似たような表現をまとめよう大作戦~こんなはずじゃなかった編~

眼鉄です

SS書いているとどうしても表現が偏るというか
やはり人間一人の頭の中だと記憶のキャパシティに限界わっせよい!があるなぁと思いました

またふと思いつくことが多々あるのですが
私あまりおつむがよろしくない出来ですのですぐ忘れちゃうんですよね

そこで考えたのが表現をまとめて保存しておこうというものでした。

とくによく使う表現なんかをある程度出して
その表現に似た意味や違った書き方をまとめて補完しておいて
「なんか被ってるなぁ」と感じた時に引っ張り出そう大作戦です

冬眠前の下準備的な


というわけでまとめ始めました
でも上記にあるように

私、頭が……

まとめるまえに表現思い出せぬし、思いつかぬ。

なので類義語辞典を引っ張ってきて
あるていど似たようなものをピックアップすることに


【悲報】類義語辞典がない。


あったはずだったと思った時期が私にも。

アブブブ

だから古本屋行って買ってきました……。
時代によって意味合いが異なるから最新版の方がいいとは思うのですが
急激に変わるもんはきっと私が肌とハートで感じで認知しているはずだからもう古本でいいです
ていうかプロじゃなくって単純な趣味と自己満足だからいいんです。この妥協に対する表現の多さ。

お里が知れるわ!

これで一安心。

さてさてまとめ作業を開始……

開始……。


悲しみと哀しみってどう違うの……・?


あまり意識したことってないんですけど……
でもこの二つはなんかニュアンス的なものが違うような気がする
それだけは分かる

字面が変われば意味合いが変わるのが日本語のいやらしいところ
意味が変わるのではなく、意味合いが変わるのが輪をかけていやらしい

……。


漢字辞典いるじゃないですか……。


やーだー……。

私が学生時分の漢字辞典は小学校のやつだから
一般的な漢字辞典を買ってきました、古本屋で……。

「また来たよあいつ状態」うるせー! 客だぞぉ!
滅多に売れない辞典買いに来たんだからおだまり!!


というわけで漢字辞典買ってきました
私は漢字に意味があることは知っているのですが、知っているだけですね
漢字は奥が深い

というよりは、言語自体に奥が深いんでしょうね。
言葉は基本的にコミュニケーションを通して進化決定されてきたと思います
だからこそ「ニュアンス」という筆舌に尽くしがたいものも
コミュニケーションというものを通すことで漠然と私たちは理解していた訳ですが

漠然と理解したものをはっきり理解しようとするのがこれほど苦行とは……


国語真面目にやっときゃよかった……
そういや、学校の先生が漢字の授業中に意味とか教えてくれたり
漢字ドリルにもなりたちとか意味合いとか書いてありましたね


学校教材って一つ一つに意味があるんですね……。


当たり前だしやはりこれも漠然と分かっていただけなんですが
きちんと見つめ直すと学校教材って本当に学習するために作られているんですね
私は学生時分もっときちんと勉強すべきだった……

えるしってるか、これが二度手間。


まあ一度目手間をかけてないから普通に勉強してるだけですが。


さてさてさておき!!
これで類義語辞典に漢字辞典が来たわけですよ!!
もうこれで何もこわくなーーーーい!!

私無敵イイイイイヤッホオオオオウ!!


というわけで再開


…………。


……。


哀愁ってどういう意味だっけ……。


類義語辞典とかにも意味はちゃんと載ってる、載ってるんだけど。

……。


国語、辞……典……。


………。


昭和五十九年の広辞苑なら……。


でもあ行まるごとなくなってるワロタワロタ……。


さあ、買いに行こうぜ


古本屋ってやつによ。



眼ちゃん要領悪いって言葉知ってるうるせーーーーーーーーーーーーーー!!!


その言葉の意味を調べるために広辞苑買いに行くんだよ!!


というわけで、買ってきました。
この時点で思い立ったが吉日から三日過ぎてます吉日とはなんなのか……


ついでだったから四文字辞典とかことわざ辞典とかも買ってきてやろうか……!!!!
私そういや電子辞書ってもってなかったっけ大破してたワロエナイ

戦艦イ級とかにでもやられた?

もうこの時点で泣きそう。辞典だけnあ、なんでもないです……。

ここからは比較的作業が進んで
えっちらほっちらやってたんですけど

うん。
日本語のいやらしいところの一つに
横文字取り込んだ表現とかチラホラありますよね。
で、そのチラホラを読んでて思うのが

日本語で表現不能な表現って実はあるんですよね。


例えるなら、元来日本にはなかった概念などがそれに該当します。

要するにあれだ、外国語ってやつだよ。

英和和英辞典とか見ると
「え!?」って思うくらい意味が膨大な感じに解説されてたりするんだけど
あれはたぶんニュアンス的なものを日本語で相当頑張って意味づけした結果な部分もあると思うんです

例えば「Gesture」――ジェスチャーという単語。

日本だともう「ジェスチャー」は身振り手振りで一心不乱なアレ。
あ、これも表現のやつにまとめとこう。

私たちはどちらかというとジェスチャーとはあの動作のことを意味として指すのですが
あれはジェスチャーの言葉の意味の中にある動作の一つに過ぎないみたいですね。

この間、友人間で寿司パーリーしたときに
録画してある英語番組見たのですが

Gesture of thanks=【感謝のしるし】という訳しがされていました。

はあ……へぇ……。

へ?

つまり意志表示を伝えるうえでの物体的、動作的な仕草全般をさすんでしょうね。
言いたいことは分かるんだけどどう表現していいのか分からん。

ありがとうの意味合いでお辞儀をする

お辞儀をする行為に感謝の意味合いが含まれていて
その感謝の意味合いを含んだ腰を折る動作→ジェスチャーってこと?

いわゆる言語を持ち合わせない意思表示コミュニケーション手段ってこと?

辞書だと身振り、手振りとしか書いてないのぉ!!


英和じてーーーーーーーーーーーーーん!!!


辞書を引っ張り回しての表現まとめ創作作業は延々と続く

表現辞典とかないの?

追伸

私今、メイビーだけど


学生時分より本気で辞書使ってる


こんなに本気で辞書引っ張り回してるの初めてだわ……。
気付いたけど辞書によって表現違うんですねおい馬鹿止めろ……。


追伸の追伸

こういう作業をするときは電子辞書より紙の辞書の方が楽かもしれない。
あっちこっち広げて辞典ひくって電子辞書には出来ない事ですし。今のやつは出来るんかな……。

ただ電子辞書も楽です。なんで大破した?
それはね、もう三年以上ほったらかしだったからだよ

家と一緒で、家電製品も放っておくと壊れますよね。
スポンサーサイト
[ 2014/08/26 22:41 ] 日記 | TB(0) | CM(2)


ブログパーツ