブレ魔女をBSで視聴することにした。

私の家はBSCSが見えるのですが
ケーブルテレビでの契約をしているうえに変な機械も持ってないから
BSのテレビが私の部屋でのみ見れないんですよ虐めかな?

だからdアニメに加入したりしてたんですが
5話でクルロス絡みすごいというワードを見かけまくってついにBS勢になりました。

もっと早くこの勇気が出せていたら、多くの命が救われただろうに

僕はいつも遅すぎる。


以下クルロス、ラルロス、ニパひかとかまあいろいろの妄想しかありませんので折々

【緊急】大変! クルロス妄想が止まらないの!【助けて】

眼鉄です

助けてください!

クルロス妄想が止まりません!!!

久しぶりのクリーンヒットでホームランだったから
たぶん体のエンジンがね?

百合ヲタは普段0.001を100にも200にもするパゥアーを持ってるから

公式でいきなり一万とか燃料供給されると
頭がふっとーしちゃうよぉ!ってなるんですよね説明がヘタってよく言われる。

とにかく四方八方からクルロス供給が公式でされるわけでしてね
私が悟った結論としましては

クルロス再婚しろ!

私はこのキーワードを胸にクルロスしていこうと思います。

『ブレイブウィッチーズPrequel』百合的な感想

眼鉄です。

現在放映中のアニメ
ブレイクウィッチーズの前日譚が描かれた小説

ブレイクウィッチーズPrequel感想


あえてはっきり言おう

くっそ面白かった。

そして伯爵×先生の百合が萌えすぎた。

他にも百合ネタが結構詰まってる素晴らしい!!

ストライクウィッチーズのノベルは数あるのですが
私はこのライターさんの書いたノベルが一番好きです

理由

・過剰なエロ演出がない。

ヤマグチノベルも私はすごくすごく好きですが
過剰なセックス描写やエロシーンの挿入
それが一周回って親父臭さになっていたのですが

このライターさんにはそういったものがほとんどない。

勘違いしてほしくないのが私はエッチなシーンは大好きです

ですが不必要だったり過剰だったりするのが嫌なだけです。

そういうう意味ではこの作品は非常に硬派と言えます。

・文章が丁寧。

ストライクウィッチーズの小説の欠点は
メインキャラクターが非常に多いということ

何かの投稿小説解説かなんかで
主要キャラクターとして動かせる限界は五名が良いとあるのですが
(あくまで第一話を描く投稿用の話)
ストライクウィッチーズシリーズは十名を超えることがしばしばあります。

さらにここの名前が長く、出身国もバラバラなので
キャラの紹介だけで地の文章を何行も使いがちです。

ですがこの作家さんはそのあたりを上手くクリアしている。

台詞や行動などでキャラ付けをしつつ
必要最低限の説明を丁寧にシーンと絡めてやってくれるので
誰が何をやっていてどんなキャラなのかすごくわかりやすい。

流石アニメ化を二度も経験しているライターさんなだけあります。

またまぶらほの時からミリタリー要素の強い文章を書いていたおかげなのか
元々趣味なのか知りませんが
ネウロイ戦闘も丁寧にかつ分かりやすく文章にしてくれています
どっかの「ひゅーん、どん! ネウロイは死んだ。」とは違うんですね。

・無名キャラの絡ませ方が上手い。

私は某ラノベで陰謀(笑)オリキャラ(笑)と書いたのですが
それが悪いから言ったのではなく
その要素に振り回されて肝心のウィッチ描写がおざなりだったから批判してました。

この作品はそういった部分も本当にうまくというか
面白く描いてくれていて
整備チームの下りなんて「おっさん可愛いよおっさん」ってなるくらい。

新規のキャラは基本ウィッチーズ舞台を盛り上げたり脚色するだけの存在で
また彼らのおかげでキャラの様子が分かりやすくなっています。

これが本当に小説家の書いた小説なんだと思うくらい面白かった。

会話のやり取りもなかなかいい意味で突っ込みどころが多くて面白かった。
アニメだとラル隊長まだまだ出番がなくてよくわからないのですが
このノベル読むと姉御感というか、ちょっとおもしろい人オーラが出てる出てる。

・伯爵×先生からただよう元夫婦オーラ


マジで面白い。買うべき



以下本編に食い込む内容なので折々

クルロスの萌えネタ感想は最後にあるどー。ネタバレだどー


ブログパーツ