【討鬼伝極】感想

眼鉄です

今日もゲームの感想
おまえゲームばっかやってるのな。うるせー!!!


討鬼伝 極(通常版)討鬼伝 極(通常版)
(2014/08/28)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


今日の感想はこれ


ちなみに前作はストーリークリアはしています。
トロコンは興味ないのでアドベンチャーくらいしかしたことないや。

私がゲームをやるのは漫画やアニメを見ることの延長だから
実を言うとやり込み要素って全く興味なかったりする。


ちなみに前作は弓防スタイルでした。時々双刀

今回も弓スタイルで頑張っているんですが、まあ一言言うと


討鬼伝はなんでこうなっちゃったの?


戦闘だけはクソゲー足片方と片腕突っ込んでる

なんていうか全体的に酷い。戦闘が。
極パートがなんていうか、めんどうくちゃいです。

相変わらずこの手の酷いゲームにありがちな世界観はいい

あとストーリーとかキャラクターも何気にいいんですよね
グラフィックは陶器伝って感じだけど。


だからもう、戦闘のかったるさが本当に酷い。


討鬼伝はまず鬼の表層をひっぺ剥がして中身をゴリゴリしなきゃいけないゲームなんです
つまり大型の鬼と遭遇した時はまず表層をひっぺ剥がさないといけないわけで
それにはそれの体力が割り振られており
それをどげんかしないことには体力が削られない

他のゲームですと普通は部位破壊すると弱体化したり
特定の技が使えなくなるのですが
討鬼伝はそんなことお構いなしに使ってくる上に酷いと技の範囲が強化される馬鹿使用

前から思っていたけれど
少なくとも一部の技を使ってこなくなるとかするべきだったと思う。
部位破壊が単純に素材集めにしかなってない。

あ、鬼の本体を引きずり出すための部位破壊でしたっけ。
でも頻繁に全部位で体力削れる状態になるからぶっちゃけ空気設定ですけどね……
ホーミング機能がなくなるとか、範囲が狭くなるとかすべきだったと思う。
あのフリヲだってそれぐらいできたのに……。

あと、大型の敵を倒してから鬼祓い出来るまでの無駄に長い時間もどうにかすべき。
いくらなんでもモガモガの時間が長すぎる。

私は最近やり始めたのでバージョン1.06くらいだったかな


これでもマシになったっていうんだから


最初に買った人たちの絶望ってどんだけだったんだろう。
修正されているにもかかわらず戦闘のかったるさがやばい。

あとバグなのかよく分からないのですが

頻繁に鬼が棒立ちしている時がある。

動くわけでも、何かの予備動作でもなく
ただぼーっと立っている。2,3秒くらいかな。

かと思ったら視界外に属性攻撃の遠距離攻撃を着弾させて
高性能ホーミング付き広範囲、高スピード、高火力、視界外から100%ステータス異常攻撃とかノーモーションでする。


あとダメ狩りゲーにありがちなジャンピングピョンピョンも標準装備

ただ討鬼伝の他と一線を画すところは飛んだら飛びっぱなしという事があること。

攻撃されると死ぬなら攻撃が当たらないところに移動すればいいじゃない!という逆転の発想です。
鳥系はとにかく頻繁に飛翔するので、高所攻撃が苦手な武器は軒並みダメポに。

というか、使える武器と使えない武器の差が激しすぎるように感じます。

太刀がなんか凄い強い。
あと迅のゴリ押しが強い。
それと薙刀も使いやすかった気がする。

ただ私は太刀のモーションが苦手なので
それでも弓で頑張ります。
もはや意地です。意地になっている。床ペローヌ

モンハンプレイヤーが
フリーダムウォーズみたいな攻撃パターンと性能を持つ
ゴッドイーターの敵と戦う


というとたぶん凄く分かりやすい。そして絶望が伝わる。
まだモンハンプレイヤーがゴッドイーターの敵と戦うだけならまだ、まだマシ。
フリヲ先生の攻撃スタイルはだめよ。あれは禿てしまうわ。

あ、ちなみにこのゲーム、防具の意味はあまりないです


防具関係なく一撃死が多いから。


なので好きな防具を着るといいです。
当たらなければどうということはない。当たったら死ぬんだし。
防具なんて飾りです。防御も飾りです。迅のミタマ使いじゃない人にはそれが分からんのです。

一撃死しなくても無駄に吹っ飛ばされる上に
追尾モーションや多段ヒットが非常に多いので一撃といって問題ないかと

広いエリアの端から端まで飛んでった時は流石にワラタ

あと被害妄想なのか分かりませんが
部位破壊されてない部位を、攻撃されないよう壁際に寄せて攻撃できないようにしたり
部位破壊されたものの上にずーっと居座ったりっていうのが非常に多かった。

特に誰も鬼祓いしているわけでもないのにずーっと居座ってる。ワロリーヌ

また討鬼伝には広いフィールドからエリアを走り回り鬼と出くわすタイプと
初めから鬼が居るフィールドのみにしか行けないタイプと
二つのミッションがあるのですが

後者のフィールドで同時討伐とかもう死ねる。


しかもゴッドイーターで言うところのあのでっかいエリア(名前忘れた)ほど広くもない。
さらに敵はエリアの端から端まで移動する突撃技を持っているので
だいたい楽しいことになります。

そしてこの高火力。楽しくて死にそうです。

ただゴッドイーターほど乱戦は多くなく
各鬼に一つは個別討伐のミッションがあるのは良かったです。その点は良かった。


プレイヤーのもっさり動作も今回はマイナス要素フル使用ですね。
GEやフリヲみたいに素早く三次元に動くことを想定していないので
まあこのもっさりっぷりは別にいいんですけど

鬼さんが機敏でな。

ああ、敵って化け物ナンダナ……って心から思える。
鬼、だもんね。対してただミタマブーストかかってるだけの人間が戦うんだもの……うん……。

吹っ飛ばされたら三、四回転ごろごろ転がって、膝をついて、立ち上がるという
冗長モーションを見るのは辛いよ。吹っ飛び過ぎだと思う。

こういうと「リアリティが!」と言われるのですが
本当にリアリティを追求するならこんなに吹っ飛ばされた時点で死ぬべき。
腕とか引きちぎれるべき。
さらにいうと、こん棒で殴られたら即死すべき。
もっというと鬼なんて……。


なんでこんな使用になったのかは簡単です


新規の鬼モーションを考えず色違い形違いを量産してるから。


だから攻撃スタイルに差異が付けられず
結果、既存の鬼のモーションにホーミング遠距離広域属性攻撃をつけざる得なかったんです。
妖怪なんてそれこそ履いて捨てるほどあるんだから
調べて全く新しい形を作ればよかったのに……。まだ誰も手を付けてないんだし……。
おそらく製作費と納期という名前の面倒くさかった、というのが答えだと思います。

緊急回避的なものが基本的になく
代用のスキルで補うしかないというのも痛い。
フリヲもそう言えば緊急回避と防御梨だったわね……


そんなボロクソに書いてますけど

ストーリーと世界観とBGMは凄くよかった。


主人公が凄く慕われている理由はぜんぜんわかんないけど
キャラのかけあいとか
モブの会話とか、ミッションの台詞とか良かったです。

絵も可愛い。

ただ主人公の名前のところは何か別の台詞を入れるとかしてほしかった。
隊長とか色々あるやないですか。寂しい……。
せっかくキャラメイク出来るのにムービーで全然登場しないのは駄目だと思う。

何のためのキャラメイクなのよ。
だからプレイヤーとしては自分の作ったキャラにあんまり愛着沸かない。

せっかくグラフィック凄くいいのに。


何かボロクソに書きましたが遊べない事は決してないので
ストーリーと世界観見たさに買うのは全然ありだと思います。

ただ戦闘のストレスが半端ないのは覚悟すべき。
ストーリーがおすすめできるだけにこの戦闘内容が本当に残念すぎです。

決してクリアできないことはないのでそこは大丈夫です。
ただただ本当に、本当につかれるだけ……。

ただそんな戦闘システムも


フリーダムウォーズより格段にマシ。


あれ以上にダメな狩りゲーはよほど悪意を持って作らないと出来ないと思う。


フリヲちゃん、あれからどうなったのかしら……。

プロパくんがツンデレだったことと
街の雰囲気がよかったのは覚えてる。

追伸

ゴッドイーターも追加パッチ的なのつくっているんじゃなかったでしたっけか。
取りあえずズボン系の衣服増やしてほしいのと
変な独創性あふれる新要素投入とかはやめてください……

あと乱戦も。
無理だろうな……。

何て言ったって、乱戦は日常に普通に存在するよくあることらしいから……。
スポンサーサイト
[ 2014/12/17 19:55 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/251-30df053e




ブログパーツ