スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

百合姫 3月号 感想

眼鉄だうー

今日の感想はこれ


コミック百合姫 2015年 05 月号 [雑誌]コミック百合姫 2015年 05 月号 [雑誌]
(2015/03/18)
不明

商品詳細を見る



画像はさ、あれだよ

毎度恒例のめんどうくさかったって奴さ

まあよく考えたら画像付きで感想やり始めたのって
画像付きで感想やっている人がうらやましかったからとかいう
全く意味不明な理由だから使命感に駆られて画像つけなくっていいじゃんって最近気づいた

私そもそも良く考えたら昔から画像なしで感想やってたわ。びっくりびっくり。


というわけで感想

私の感想はネタバレ配慮皆無なので読んでない人は気を付けてくださいね。
あと感想なのでところどころ詳しい説明が省略されてて意味不明なので
気になる人は買おう!

あ、あと私が気になった奴の感想しかやらないので
雑誌に載ってるやつ全部の感想ではありません。

あとクッソ長いです。



■プリンスプリンス(新連載) あおと響

世界観が全然わからん。

私2話目なのかと思って見直しちゃったよ。

・キャラが登場するたびに皆わざわざ名前を教えてくれる親切さ。

ついでに役職も教えてくれる。お前らいいやつな。
「なっ……お前は○○委員の○○!」みたいな感じで。超親切。なのに世界観が分からない。

ひたすら世界観が分からない。


さっと話をまとめると

何かよくわかんないけど女の子だけど王子サマな二人(ズボン着用で男装に近い外見)が
理事長の孫で快楽主義の生徒会長の一案で
相手の王子様の親衛隊長のエスコート対決を申し込む(朝の校門前と思われる。)
放課後エスコート対決開始、風紀委員の人は後々主人公に惚れるフラグバンバンに出してて
途中で工業化の男の娘が乱入してきたんだけど
実は決闘の理由が二学科の合併のための交流オリエンテーション
(おそらく主人公?のいる普通科と相手王子様の居る特進科だと思われる。
あれ? でも同じ学園の入り口に入っていってるみたいだけどあれ?)
どうやら校舎が違うらしいその二学科は工業科と合流しつつ合併して
主人公は相手の王子様と仲良くしたいなーって思ってて
後ろ姿を見つけて押し倒したら王子様ズラで
あれ? これって生徒会長じゃね、あれちがあれ?ってなってたら
ハイドアタックで生徒会長が「なにやってるの?」みたいな感じてみてきた。

というのが今回の話の全容です。


おそらく。


うん。

説明不足と説明過多すぎて話の内容が全く頭に入ってこない。

説明不足→世界観、学園などの描写。服装等

説明過多→一話目なのに登場キャラクターがあまりにも多いのでその説明がとにかく多い。
        
うん……。

エスコート対決は二話目に回した方がよかったかナ……。

明らかに詰め込み過ぎ。
結構キャラクターとか話は面白そうなだけにマジでそう思う。


一話目は学園の説明とかの導入に回すべきだったと思うわ……。

どういう学園で、制服はスカートとズボンが自由に選べるスタイルなどの描写
おそらく女子校なのでズボンの生徒はちょっと憧れられていて

その中でも主人公のカオルくんと詩音さんはファンクラブが出来るほど有名。
詩音さんは生徒会長と常に一緒にいるし、何か避けられてる

僕は詩音さんとも仲良くしたいんだけどナー

で、詩音さんはカオルくんを見てるけど
特にコメントも描写もなくそっと目をそらすとか描写入れつつ
カオルくんのことは知ってますよ的なアッピルしておいて

学園長的な人と怪しいお話(合併のための交流デモンストレーション)をする生徒会長が
詩音さんに駆け寄りつつなんか色々話して
あとは二人の関係(おそらく双子か何か何だろうと思う)を匂わせながら
カツラの秘密にちょっと触れて

このあたりでファンクラブの隊長さん登場させるなりなんなりする。
言い争いでもしてたらいいんじゃないだろうか。

で、「良い事想いついた」みたいな感じで生徒会長がその争いに乱入しつつ
話の都合という名目でカオルくんも近場に配置して

このエスコート対決が始まる→二話

くらいでまとめておいた方がよかったと思う。

だって
一話目にして登場キャラクター12人はどうかしてる

何割かキャラ紹介で持って行かれてる

ライトノベルだって主要キャラは五名に絞らないと訳わかんなくなるって言うくらいなのに。
正直ぽっと登場してその後あんまり出てこないキャラが数名いるじゃねーか。
この人数は多すぎ。多すぎる。

しかもこれ煽り文句がザ・HENTAI 学園ラブコメ?

学園とラブコメは分かったけど変態が分かんないぜ……!

ただちょっと面白そうなんだぜ……!


■目覚まし時計(二話) 大沢やよい

大沢先生は女子高生書いてた方が作風的にも絶対に良いだろうとか思ってたけど

前言撤回せざる得ない。

あれ? 私前の号感想してない
前言そもそもなかった

なのでこの連載をまとめがてら前回のあらすじ

前回までのあらすじ

香月菜々美さんは仕事も恋愛も家事もこなせるパーペキ女史☆
今日も羨望を集めながらバリバリOLする菜々美さんはルームシェアをしている。
その相手は若手漫画家として頑張っている藤村かえで。ゴロゴロしてるわけじゃないんだよ。
意識高い系人間が嫌いな実は九州系方言がネイティブな菜々美さんですけど
実は九州に彼氏がいる。
でも会社の人にはルームシェアの人と二股かけてると思われてる。こなせると称えられている。解せぬ。
なんやかんや日常のプチイラ☆が募ったころに
九州の彼氏に「お前レズなんやろ。別れんべ!」と一刀両断されてフラれる。
なお菜々美さんも浮気できるやもしれずという下心はあった模様。なんだ、会社の人の誤解正しいじゃないか!
普段はだらしないわさわさと思っている藤村さんに慰められつつ
まあ頑張っていくんべ、となったのがあらすじ


今回のまとめ:可愛い、可愛いよ意識た会

・ネームが通ったってはしゃぐ藤村さん可愛い。

私漫画描いたことないからわかんないけど
結局ネームって何なの? つまりどういうことなの?
プロットとは違うの?

・百合姫における元カレの股間の早さ

俺のマグナムは早打ちが出来るぜ! テクニックはともかく連射性には飛んでるぜ!
菜々美ちゃんの元彼もラインのアイコンが早々にカップル仕様になったよ
これは振る前から浮気してたな……!

・ネームが会議で落ちた件

よく分かんないんだけどなんで会議で落ちるの? 通ったんじゃないの?
私にはこのあたりの都合が分かりません。
クリエイター業で何やってるかわかんないところあるよね。

・菜々美ちゃんは体育会系だよね。

仕事が出来るから知的OLっぽいけど中身はかなり体育会系。
一回駄目だったからなんだ! 今まででずっといいところに来たんだろ?
って励ます菜々美ちゃんマジ漢


・殺伐とした世の中に颯爽と現れる団体『意識た会』

派遣のルー子さん(美人)に誘われて
自分の意識の高さを周りに見せびらかすことで自己満足する会合に参加することになった菜々美さん

可愛いwwwwwwwwwwwwww

意識た会可愛すぎるwwwwwwwwwwwwww

自分の意識の高さをアッピルした人たちですが
そんな彼らにすら注目されるレベルで菜々美さんは凄く有能みたいです。

意識た会は菜々美さんが大好き

毎回出てきてほしいレベル。可愛い。可愛いよ意識た会。
本筋とは関係ないところで菜々美さんファンクラブしてればいいと思うwwwwwwwww

この会合がのちに『週刊マンデー事件』と呼ばれる雑誌ショックを引き起こすのだった。

・藤村さん連載おめでとう!

・藤村さんBBA呼ばれたけど元気出して!

連載が決まった藤村さんですが、壁サーの姫とよばれる
セミプロ漫画家さんにBBA呼ばわりされたでござる

関係ないケド編集さん可愛い。意識た会と同列の可愛さ。

・菜々美さんは世話好き。

漫画の連載に向けて仕事を始めて手がかからなくなった藤村さん。
そんなことに消失感を覚えてコートを取りあえず撫で繰り回してみたり
会社の人から更なる誤解を受けたりする菜々美さん。

菜々美さんマジレジェンド。

・自分だって意識た会の人たちと同じなんじゃないか。

周りの評価ばっかり気にして生きている『た会』の人と
藤村さんは違うと思う半面で

藤村さんから見た自分も、実は『た会』の人と同じように
自分の良さを見せつけようとしているだけだったんじゃないかと思う菜々美さん。

そして藤村さんが離れていくことに強い寂しさを覚える菜々美さん

やったね、共依存に片足突っ込んでるよ!

面倒見ている側の方が依存しがちなのはよくあること。

私こういう世話するされるwin-winの関係のように見せかけて
そうすることで関係と自分を保とうとするカップリングを『黄薔薇タイプ』って呼んでます。

このタイプは世話する側の方がメンタル弱いのが特徴。

・久しぶりにお風呂入ると体調悪くなる系女性

仕事が終わって菜々美さんに甘える藤村さん
ようやく自分が戻ってきたとうっきうきで身体を洗ってあげる菜々美さん。
甘えられながらキュンってしちゃう菜々美さん。

菜々美さん典型的な共依存起こしやすいタイプ

しかし大沢先生の作品にしては比較的明るい感じで話が進行してますね
大沢先生の話はいつ鬱に落ちていくかと肝が冷えるじぇぇ!


■citrus(15話) サブロウタ

前回までのあらすじ

キャァァァァァサラチャンガコクッタァァァァァ!!

今回のまとめ

たぶん次かその次くらいで解決するな。

以上だ。何か質問は?

まあ簡単に言うと芽衣ちゃんがサラちゃんと付き合っちゃった☆って話です
今のところの人間関係として

お姉ちゃん→芽衣ちゃんが誰かと付き合ったのを知っている。(でもそれが誰かは知らない)

芽衣ちゃん→サラちゃんに告られたので付き合ってる。(サラとお姉ちゃんの詳しい関係は知らない)

サラちゃん→活火山に告ってOK貰えた。ウェア! (お姉ちゃんと芽衣ちゃんの関係は知らない)

ニナちゃん→全部知ってるねんで。ぶっちゃけ焚き付けたんやで。御ぜん立てもしたんやで。

今日からニナちゃんのあだ名は『ブラッキー』な。
いや違う、ブラッキーのあだ名がニナちゃんなんやな……。
ふえぇぇ……やっぱりこの姉妹は台風だったよ……。


・お姉ちゃん自棄お茶。

良い子はホテルのロビーで自棄お茶しないように。

・ニナちゃんの工作行動

ニナちゃんからサラが愛の告白を成功させたという話を聞くお姉ちゃん。
お姉ちゃんはサラちゃんが芽衣ちゃんに告ったとは知らないので
純粋におめでとう、親友の恋は応援すると答えるのでした。

ブラッキーはどうしたいんだぜ……?
君絶対サラちゃんのこと好きやん。何でこんなことするんだろうね。

・お風呂場でバッタリ☆

全裸バッタリって良く考えたらラッキースケベだよね。

生徒会は後から入るのであって一般生徒の入浴は云々云々。

全裸で説教おつかれさーっす。

さっさと入るからうるせーとお風呂に行くお姉ちゃん

・中ではサラちゃんがなんかのぼせ気味でまったりしてた。

サラちゃん可愛い。
全く何でこんな活火山なんか……と……。


………。


ん?


……?


今なんかおかしくなかったか?


――落ち着け、もう一回よく見るんだ……。

お姉ちゃんと芽衣ちゃん全裸バッタリ
→お姉ちゃん曰くうちの学校の入渠時間は終わっている
→生徒会だから後で入ることになっている
→おそらく学生の貸切時間外なので夜遅い
→脱衣所に他の人の描写がない
→風呂場にも誰かがいる形跡がない
→サラちゃんいるよ!

芽衣ちゃん、さん……?


え、ちょま、君たち何時から二人きりだt

いやいやいや
流石の芽衣ちゃんだって告って初日にそんな大胆な事芽衣ちゃんならやりかねない

出会って一日目の義理の姉にディープキス出来る人だもんね……。

芽衣ちゃんさん……っ!

まあぶっちゃけ裸の付き合い(健全)しただけだと思うけどね。
理由は後述

・真剣喋り場(風呂)

最近の若者はどこでも喋り場

お姉ちゃんは自分の恋が終わったことをサラちゃんに相談。
ふひぃ……らめぇ。
サラちゃんは弱腰お姉ちゃんに「気持ちは伝えなきゃ!」と恋の応援をしてくれます。
はうぅ……あうぅ……。

*お互い誰が好きなのか知りません。


・サラちゃん事態に気付くなう。

脱衣所でお姉ちゃんが忘れた生徒手帳を発見
偶然か否か。芽衣ちゃんとお姉ちゃんの苗字が同じと言うことにきづいてしまいます

関係ないケドサラちゃんが持ってる風呂敷みたいなのがクソ可愛い。

・お姉ちゃん、芽衣ちゃんの部屋に乱入す

桃木野ですわさんが先生になんかしゃんを提出しに行ったすきに乱入。
でも芽衣ちゃんからすぐ出てけって話を聞いてもらえない

関係ないけどクマー久しぶりに登場
わざわざ布かけてあるwwwお布団wwww

こういう小ネタあるから好きだわw

・桃木野さん提出するの早くね?

すげー勢いで戻ってきた。最近の生徒会は提出も早い

・ヒュー! 修学旅行お約束同衾イベント!

咄嗟に芽衣ちゃんがお姉ちゃんを布団の中に入れて場を誤魔化します。
ヒュー! 
意識し合う二人が一つのお布団ヒュー!

ただ一つ言わせて

普通に追い出せばよかったんじゃない?

なんで布団の中に入れて隠したのwww
普通に「今追い出す」みたいなこと言って追い出せばよかったんじゃねw
芽衣ちゃんナズェww

・芽衣ちゃんなんでボルテージ上がってるんだよww

姫子が寝入ったら出てけ!という芽衣ちゃん

まあその前にお姉ちゃんが芽衣ちゃんの匂いとか柔らかさとか諸々堪能してたんですが
取りあえず出てけという芽衣ちゃん

お姉ちゃんが芽衣ちゃんに話しかけようと顔を上げたら
なんかこの人テンションあがってる!!

・やめて! 姫子ちゃんが隣で寝てる!

そんな芽衣ちゃんにお姉ちゃんのボルテージも上昇
思わず襲い掛かる事態に

ちょwww

姫子ちゃんだって芽衣ちゃんのこと好きなんやで!!

前から思ってたけど芽衣ちゃん実は感じやすいタイプだよね

あとお姉ちゃんはやる気を出すタイミングがいっつもおかしいよね



s1.png


なんでぇ? ってところでテンションあがるよね
お姉ちゃんは人のいるところでするのがすき

そうか!  だからクリスマスの時はあかんかったんや!!

・桃木野さん寝付くのはやくね?
・お姉ちゃん、追い出される

・お姉ちゃんのやる気スイッチが分からない。

取りあえずこの一連のやり取りでお姉ちゃんは自身がついたらしい。
僕にはもう君のやる気スイッチが分からないよ!!
どういう経緯で自信がつくのかw

・はるみんは歴女の可能性。

次の日、サラちゃんとの待ち合わせに出かけた芽衣ちゃんを追いかけるお姉ちゃん

一方、はるみんは五分刻みで観光に出かけるのだった。
姫子ちゃんは犠牲になったのだ……。

あとはるみん、相変わらず携帯そこにしまうのね……。
どこにしまうのかは一巻を読んで確かめよう。

・クマ二度目

最近ご無沙汰だったもんね。

・ニナちゃん登場。

ついにお姉ちゃん、サラちゃんの恋人を知る。

ニナちゃんが壁ドンの亜種みたいなポージングで教えてくれる。
これ壁ドンより捕獲力高いよね。

・Q:そんなことってあるのかよ…… A:既出ですよ

こんな運命あるのかよ!と愕然とするお姉ちゃんですが
そもそもホテルがピッタンコカンカンだった時点で運命フルスロットルやで。

ニナは約束を守ってお姉の恋を応援してくれるよね?と芽衣ちゃんに頼みます。
ところでこの子どこでスタンバってたの? 絶妙なタイミングで飛び出してきたけど。

・「大事な人だから 全力じゃないとダサいじゃん」

これが据え膳に手をつけなかったお姉ちゃんの台詞である。
あああ、あの時はタイミングが悪かっただけだし……。

親友で大切な人が相手なのに何故恋を応援しないのか
どうしてそんな酷いことができるのかというニナちゃんに

お姉ちゃんはそう言って前へ進んでいくのでした。

前からずっと思ってたけど

お姉ちゃんわりと漢なところあるよね。

気合入ってるっていうか。
まあ襲われ大魔王だけど。

・所変わってサラちゃん

なんか展望台みたいなのがある場所に芽衣ちゃんと二人きり

お姉ちゃんの生徒手帳を握り締めています。曲がる。
ただ芽衣ちゃんもちょっとぼーっとしているところがあるようです。
デート中になんてことを……。

・サラちゃん芽衣ちゃんにキスを頼む

ここって、こうきょうのばしょなきがすゆ……。
めちゃ堂々と頼むな……。

サラちゃんが今心中に抱いているのが確信か疑惑か。
どちらにしてもサラちゃんもお姉ちゃんの恋を応援していて
でも自分の運命の人と付き合えたわけで

お姉ちゃんも色々心中渦巻いてそうです。

お願いだからサラちゃんを悲しませない方向で……!!!

サブロウタ先生……そこんとこ……! そこんとこ!!!!


■12分のエチュード(2話) 仲原椿

あらすじ

梅塚和奏(変換できない)は足が速かったから陸上部入ろうと思ったんだけど
なんやかんやあって吹奏楽部に入ってトランペットすることになったよ!
篠崎睦美(変換できる)はトランペット奏者の姉を持つ凄くトランペットの上手い人なんだけど
コミュニケーション能力が壊滅的だよ。
初っ端から煽っていくスタイルで上級生に喧嘩売ったらビンタされたんだけど、
梅塚さんが身代わりでビンタされたよ。
そしたら関係ねーって言われた。

以上だ。

これ割と好きで面白いので感想やるよ。
ああ、感想が長くなる……。

・吹奏楽部の音は一人じゃならない。

上手い人がトップを吹くべきという主張に対する返答。
睦美ちゃんはその言葉の意味が分からないらしい。

全然関係ないケド、トランペットとラッパって何が違うの?
私、あの手の楽器全部ラッパって呼ぶんだけど。

・副部長優しいよ副部長。

音楽ドシロートな梅柄さんに教えてくれる副部長めちゃ優しい
なお副部長さんは千倉琴音さん。

梅柄さんはなんかおしゃぶりみたいなのをずっと吹いているんだけど
なんかラッパの音が全然でないらしい。

・この先輩後輩のやり取りがくっそ悶える。

ラッパの指導はよく分かんなかったけど
優しく笑顔で教えてくれる先輩に萌えすぎてやばい。

・これ間接チッスじゃんって思った私は穢れてる。

こんな感じで吹くんやで、って教えてくれる千倉副部長。
それを見て真っ先にこう思った私は駄目だ。君たちは清く正しく育ちなさい。

・音が出た━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

コツを掴んだようでついにラッパの音が出る梅塚さん。間接チッスの力や!!

嬉しすぎて周りに報告しに行く梅塚さんマジ後輩。
こんな嬉しそうにできたこと報告に来られたら思わずかわいがるわ。

・むっちゃんにも報告しに行ったらウザがられた。

まあ上手い人がトップやるべきとかいう人だもんな……。

・梅塚さんもラッパって言ってて親近感。

やっぱラッパだよな。
ラッパパ

・むっちゃんの音が好きなんだ!って背後から抱き着く梅塚さん。

うりうりとお願いする梅塚さん可愛い。
この素直で真っ直ぐな行動力をどうか某お姉ちゃんにも分けたげて。

この後むっちゃんと完全にバトってる先輩、市川さんが登場。
梅塚さんを呼びに来てくれます。むっちゃんは呼んでない。

・吹奏楽部の音半端ないっす

中学時代、吹奏楽部の演奏会が楽しみだったなぁ。

プロに比べたらお話にならなかったかもしれないですけど
でも確かに吹奏楽は上手い下手ではない音が確かにあるように思います。

・副部長いい人副部長

個人的に副部長と仲良くなってほしいケド
このまま先輩後輩のままでもいてほしくはある。
副部長いい人や……。

あ、五月に演奏会あるんだって。
ラッパは確かに間違えたら酷いことになりそうだ。

・良い子は靴に画びょう、駄目絶対

むっちゃんが古典的ないじめを受けるところで終わり。

個人的に実は凄い楽しみにしている作品だったりする。
正直期待せずに呼んだんだけどこれが面白いんだな。
是非読んでみてほしいです。まだ二話目だし。


■犬神さんと猫山さん(37、38話) くずしろ

二話掲載なんですけど、一話と一話の間に間が開いています。
まあそれはいい。

上級生編と犬猫さん編みたいな感じで最近分けれているんですが
キャラ紹介とあらすじが犬猫さんなのに

隣のページは上級生編の話が始まって
キャラ紹介のキャラが一人も登場しない珍事態。

逆にすれば良かったのにww 掲載順位ww
キャラ紹介のキャラ登場しないうえにあらすじとかみ合ってないってどうなのwwww

上級生編

虎辰の先輩がマジでいい奴らすぎ

性に奔放な種馬と純情一直線な猪の恋模様にさりげなくフォローしてくれる。

ていうか猪里ちゃん純情可愛すぎるだろ
そしてなによりチョロインです。

でも種馬さんだってチョロインのこと実はガチ本気で好きになってるやでって話。


・犬猫編

全話のフラグは凄くどうでもいい内容だった。

それより猫山さんが見たのが夢か現実かのほうが、問題――!

詳しくは買って読んでね。


■捏造トラップ(3話目) コダマナオコ

これは男女のカップリングが今のところメインで進んでる話だね
コダマ先生ほんっとビッチ描くの上手いね。
しゅにんた先生とは違うベクトルのビッチ。

捏造トラップのあらすじ

武田くん。

今回のまとめ

武田きゅん……っ!(´;ω;)


この漫画は何故か応援したくなる男・武田くんの今後を嘆きながら見るマンガ。


簡単な人間関係を描くと

真由(主人公)と武田きゅん(純情真っ直ぐボーイ)が付き合ってて

蛍(ビッチ枠)と藤原(ヤリ●ン枠)が付き合ってる。

蛍は色んな彼氏をとっかえひっかえしてて同性からクッソ嫌われてるんだけど
由真とは親友らしい。よく分からないね。

武田くんは由真ちゃんとの関係を気遣って
童貞卒業をせっせと計画するけど何だかんだご破算してくれてる


一方由真ちゃんは全力で蛍に襲われていた。


た、た、武田きゅーーーーーーーーーーーーん!!!


武田くんの童貞卒業への道はどっちだ……。

なお今回もそんな感じのお話です。

ただし今回はマジで襲われてます。たたたっ武田きゅーーーーーーーーーーん!!

武田きゅんが闇落ちしない事を心から願ってる。


■少女失格(2話) 河合朗

まとめ:バトルロワイヤル

恋愛物でバトルロワイヤルは向いてないよ……。

二次創作でやるならいいんだけどさ。
悪魔のリドルもそうだけど、掘り下げられる=退場だから萌えの広がりが狭いんだよね……。
あとこの話はバトルロワイヤル2と同じく連動式なので、片方が死んだらもれなく片方も死ぬよ。

なのでサクサク人数が減っていきます。

これによって好きな人を庇って死んで生かすネタが完全にダメに。

今回それをやった子がいるんですけど
殺してきた相手に「無駄死」って凄く真っ当な突っ込みを受けてる。

あとこれは隔月の宿命なのですが
一話で何とか話を進めようとするので人間関係がさぱらん。

河合先生はネタはいいのに毎回料理の仕方間違ってる気がする。

今回に限ってはネタのチョイスも間違ってる気がする。

隔月でやらん方がいいと思う。

まだ二話目ですけどサクサク死んでる。みんな躊躇いなさすぎぃ!

色々穴はありますけど
主人公ペアがどんな風に百合百合するのかは個人的に気になるので
毎回たぶん何だかんだよむと思う。

あ、今回の感想はチェーンソー半端ない。


■桃乃先生短編

まとめ

私の好きな人がクズです。

私はクズです。


以上。

割と嫌いじゃないんだけど
片方が本当にくじゅすぎるwww

なんていうか、精神的Sに目覚めちゃったのかな。
ただあんまりや過ぎると取り返しつかなくなったりするし
事件の原因にもなるからほどほどにね。

壊すのは簡単だけど、戻すのは難しいんだよ。


■百合男子 倉田嘘

今月号を読んで分かったんだけど

啓介くんが出てこない時の百合男子は比較的マシ。

話の流れとしては酷すぎるの一言なんだけど
それでも啓介君が登場しない話数に関してはまだ読めたり面白かったりすることが多い。

啓介くんは

無関係の一般女性たちを自分の性欲の赴くままにストーキングし妄想のオカズにしたり
自分とは全く関係ない人間関係に自分の欲望通りじゃないからという理由で介入したり
自分と考え方が違うだけで、子供もいる家庭を全否定したり
器物破損は当たり前、他人の迷惑なんて自分の満足のためなら二の次

とまあ

百合ヲタ以前に人間としてクズと言わざる得ない。

しかもそれが百合ヲタとして正しい姿です!って信じてるから害悪の極み。
クズだけならいいんだけど結果的に周りに凄い迷惑かけてる。

とまあ読者から見たら間違っている人間なのに


全キャラクターから基本的に意味もなく賛美されている。


もしかして:メアリー・スー


だから啓介君が出てくると問答無用でクソむかつくんですが


出てこないと割と普通に読める。


今回もぶっちゃけると百合姫でやる必要性皆無の男女の恋愛なんですけど

でもヲタクの男が同じ趣味の女性に心惹かれているっていうのは
普通に良くある話で。

また今回のメインキャラの武蔵野くんは今回は割とまともな思考回路と行動なので
読んでてそんなにストレスないと思います
武蔵野くんは結構好きなキャラです。

ただ業務中にお客をデートに誘うとかは接客員失格ですが

就業規則違反とかで下手したらクビだぜ、普通にナンパ行為だぜ。
そうじゃなくっても、そんなこと就業中にやるべきことじゃないぜ。

あと百合ヲタとかじゃなくオタクとしてのモラルとして


公共の場で萌え話を大声でやるのはNG。


そういうことへ嫌悪感を持つ人だっているのです
本当に自分たちを受け入れてほしいのなら、自分たちだって周りに配慮すべきです。

こういうモラル欠如な行為を堂々とやっちゃうのが百合男子のダメなところ。
啓介くんはその筆頭。

百合男子とは!みたいな悩みがやりたいのなら
私は作中にモラルに関する話を盛り込むべきだと心から思うのですが

百合男子はそれをやると結論があさっての方向に行っちゃうから困りもの

まあ言いたいことありますけど、今回の話はまだ読める。

お父さんとお母さんは重圧教育しすぎちゃったね……。
別にH大入っても百合ヲタできますよ?

むしろ経済的な力を得てより百合ヲタできたんじゃ……。

しかし武蔵野くんってこんなイケメンだったっけ?
初登場時もっと幼かった印象なんだけど。

あ、ちなみに

前話は面白かった。

妹はちゃんと貢献しているのに兄貴ときたら……!
妹ちゃんは一話でエロ本読んでたってことは覚えてる。兄貴ときたら……!

良く考えたら未成年が買ったらだめじゃん。兄貴ときたら……!

前の話は個人的に面白くてすっごいビックリした。
妹クソかわ。

倉田先生普通に百合の話かけるんだからいい加減戻ってきてよ。

第二部に入ってから割とマシな話増えた気がする。
ボロクソ叩いておいてあれですけど。


感想としてはこんな感じかな。
今回凄い感想やったな……

え?
ってことは次回もこの長さなの?


追伸

雑誌一冊分ちかい感想は骨が折れるね、初めて気づいてしまった。

あ、ゆるゆり三期だってよ!

ゆるゆりのギャグ漫画としてのポテンシャルはもっと評価されてもいいと思う。
ただ百合妄想ネタとして最近弱いからもうちょっと頑張って。

ただ本当にギャグ漫画としてのポテンシャルが高い。
笑わなかった時がない。

あ、あと今回も面白かったです。

最近のゆるゆりの主人公は結衣ちゃんだよね。


追伸の追伸

あ、ゆるゆりのODAまだ見てないや。
みねば。見なければ。

スポンサーサイト
[ 2015/03/25 20:00 ] 百合作品感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/280-48c95f0d




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。