FLOWERS 夏編 攻略と簡単な感想

眼鉄です

お、


おわったああああああああああああああ!!!

FLOWERS -Le volume sur ete-(夏篇) 初回限定版





うん、うん


クリアエンディング5に気付くのにクソ時間かかった。


いやあ!


キャストボイスが腹抱えるほど笑えたw


とあるキャストクレジットで

「まさかこんなルートがあるなんて!」って言っていましたが

へとへとになってクリアした私から言わせると

私もまさかこのルートがあるなんて。

心から言わせてほしいわ。


あ、ちなみにこれはシリーズ物です

春編感想はこちら



うん、うん。

じゃあ見えるところでネタバレは見たくないけどこの作品の評価がみたい!という人向けの感想


春編との違い

・視点が蘇芳さんからえりか様へ

flowersは視点主人公が入れ替わる形式なのでこれは仕方がない

蘇芳さん目立たないって思うやん?

大丈夫

蘇芳さんはマジ蘇芳さんだったから。

痺れるわ……!


・えりか様と蘇芳さんの違い

蘇芳さんは「真実を明らかにする」ことを目的としていますが
えりか様は「取りあえず場を収める」ことを最優先としています

そのために何が起こるかというと

ごまかし用推理真実用推理の二つのパートが存在する場合がある

これが分からないと一番最初の推理パートで意味不明になる

ただ真実追及をないがしろにしているのではなく

蘇芳さんよりコミュ力が上なのでこんなことに。

気を使われることの多い彼女ですが、おそらく気を使うことも多いんだと思います。
それに疲れちゃったから、こんな喋り方になっちゃったんでしょうね。
無為に真実を明らかにするのではなく、皆が丸く収まる手段を模索する。
本人は「真実なんてどうでもいい」「白羽とは違う」と卑下していますが
単純に優しい人なんだと思います。

えりか様が役としての探偵ではなく
八重垣えりかとして真実を追及するシーンは必見。
蘇芳さんとは違う格好よさがある。


またこのゲームはこういう「百合バロメーター」がありまして
無題

上の丸の部分が青く光る選択肢がプラス

今回は「マイナスの選択肢がない」ということなので
オレンジ色に光る選択肢は変化のない選択肢です
【悲報】立花さん公式マイナス扱い

このゲームは推理パートを間違えなければ何かしらのエンディングに到達します
各推理パートに一つのBADENDが存在するので
クイックセーブしつつ間違えるのおすすめ。


ただこれに頼りすぎるとエンディング5に到達できなくなる……。

詳しくは折々の後で。


良かったところ

・コンフィグが大幅強化

文章を飛ばしての台詞送りのon offとか、一個前の選択肢に戻るとか
そういうのが追加されてました。使いやすい。

・CGの秀麗さは相変わらず

少女小説の世界観を崩さない絵柄は安定しています。

そして今回、飯テロ頻発

食事シーンがかなり多いうえに
えりか様がびっくりするぐらい説明してくれる。飯テロなう。

・推理パートが凄く簡単になった。

これは、これはもう。

これはもう大進歩と言っていいと思う。
前作やった人なら分かるけど、前作の推理パートは酷すぎた。

今回は作品中にヒントがあるのでまだ分かりやすい上に
選択肢が大幅に削減されていて総当たりもらくてぃん

最初の壱問目が無駄に面倒なだけで!

壱問目が安定のむずかしさ。
でも春編ほどじゃないです。

春編は特殊な知識がないと分からない問題があった。

それに比べてたら大進歩。本当にそう思う。
ただ相変わらず後出し推理というか、そういう部分があるのですが
まあ細かいこと。

・文章が極めてフランクになった。

一人称の特性を最大限に利用していると思います
えりか様視点なので全体的に思いつめず、コミカルな部分も

また蘇芳さんって本当にコミュ障だったんだなってつくづく思う。
春より人間関係マシになったとはいえ、人間に対する印象ががらりと変わる。特に委員長

・作品引用文章ネタが控えめにかつ、印象深くなった。

前回は「??」とか「だからなに? 作者の知識自慢?」ってくらい
辟易するほど出てきたこの印象文章

今回は映画などの台詞が多い上に
視点がえりか様なので皮肉やたとえ話としてとても活躍しています
やったらその引用文章に突っ込んでこないし。

まさか「サウスパーク」なんて単語がこの作品から飛び出すとは。

・序盤からニヤニヤが止まらない。

前作の続きからということで
ニヤニヤ環境やらシリアス環境が整っているせいか非常に楽しい。

・金額の割にボリュームがある。

これは前作も言いましたケド、値段の割に頑張ってると思う。本当に。

悪いところ

・トゥルーエンドを見るには最初からやり直しが必須。

一度エンディングを見ないと発生しない選択肢が存在するからです。
これちょっと面倒くさかったな。
ほぼ同じ展開をその選択肢のためにやり直すのはなかなか面倒。

・エンディング5の分かりづらさ

簡単に言うと夏編にも立花さん枠があるということです。

それは分かってた。
分かってたけど、わかってたんだけど。

「好きな人のために、何かしてあげたいと思ったことはありますか――」

今回はえりか様と新キャラ千鳥ちゃんがくっ付く話なんだけど

このキャッチコピーに合ってないと思う

なんでっていうと
千鳥ちゃんのために何かしてあげた印象より

蘇芳さんのために頑張ってた印象が強すぎる。

これで攻略できないしくっ付かないんだから不思議だよなーってレベル。

だって序盤のえりか様、超絶に蘇芳さんのこと気にしているし。

・イベントシーンのスキップがし辛い

これは春編にも思ったのですが
このADVは特殊なテキスト表示をする場面が多々あります。
ムービーシーンとも違う、なんていうのかな。とにかく特殊、としか
そしてその特殊なシーンに突入するとスキップ等が一切できなくなる。

そのシーンに入る前にスキップや早送りしておけば問題ないんですけどね。
突入してからのコンフィグ表示無くすのはなぁ
せめて右クリックコンフィグありにしてほしかった。

今回は特にそう悪い部分目立ってなかったね。
流石えりか様、流石だぜ。


それでは適当に感想を置いておきます折り折り


感想、考察は別日記にてこちらから


先に攻略を書いておきます

■BADEND5種類について

各推理パート、繰り返す各推理パートに壱個ずつのBADENDです。
一つの話にではないので注意。

基本的に間違えれば見れるのでQS推薦。

恋人エンド、親友エンド

基本的に蒼くなる選択肢を選び続けてください。
この色がカンストすると百合の花が咲きますので、そうなれば恋人エンドに自動的に向かいますが

最終分岐直前「髪を結う/結わない」の選択肢があります

結うとスチルありのイベントで恋人エンド
結わなかった場合が親友エンドになります

親友エンドは恋人エンドの派生なのでセーブ推薦


離別エンド

百合の花が開花しなかった場合は強制的にこのエンド
春編の真エンド的な感じの終わりに

全部オレンジ色に光る選択肢でもいいし
中途半端に選び続けてもこれになるよ


トゥルーエンド

二週目から見ることが出来る
BADエンドではなく何かしらのエンディングである必要がある。

スキップで飛ばしまくると一周目では発生しなかった選択肢が発生

歌をとにかく聞いてください

寝るな、無視するな、思い耽るな。
あとは恋人ルートと基本的に一緒です。
恋人ルートのエンドロール後にプラスでストーリーが追加されます。



ダリアエンド

私を苦しませた。
蘇芳さんじゃなくってお前か!!ってなる。

このエンドに突入するコツは

千鳥ちゃんの好感度が上がりそうな選択肢はオレンジ色に光る物を選ぶ

おそらくこのゲームでマイナスの分岐がない理由はこのエンドのせい。

すると五話のホレ婆さん終了時に

アミティエが好きか、ダリア先生が好きかの選択肢が発生します。

私はやってないので分からないのですが
おそらく調整をきちんとしてアミティエが好きを選択して青寄りの選択肢をずっと選べば
恋人ルートにもいけるんじゃないだろうか?



推理パートについて

選択肢をざっと書くだけ。
一字一句は移していないのでごめんね。


人が起こした事故、千鳥ちゃん、この中にはいない。
兎が風邪をひいていた、千鳥ちゃん

善意からの事故、台本を置いた場所の相性

肝試しに訪れていた生徒、来ている服が碧色に見えた、
何者かが徘徊していた、蘇芳さん




そしてなんと


全エンディングを見ると蘇芳さん視点が読める!


夏編は学園の謎というものへの探求が本編中にないのですが
蘇芳さんがやっていてくれた。流石蘇芳さん

そのため一応、学園の謎にも触れていますよ。
ぜひ読んでみてくださいね。


それでは攻略はこれくらいに

まあ、攻略ってほど一生懸命やってないんだけどね。
スポンサーサイト
[ 2015/04/18 22:32 ] FLOWERS | TB(0) | CM(4)

前回と同じノリかと思ってダリアと親友ルートで苦戦してました。
攻略参考になります。
[ 2015/04/19 01:44 ] [ 編集 ]

>>K様へ

眼鉄です

正直蘇芳さんかと思って蘇芳さんよりの選択肢にしてたから私も悩みました。
だってパッケージ蘇芳さんじゃんよっていう。
参考になったようで幸いです。
[ 2015/04/20 19:53 ] [ 編集 ]

ダリアさんルートの最後の選択肢を、逆に入れると、髪結っても友達以上恋人未満ルートでしたよ。
[ 2015/05/05 23:24 ] [ 編集 ]

>>槇様へ

眼鉄です
髪結ったのに(´・ω・`) 
情報ありがとうございます。やっぱ駄目だったんですね。
なんでや! 髪結ったのになんで帰っちゃうんや!
そういえば自らの意志で堂々と学園を出ていく描写があるのって、あのエンディングだけですね。
[ 2015/05/06 02:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/290-46d426ae




ブログパーツ