スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダンガンロンパV3感想

眼鉄です。

困ったときは感想感想

というわけで今日の感想はこれ

ダンガンロンパV3


強烈なネタバレを含みます

はっきり言ってプレイ前の人は見ないことを進めます。
なので詳しい感想や考察は折々しておきますね。

ざっくりとした感想

・アクション全般が改善されていた

前にあった謎のスケボーアクション要素が無くなり
今回はレースゲームのような様相になっていました。

他にも従来あったアクション系がちょっと面白いミニゲームになってていい。
それでもまあ、推理要素としてはクライマックス推理以外は私は必要ないと思いますが

・UIが相変わらず微妙。

何がってわけではないけど操作にイライラすることが多々あった。
PS4版でこれなので、PSV版はかなりイラつきそう。

なんかボタンの配置とかシステム画面とかが妙にイラつくんだよな

・ミニゲームが豊富だしやり込み要素が多い

ダンジョンRPG要素やスゴロク要素にカジノミニゲームなど
よくもまあここまで詰め込んだ!

・推理難易度

ミステリー難易度難しい設定で丁度いいくらいの難易度です。
トリックが分かったけど何をどこにぶつけていいのか悶々することも多々。

ですが犯人に関しては結構最後まで分からないこと多かったな。

ただ意外性とハートを折るという意味では第一章が最強


マジで電源落とそうかと思った。

まあ、モノクママシーンをプレイした瞬間分かるんですけどね……犯人……

・学級裁判について
今回からの新設定『偽証』モードが追加された代わりに
前にあった『人の発言をコピーして発射する』要素が撤廃されました。
まああれ、あんまり意味感じなかったし。

また色々な人が好き勝手自分の意見を主張し始めるモードとかが良かった。
今までみんなお行儀よく学級裁判してたからね

・アクションについて

多すぎてダレる。

最終章とか正直酷すぎる。
正直もう、このアクション性はなくしてもいいんじゃないかなって……
でもそれやると『逆転裁判』っぽくなっちゃうから仕方ないんだろうか。

でも最終章は本当にイライラするぐらい入るんだよ、ミニゲーム。


・ストーリーについて

はっきり言って賛否両論になると思います。
私の意見は折々した先で語るとしますが
私としては薄ら寒いとは思いますが、それほど悪いとは思いませんでした。
理由は後述します。


まとめると新しいダンガンロンパ、と言った感じでしょうかね。
私は面白かったです

ただエンディングを許せるかどうかでしょうね……。


それでは折々
スポンサーサイト
[ 2017/02/28 19:18 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

FF15攻略終了したので感想

眼鉄です

お久しぶりです。
もう無茶苦茶今更ですが本年も牛歩戦術ですがよろしくお願いいたしますうぇぇい

新年一発目の感想が百合ではなく野郎フェスティバル

今日の感想はこれ

ファイナルファンタジー15


公式サイトへ

私実はFFって全シリーズプレイはしてるんだけど
クリアしたのって7と15だけなんだよね。
途中で面倒くさくなっちゃうんだよね、FFって。

まず第一前提の感想を箇条書き

・グラフィックくっそ綺麗

個人的に今までやったゲームの中でダントツの綺麗さだった。
あんまり綺麗でプレイしたとき仰天したくらい。
グラフィックの綺麗さは流石金掛けただけある。

・戦闘は慣れるまで癖がある。

アクションゲームと見せかけた恒例のオートアクション戦闘なので
私はそれに気付くのに四時間ほどかかった。
あと色々システムが解禁する前までは戦闘でストレスがたまるかも。

後半になればなるほど味が出てくる感じ。
でも私個人としては普通にアクションゲームでも良かったな。

・ロードが長い

上記でもグラフィックが綺麗と言いましたけどその代償はロードの長さ
ただ難易度がゆるっゆるなのでよほどゲームオーバーにはなりませんから
ファストトラベルでちくちくイライラするくらいかな。

・全体的に惜しい、と言わざる得ない。

詳しくは折々した先で書きますけど
本当に惜しかった
全てにおいてこれにつきる

ただ私は新品で買った金額に相応しいゲームではあったと思います
それ以上の評価となるともう惜しいと言わざる得ない
特にシナリオ。

総合的に言えば私はこのゲームは面白いしお勧めできます。
ただし『ゲームのおまけにシナリオが付いてきた』と言わざる得ない。

メインシナリオも途中までは良かったんだけど……

とりあえず面白かったです。
二週目やりたいと思ったFFは久しぶり。


以下ネタバレを含む個人の感想になります。
[ 2017/01/09 20:39 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

討鬼伝2感想(百合ヲタ視点)

眼鉄です

悲しみに負けず、辛さに負けず。
というわけでゲームの感想。こいつゲームばっかだな。

討鬼伝2


個人的にプレミアムボックス買っておいたらよかったなって。

そう思うくらい面白かった。
クリア自体はもうずいぶん前に終わっていたのですが
まあ、多少はね?

ぶっちゃけ極からよく盛り返したと思う。

ストーリーの出来は相変わらずよかったです。
討鬼伝極みのストーリーも面白いからぜひプレイしてほ……うん、ストーリーは面白いです!
こういうのって2だと絶対ストーリーがこけがちなんですが
安定のクォリティ。
正直面白かった。
ただ登場キャラのわりにストーリーが短く感じた気がするなぁ。

通常のプレイ感想なんてでまわっているとおもいますので
百合ヲタ視点で感想感想。


[ 2016/09/22 19:45 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

クソゲー『真流行り神』の2が発売するらしいよ。

眼鉄です

過去の日記で割とボロッカスに叩いた
個人的にがっかりクソ手抜き劣化ゲーム
『真流行り神』が2は出さないという情報に嘘をついて2を出すことにしたようです。




ちなみに前作をまとめると

パンツレスリングとゴミくず

以上

そもそも『流行り神』というゲームについて簡単に説明させ頂くと
都市伝説がらみで起こった事件を
『オカルト』か『科学』かという二つの視点から読み解くという傑作ADVのこと
正直3に関しては若干ゴミに足突っ込んでいる感じがありましたが
日本一ソフトウェアちゃんが作った出来のいいADVでした

正直流行り神3が「ええええええ……」って感じの終わり方をしており
ファンとしては消化不良気味かつ続編が絶望的かと思われたなかでの
『真流行り神』の発売情報は本当に絶望の中に差し込む一つの光だったわけで

それを全力で裏切ったわけで


私はもう二度と日本一ソフトウェアのゲームはゴミだと思って買わないと決めたのですが
でも公式サイト見るとなんか面白そうなんだよなぁ
[ 2016/05/31 21:20 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(4)

PSVita専用ソフト 『咲-Saki-全国編』の感想と個人的攻略則

眼鉄です

咲-Saki-全国編のゲーム出ましたね。



ってを!? なんか新品の値段跳ね上がってねーか!?
どうなってんのこれ。

ちなみに
このゲームを攻略するうえで必要な心得はただ一つ


鍛えた池田で殴ればいい。


チャレンジ17を

というわけで感想などです。

[ 2015/09/21 20:41 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

GODEATER2 レイジバースト 感想

眼鉄です

腎臓が痛い。
結石が痛くなってくると温かくなったんだなって感じます嘘です年中無休で痛いです。

痛い痛い。

それはさておき感想感想

今日の感想はこれ


ゴッドイーター2 レイジバーストゴッドイーター2 レイジバースト
(2015/02/19)
PlayStation Vita

商品詳細を見る



クリアしたうぇあー

というわけで感想折々

まあわりと辛口です。

[ 2015/03/23 21:31 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

【討鬼伝極】感想

眼鉄です

今日もゲームの感想
おまえゲームばっかやってるのな。うるせー!!!


討鬼伝 極(通常版)討鬼伝 極(通常版)
(2014/08/28)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


今日の感想はこれ

[ 2014/12/17 19:55 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

『GRAVITY DAZE』感想

眼鉄です

ゲームの感想ゲームの感想

PSストアでフリープレイだったからやってみました


GRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the BestGRAVITY DAZE 重力的眩暈:上層への帰還において,彼女の内宇宙に生じた摂動 PlayStation Vita the Best
(2013/04/25)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


PSVで良作は?と聞くと高確率で帰ってくるこのゲーム

取りあえず私の感想を先に書くと


現時点では微妙


と言わざる得ない。
フリープレイの分際で何言ってんだって話ですが許せ許せ。

そもそも現時点では、とはどういう意味なのかって話ですが

これが発売した当初、PSVで遊べるゲームって本当に少なかった

そのなかで画期的なセンスが光るこの作品が
過剰に持ち上げられてしまったのではないか、という感じです。

まあ感想みたいなのがあるので折々

[ 2014/12/15 20:00 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)


ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。