【禁断のレシピ】感想

眼鉄です

退院しました。ウボェアー!!

かなりハプニングな一週間だったのに書けない悔しさ。ひもじい。

それはともかく
暇だったので買った電子書籍の感想



禁断のレシピ禁断のレシピ
(2014/06/20)
枝元 なほみ、多賀 正子 他

商品詳細を見る



ローコスト低脂肪を訴える昨今


そんな風潮をあざ笑うかのように生まれた悪魔のレシピ本


どれぐらいあざ笑っているかというと表紙がもうやばい。
フレンチトースト+アイス+小豆+はちみつ+砂糖ともう初っ端から殺しに来てる。


食うということにこれほど正直な本があっただろうか。


世に存在する料理レシピ本のやだなーって感じる部分に

料理を紹介してるんじゃなくって


料理している自分を紹介する本の多いこと!


料理を引き立て役に自分語りする料理本とかたまにあるんのですが
嘆かわしくて涙が出そうです。


あと実食性に乏しいやつとか。


こんな料理をキチキチキッチン出来る人はそもそも成人病にならない。

またレシピ本はレシピを掲載するだけではなく

これが喰いてぇ!って思わせることも重要だって思うんです。

味付けがうんたら深い味がどうたら品質が格が職人魂が健康がコストがカロリーが


食べさせたいの? 食べさせたくないの?って疑問に思ったりするのですが

この本は違います


上手いものはカロリーが高いんだよって開き直ってる。


いっそすがすがしい。

カロリーが高い、糖質が高い、で?っていうこの……この。

美味い物を上手く食べようとすることの何が悪いんだと言わんばかりの態度。


マッシュポテトは飲み物ってみたとき膝からスローモーで崩れそうになりました。


やはりあれ、飲み物だったか……。

色々なものが禁止される中で
上手いものはドカドカ食ってもいい!と保障してくれる貴重な一冊です。

取りあえずバター入れとけば上手いとか
油を摂取したいとか素晴らしい

二人の料理研究家の方が掛かれているのですが
この人たちのコメントがいちいちヤバイ。
読んでて楽しいです。

あと食べ物を美味しいといって語ることが非常に上手な人たちだと思いました。
この人たちの会話で中々お腹が減ってきます。


ただレシピ本としての実用性はあまり高くないです。


というよりまず単位がおかしい。

大食漢もしくは大人数でどかどか食べることが大前提の超カロリー本なので
一人の人間がちょろっとつくるのは向いてない
また料理の工程もさらっとしか明記されていないので
これはどうやって作るの?って疑問に思うところがしばしばあります。

ただ写真のダイナミックさが無駄に食欲をそそる。
これでご飯書きこんだらたぶん泣くほどうまいだろうな……ってつくづく思いました。

料理に対して著者の方々が出来上がってしまった経緯を語ってくれるのですが
その座談会と写真だけで持っているといっても過言ではないレシピ本です


ダイエット中の人は絶対に見ない方がいい。


私は向こう四日ほどご飯が食べれなかったのですが
この本のおかげでクッソおなかが減りました。辛かったです!


この本はお腹が空いたとき家庭科の教科書で気持ちを和ませていた


そんな脳内食いしん坊向けの本です。


読んでて本当に楽しいですよ。
油にバターにマヨネーズに
ヘルシー志向を返上して革命を起こさんとする一冊でした。

お腹減ったな……。


追伸

料理研究家が作っているだけあって
写真はかなり綺麗に美味しそうにとられてますよ。

大盛り系のやつってかなりきったなく盛られている事が多いのですが
そこはレシピ本、しっかりしてました。

追伸の追伸

料理本もっとキンドルゥ↑↑してもいいのよ?

最近本はなるべくキンドゥルゥ↑↑するようにしているのですが
そろそろ用量がヤババババ


スポンサーサイト
[ 2014/09/24 19:31 ] その他の感想 | TB(0) | CM(2)

おお、無事退院されたようでなによりです!おかえりなさい。
眼鉄さんのトラブル体質恐るべし…どうかご自愛くださいませ。
[ 2014/09/25 00:45 ] [ 編集 ]

>>はた様へ

眼鉄です
お騒がせしました! 眼鉄太一、帰投です!
まさか二年連続で入院することになるとは思わなんだですが、もう金輪際ないと信じたい。
これからまたよろしくお願いいたします。
[ 2014/09/26 13:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/232-3061eb94




ブログパーツ