コーヒーが好きだという気持ちを詰め込んでみた。

眼鉄です

みなさんコーヒーは好きですか?


私はコーヒーが大好きです!



まあ、でした、が正しいのですが。
愛する心は常に持っています。ただ身体が変調をきたすようになっただけで……

愛に身体が追い付かんようになった、なんでや!
あなた飲みすぎなのよ……。

というわけで当分の間禁飲する羽目になったわけですぐぬぬ。


ところで私、コーヒーって親切だと思うんですよ


もっというと、庶民寄り


大金持ちやらなんやらが飲んでいても違和感皆無ですが
庶民が飲んでいてもそれなりに絵になっていい感じ

あとコーヒーって枠組みなら


大よその味の想像がつく。


もうそのあたりが凄く親切だと思うんです。
もちろん種類やブレンドで味が違うのは百も承知ですがそれでもあらかたの目途が立つじゃないですか。

味の


それに比べると紅茶の一見様お断りっぷり。


あれもう名前からして初心者を威嚇しているとしか思えない。

アップルティーとかレモンティーとかならまだ分かるんですけど


オレンジペコーって何味?


アプリコットとか飲む前の想像力を完全封殺する勢い。

まずアプリコットってなんだよ。

普段紅茶を飲まない人がメニューをみて


ぱっと味の想像するのはまず不可能


セイロンティーって中国茶っぽいけどお茶? お茶ってあのお茶?
それとも紅茶のお茶?
セクシーなの? キュートなの?


ちょっとオシャンテーな喫茶店に乗り込みメニュー見て戦慄するビギナーが後を絶たない。


そうだ、私のことだ。
まあ、あれって茶葉の種類そのまま書いてあったりするだけなんですけどね。
ある意味これ以上なく親切。

「イングリッシュブレイクファストって何味?」って聞いたら
「イングリッシュの朝ごはんの味」っていう返答を返せるくらいのビギナーだ。

ちなみに私は紅茶はこのイングリッシュブレイクファストとかなんとかっていう紅茶が好きです。
私はフルーティーな感じがかなり苦手というか
果物の加工品が一切食べれない類の人種なので

このイングリッシュブレイクファストはそういう人間にとても重宝します。

私、フルーツはそのままの君でないと頬張れないんですよね。
ケーキの間に入っている果物も苦手で、先に取り出してしまいます。
つまり私は、ショートケーキの苺は最初に食べる派だ……。ついでに中にあるやつもな!

少しでも果物の風味を感じるともうそれ以上食べられなくなってしまいます。
許せるのはアイスクリームと飴くらいですかね。チョコも苦手。

つまり私は酢豚のパイナップルは憎んでいる派で
カレーの林檎は認めない派ですが

から揚げのレモンは許せる派

どういうことなの……?


閑話休題。

イングリッシュブレイクファストは
砂糖なしでも渋みが少なく非常に飲みやすいです。
私は紅茶に砂糖はいれない派ですが、これは本当に入れなくてもほんのり甘みがあっておいしい。
ミルクティーの進化前がこの紅茶らしい。どういうことだってばよ。

私がいつも飲むのはこれ


トワイニング ティーバッグイングリッシュブレックファスト 20P×4個トワイニング ティーバッグイングリッシュブレックファスト 20P×4個
()
トワイニング

商品詳細を見る


紅茶に困ったらとりあえずトワイニングでいいと思います。無難に。
トワイニングの紅茶は大体の見ましたが、これが一番無難に美味しいですのでお勧め。

ところで何でコーヒーが好きなくせに紅茶飲んでんの?って話ですが
コーヒーが飲めなくなったので代わりの飲み物探していたら紅茶になっただけだったりします。

紅茶にはいくつも種類があるのですが
コーヒーにもいろいろ種類があります

名前も言いにくさと言う点では紅茶の追随を許さないのですが
それでも大体あの系列の味なんだろうなという粗削りな想像が出来るので
初心者にもやさしいです。
名前が発音できなくても大丈夫。

さて、粗方の味の想像ができるとはいえ
コーヒーにだって味の奥行きはあります。
狭いのにとにかく深いというのがコーヒーの抽象的な味の表現だと思追います。

私はコーヒーの知識は皆無なので
飲んだ味の経験でしか一切合財お話することが皆無なのですが

そのうえでコーヒーの味を大まかに四つに分けるなら

酸味香ばしさ苦み後味じゃないでしょうか?


特に後味は本当に大事だと思います。


コーヒーっていうのは食道を駆け抜けた後も味わい続けることが出来る
そんな不思議な飲み物。
これが合わないとそのコーヒーは美味しいって思えない。
飲み終わって数分込でコーヒーの味なんです。少なくとも私はそうです。他は知らない()

ちなみに私の好きなコーヒーをざっくばらんに言うと

酸味は少なく香ばしさほどほど苦みはやや強めで後味は尾を引かずすっきりするけど存在感がある。


そんなコーヒー。


何言ってんだお前?って感じですけど
コーヒーは粗削りな味のベースは同じでもこういった細やかな違いで八百万の味がクマーーーーー!!!

あ、でも缶コーヒーでなら具体名が言えます


私が一番好きなコーヒーはBOSSブラック


サントリー コーヒーボス 無糖ブラック 185g×30本サントリー コーヒーボス 無糖ブラック 185g×30本
()
BOSS(ボス)

商品詳細を見る



例え親兄弟人質に取られてもBOSSブラックが缶コーヒーの王様だという認識を翻さない!

取りあえず「コーヒーどれ飲んだらいいの?」って思ったらこれでいいと思います
大体の自販機に備え付けられているし。

また味も突出性がない代わりに非常にバランスよく出来ていて
口の中に残り続ける様な後味ではなく、爽やかな風味を残してくれます。

ホットとアイスがあるのですが
私はアイスの方が好きです。


真夏

ホットドックやハンバーガーなどジャンキーで脂っこいものをがっつく。

何処で食っているかなんてのはもうあなた次第!
公園の木陰でも車の中でも暑苦しい部屋のなかでもどこでもいい!

作法とか味わいとかそういうんじゃない。

食事って言うのは孤独なスポーツなんです。

味と自分との一対一のバトルなんです。

そんなお高く留まった食事にする必要はありません。
コンビニにあるホットドック。
なんか妙に柔らかいパンと冷えたところに置いてあるからみょうちくりんに冷たい具
それが真夏の暑さで温くなりふにゃふにゃパンに染み込んだところをガブガブガブガブ

そして殺意マックスのこの暑さ!

ご飯を食べることによってエネルギーを摂取した体が
消化のために発熱発汗。
でもエネルギーを求めている身体が高カロリーのパンズたちを欲するこの気持ち!

一口二口とにかく口にぶち込んで

咀嚼し嚥下した
まさにここぞというところでキンキンに冷えたアイスコーヒーをぐっと飲む


ぐはー!


タマリマセンワー!


脂と暑さを同時リセット。

書いてたらホットドックとコーヒーのセット欲しくなってきた……。


コーヒーはマヨネーズとかケチャップとかと相性が凄くいいと思います
なのでホットドック、ハンバーガー、あとサンドイッチとの相性抜群です。

缶コーヒーなら野外での飲食にも向いています。
外で食べながらのコーヒーは心も体もすっとさせてくれますよ。


あと甘いものと一緒に食べてももちろんOK

ケーキの甘さが苦みを緩和すると同時に
次の一口への美味しさに繋がります
ケーキが上手い、コーヒーが上手いとにかくうまい。

ケーキのお供にコーヒー飲んでいるのか
コーヒーを美味しく飲みたくてケーキ食ってんのかだんだん分かんなくなってくる。


だがそれがいい……。


あと夕日。

日が傾きほんの少しだけ暑さが弱まってくるころ
いつもより長い夕日を見ながらコーヒー一つ。

おかずなんていらない。

夕日を見ながら含む一口。


この苦さが今日頑張った自分へのご褒美なんだ!


帰り支度を始めた街並みと共に
静かにたたずんで飲むコーヒーも風情があっていいものですよ。

え? 深夜にしか帰れない?


駅のホーム。

遠くに聞こえる電車の音。
そういえばたまに、駅のホームに立ち食い蕎麦屋とかありますよね。
あえてそこには入らない。

疲れた人間の片手にあるのは缶コーヒー。
座席は駅のホーム備付のあれです。

静かだけどしっかりした雑音が奏でる音と一緒に
コーヒーを一口如何でしょうか。
場所によってはカエルが鳴いていたり虫の音が聞こえたり。

意味もなく寂しさが湧き上がるその気持ちがおかずなのです。


とまあ、ここまで書いて分かったと思うのですが


コーヒーには隠し味が有ります。


それは自分が飲んでいるシチュエーションです。


ご飯を食べている時に働いているのは味覚だけじゃありません。
視覚、聴覚、触覚、そして心、全てが働いているのです。

コーヒーはそれら全てのシチュエーションごと味わえてしまう。


そんな不思議な飲み物なのです。


キャンプなどが無駄に似合うのはこの性質のせいじゃないでしょうか。
いつもとは違う環境だからこそ、新しいシチュエーションの味が際立つのです。


なんか宗教みたいになってきたな……。


まあ要するに、ひたって飲むとすんごくおいしいよってお話。

騙されたと思って一度やってみることをお勧めします。

あー……コーヒー飲みたくなってきた。


追伸

相変わらず食べ物のことになると熱くなるから困り者。
これでも手加減したんやで!


追伸の追伸

アイスコーヒーの話ばかりになってしまいましたが
ホットコーヒーもすごくおいしいです。

今年雪がすごい降った時
車の中から雪を見つつ食べたハンバーガーとコーヒーの味は忘れられない。

わざわざ窓開けていき白くさせながら食べたら美味しかったです。
スポンサーサイト
[ 2014/07/31 20:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/218-322140a0




ブログパーツ