スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FLOWERS 夏編  感想と考察

眼鉄です

これの感想と考察をやります


FLOWERS -Le volume sur ete-(夏篇) 初回限定版

春編感想、考察、攻略はこちら
夏編の攻略はこちら


じゃあさくっさくやっていくよー

重大なネタバレがあるので折り折りします

あ、あと半端無くながいのは愛だと思ってくだしあ。

簡単なキャラ感想

■八重垣えりか

ツンデレに磨きをかけてきやがった

ニヒリストで皮肉屋だけど面倒見のいいえりか様は
春編でも蘇芳さんのナイスサポーターでした

今回はサポーターだったえりか様の内面が見えるんだけど

蘇芳さんのこと大好きすぎだろこの人。

「こんなことする奴だなんてあいつに思われたくない」とか
愁いを帯びた蘇芳さんに見惚れたりとか
思わず抱きしめそうになったりとか
らしくもないのに頻繁に慰めに言ったりとか
蘇芳さんのために台本探し回ったりとか
蘇芳さんの心になって朗読するとか
こいつにこんなこと言いたくなかった、とか。
蘇芳さんに傷つけたマユリさんへのちょっとした敵意みたいなものとか

挙句が「此奴のために何かしてやりたいと思った」だからね。
作品のキャッチコピーですやん……。

正直千鳥ちゃんへの恋慕より蘇芳さんへの気遣いの描写の方が多い不思議

恋慕なの?ってレベル。
これで片思いじゃないなんて……。

絶対好きやんけ……。
分かってる。分かっているよ、私のいいなって思ったカプは大体公式にならないってな……。

あと今作でむっつりベースケってことが発覚しました
匂いに関する描写がやたら多いうえに肢体に関する描写も多々。
思春期だからね、仕方がないね……。

千鳥さんと似ているからこそ違う部分を気にしつつも
彼女の思いを受け入れていく様はマジイケメン。

ただ蘇芳さんを思いやる描写が(ry

仕方がないね。物語の仕様上しょうがないね。

■考崎千鳥

ビジュアルが居なくなったマユリさんによく似ている少女。編入生

性格は『citrus』の芽衣ちゃんタイプ。

感情の出し方が苦手で他人への言い回しがきつくなる人。あと自分の中の正義に対して頑固。
ただ成績は中の下。
また話の序盤、中盤で徐々に発覚するのですがアリス症候群という視界の障害を持っている

そして例に漏れず、彼女もご家庭の事情がある模様。

ここの学園の編入条件って家庭に事情がある人なの?

感情を潰してしまった理由は、過去に慕ってくれていた後輩を
意図せずして怪我する状況へ追い込んでしまったという自責の念。
後輩と何故かかさなるえりか様が、自分を心配してくれたり一緒に居てくれたりうちに
びっくりするぐらい好きになっちゃった模様。
うん

なにこの可愛い生き物

千鳥ちゃんって人間が分かってくるとただの可愛いアホな子ってなる

なにこの可愛い生き物。
また彼女もツンデレ。しかも正統派のツンデレ。

デレ期突入の彼女はヤバイ。


■ダリア先生

ダリア先生最強伝説。

つぇー……。
蘇芳さんにはトラウマだった継母
えりか様には次女に似ていると評判のダリア先生

今回はえりか様の介助役だけでなく、探偵助手としても大活躍

あ、あと今回の立花さん枠です。


■白羽蘇芳

前作でレイニー止めという百合界の禁則事項をやった我らが主要キャラ

才色兼備、頭脳明晰で美人だけれどコミュ障ヘタレの思春期むっつり。

しかし芸能で活躍もしていた千鳥さん曰く『滅多に見ない美人』
えりか様をして『(自分は)あいつほどの探偵じゃない』

とまあまあ、思っている以上にハイスペックなうえに
周りから好かれている模様。

また天然たらしでジゴロで女口説きの天才でもあるらしい。
あのえりか様を何回ドキドキさせたんだお前。
千鳥ちゃんにも口説きにかかるという。

蘇芳さん! あなたどこに向かって走ってるの!

おそらくこの作品がイノグレ臭を放つようになるとしたら
蘇芳さんの人間関係のせいだと思う。刺されるよ蘇芳さん!

序盤は消え入りそうな美しさを放つものの
えりか様のおかげでマユリ失踪の真実と学園の謎を追う決意をすることに。
またコミュ障も多少良くなってきているようで、千鳥ちゃんに積極的に話しかけられるようになった。

ちなみに全エンドを見ると読める蘇芳さん視点シナリオは素敵です。

蘇芳さんは蘇芳さんだった

■匂坂マユリ

存在感のある空気

登場すらせず喋りもしないのに定期的に存在感を放つ。
前回初デートの日に失踪というトラウマ級のブッチをやらかした。

あるシナリオでは彼女が残したメッセージが発見される。

彼女のことは春編を。
ちなみに堂々と焼きもちが焼ける系女子です。

ある意味この子がいなくなったことで
この物語は始まったのかもしれない。
そんな存在感のある空気。

私マユリさんの声好きだわー

■花菱立花

成績優秀で面倒見の良い、絵にかいたようないい人。
しかしかなり短い導火線の爆弾でもあり
蘇芳さんのことになるとすぐに着火→爆発する模様

未だに蘇芳さんのことは好き。

女子らしさをいい意味でも悪い意味でも持っている。
だ、誰かとくっ付けるといいね……(震え声)

■沙沙貴苺、林檎

前回はトラブルメーカーだった二人ですが
成長したこととえりか様視点ということもあってか純粋なコミカル担当です。

この二人に百合は果たして有り得るのか……。
その場合姉妹百合になるのか……。

■八代譲葉

僕っ子で銀髪のクォーターさん生徒会長。
今回は彼女の着眼点の鋭さと推理力が少し披露されます。カッケ―

何故か人の生理周期が気になる模様。

やったら生理? 生理なの?って訊いてくる。ライフワークなの?

ちなみに中の人は千鳥ちゃんともっと絡みたかったらしい。

とあるスチルがくっそカッコいいけどなんか切ない。

■小御門ネリネ

小御門先輩、地雷踏み抜くの止めたんだってよ。

前回定期的に地雷を踏み抜いていた彼女ですが
今回は出番も少ない代わりに比較的穏やかな立ち回りでした

こうしてみると、やはり蘇芳さんが過敏すぎるだけなのかも。

あ、あと二年生だったんだね。今更気づいた。


今回の感想としては

ヤキモチ妬く千鳥ちゃんがクッソ可愛い生き物

初めは冷たい千鳥ちゃんが
徐々に丸くなっていってクラスに馴染んでいくのも可愛いんですけど

デレ期の千鳥ちゃんの本気っぷり。

感情不器用だからえりか様に懐いてく下りがヤバイ。

承認欲求も強いみたいでえりか様が他の子を褒めると超ヤキモチ

ただ蘇芳さんにヤキモチは妬かない不思議。

ただしダリア先生には妬く。

また今回はレイニー止めはないですよ

一応悲恋みたいなエンディングの方が多いんだけど
ハッピーエンドで片割れが退場するなんて外道展開はないです。

でも強いて言うなら、くっ付いてからがちょっと短すぎかな。

あと明確に口に出して好きだと告白するシーンがない。

全体的なインパクトとしては春編に負けてる。
エンディングにしても本編にしても

まあ春編は

・第一次三角関係
・弱みを握られて無理やりカップル
・第二次三角関係
・アミティエ同士の確執
・ヤンデレ一歩手前な人とのタイマン勝負
・第三次三角関係
・スタンド継母事件
・初デートの日に片割れ退場のレイニー止め


とまあ、インパクト凄すぎだね。

あと夜の図書館で密会したりとか。
イチャイチャシーンも長かったしね。

ただギスギスしないしひたすらヤキモチ妬く千鳥ちゃんが楽しめるという意味で
夏編はニヤニヤゲーです。

鬱さがないのはえりか様のおかげだね。

ただ相手がえりかに固執する描写は多いのですが
えりか様から千鳥ちゃんへの固執や恋慕が少なかったのが難点だと思う。

何度も言うけど、蘇芳さんへの思いの方がほんっとに多い。

またパッケージには蘇芳さんが入ってるから
今回の立花さん枠は蘇芳さんだと本気で思ってた。

まさかのダリア先生である。
ただダリア先生エンドも好きなんやで。

蘇芳さんは愛や恋では表せない別枠なのかもしれませんね。
ばれたら千鳥ちゃんクッソヤキモチ妬くと思う。

だってあの子、好きってこと隠そうとしねーもんよ!!!

千鳥ちゃんは自分というものを押し殺し過ぎて
何が好きで何が嫌いかも分からなくなっちゃっている子で
感動したりすると「自分ノート」に好きなものをメモするようにしています

そこに堂々とえりか様の何が好きか書きこんでるからね。
しかもそれを誰でも読めるところにほったらかしだからね。
やだーーーーーーーーーーーーー!!!

物凄い素直で不器用ないい子。

ツン期でプレイヤーのことをボッコスコのタコ殴りにして

デレ期で完全に殺しに来てる。

やだ……こわい……。

あとやはり視点の力は強い。
物事をわりとありのままに見て冷静に判断するえりか様してんだと
プレイヤーも安心して続けることが出来ます
前回はいつ鬱るかとひやっひやして予想以上の鬱だったからね……。

ただそれが上記でもあるインパクト不足を招いているんだとは思いますが。

二人の関係の波乱も千鳥ちゃんが一方的に怒って
えりか様が受け入れてくれるってパターン多かったしね。

えりか様の逆鱗に触れてあわあわする二人も見たかった。

ヤキモチえりか様なかった、無念……っ!!!


それでは考察。
まあわざわざここまで見てくださった方にネタバレもクソもないと思うので
がっつり書いて行こうと思います。上記での伏字は何だったのか。

今までの伏線

・やったらめったら人を誘拐してくる学園七不思議
・真実の女神の謎
・何故今年から三人組なのか
・マユリさんが聖女に異例の抜擢をされた理由
・マユリさんが突然消えた理由

今回新しく判明したことと判明しなかったことと伏線

・七不思議続報「碧身のフックマン」
・最後のフックマン
・マユリの残した絵と言葉
・庇われている者、庇っている人、攫われた奴ら
・学園に居る真実の女神


大々的にはこんな感じ。


人をやたら誘拐することに定評のあるこの学園の七不思議
前回までは四つしか判明してなかったのですが、今回新種が登場しました
それがこれ、フックマン。鈎爪男さん。
とはいっても昔からある奴だったらしいよ。七不思議ってリストラされることあるんだ……。

この七不思議は碧の服着たフックマンが学園を徘徊している、というもの。

以上だ。

ここで違和感を覚えるのが
この学校の七不思議というやつは基本的に誘拐してくるってこと
やだー。

それに対してこの七不思議は見るだけ、というリスキーさに欠ける代物です。
元ネタのフックマンはわりと猟奇的なのに……。
しかも消えるのフックマンだしね。まさかの怪異が攫われたでござる。

さらにこの七不思議自体が珍しいもので最近は発見すらされてなかったらしい。

事件のあらましは

碧身のフックマンを目撃するものが頻発
上級生までも肝試しに出る騒ぎになるほどだった。
そんなおり、ダリア先生がフックマンと遭遇して悲鳴を上げたところを
調査中だったえりか様が発見する、というもの。

この事件は実は
マユリさん失踪の真実を知るため、彼女の痕跡を探していた蘇芳さん(防虫対策)を
生徒会面々が目撃してしまう
さらに肝試し名目で訪れた上級生たちをまた上級生が誤認しておこった事件なのですが

この事件には謎が残ります

それはダリア先生が倒れた時のフックマンのことです。
ことの始まりが「この件については自分は何も関係ない」と宣告

ここでえりか様のダリア先生への追及で判明したこと

それは、温厚で騒ぎも嘘も佳しとしないダリア先生が
下手したら大事になるかもしれないリスクを呑んででも
庇わなければいけない人間の存在


そしてえりか様はこれに対して「人の倫理から外れているんだろう」

そしてエキストラエピソードで分かったことは

この碧身のフックマンに隠れているものこそが
七不思議失踪事件の犯人なのではないか、という推論です。


蘇芳さんが言うんだからきっとそうだよ。

そしてエキストラエピソードでスポットライトが当たったのが
俺たちの譲葉先輩。

エキストラエピソードは蘇芳さん視点のストーリーなのですが

冒頭部分から割と怒り気味の蘇芳さん。
マユリさんがらみのことだからなんかね。

蘇芳さんは『この学園の真実に気付いている者がいること』に気付きます。

その人は壱年前、三年生が一斉に止めた時
疑問に思って事件を調べた時に気付いたのだろうと推論

そしてそのうえで何の行動も起こさなかったことに対して

「そんなことをすると、彼女の大切に思っている人が損なわれる」ため
何もすることが出来なかったのではないか
それでも何もしなかったことへの猜疑心も

『損なわれる』という表現も気になりますけれど、やたら言い回しに拘る作品なので今は保留
ただしマユリさんにも同じ表現をしているので
おそらく最低でも「学園から居なくなる可能性がある」ということの暗喩だと思います。

さらに繰り出される仮定『譲葉先輩煉瓦事件は本当に事故だったのか?』

これを事故と断定したのは蘇芳さんですけれど
あれは大前提にマユリさんの潔白を証明する真実が最優先であり
細々と残った疑問に対しては完全スルーされてました

それは

・譲葉先輩はなぜそんな時間に一人で温室に居たのか
・そもそも何をしていて煉瓦に頭を打ち付けたのか

この二つ。
温室に一人でいたといえるのは、もし誰かいたら事件になってないからです。
他にも人がいて作業自体を一人でしていたとしても
譲葉先輩に気付かないって可能性は低いです。なんせこの人だし。

なのでおそらく
温室には最低でもこの事件が事件ではないと証言できる人間はいなかったと考えるべき

そう考えていくと更なる疑問が、譲葉先輩は何をしていたのだろうということ。
園芸部でもない先輩が無断で木々を整えるなんてことはしないでしょう。
罰などを受ける人ではないですが、仮にそうだとしたら教員の誰かが知っているはず。

まあ彼女の場合気まぐれで何かしそうな気はするんですがw

ですが誰かに襲われた可能性も低いような気がします。
もし襲われたのだとしたら、犯人がいるかもしれないような場所に
鞄を取らせに向かわせるなんてしないから。


だとすると事故じゃないと仮定すると

・人の故意による事件
・自作自演によるもの
・超自然的な事件


この三パターンくらいかなって思うんです。
後頭部だから自作自演は難しそうなんだけど。
まあ『ただの事故ではないだけ』って意味なら無限大ですが

譲葉先輩はダリア先生に事の顛末を訊いたと言うことですが……
譲葉先輩は蘇芳さんの推理解明に対して「当たっているかどうか」などの
細かいことは一切語っていないので何も言えません。

ただ一つ言えることは

この事件にも庇われている誰かが存在すること。

それは果たして美術部のフックマンと同一人物なのかどうか。

あ、そういえば忘れてた。
マユリさんは短期間の間に数枚の油絵を仕上げていたそうです。

蘇芳さんはそれを疑問に感じていたと言うことですが――。
三連作である絵の裏にはメッセージが書かれていました。
これもキリスト教に関係あることみたいですが
なぜもっと分かりやすく書かなかったし

あとイラストがキリストの義父がキリストを抱いている絵だったか何か。
三連作ってことはこの絵にも何か意味あるのかな。

私ずっと思ってたんだけど、デートの日に居なくなるって外道だと思うんですよね
しかも初デートだよ、初デート。外道すぐるよぉ!

だって居なくなったりしないつったじゃんよぉ!

うそつきぃ!

ていうか良く考えたらマユリさん消失の謎も解決してないような
これは何でいなくなったか、というよりどうやっていなくなったのか、ということ。
蘇芳さん爆睡しすぎもそうだけど、マユリさんどうやって荷造りしたのよ。

花菱さんって気付いてなかったの?
マユリさんが絵を突貫工事で作り始めた時期っていつ?
ダリア先生の意味深な宣告の意味は?
彼女は自分が出ていくことを知っていたのだろうか?


知ってたと言えば。
そういや、いつから蘇芳さんは気付いている人のことに気付いたんでしょう。
絵を見てからだったのかな。いや、言葉の意味はまだ分かっていないみたいでしたし。

やっぱり煉瓦事件が引っかかったんだろうか。
ていうか煉瓦事件の煉瓦って、まだ血がついた状態で放置されてるの? やだ、こわい……。

しかしマユリさん絵を残した理由って

んがー。この段階ではさっぱりだね。
秋を待ちましょう。


追伸

終わりを見る限り双子ちゃんにも百合エピソードがありそうな気配
双子百合になんのかな。

それとも秋は譲葉先輩かネリー先輩視点で

冬は、マユリさん帰ってきて視点やるとか。

楽しみが一杯っていいよねぇ


追伸の追伸

譲葉先輩の大切な人ってやっぱりネリーさんなんかな。
ネリーさんはすきっぽいケド。

取りあえず立花さんに幸せを誰か、はよう、はよう。

あ、そういえば既存のキャラ同士がくっ付くとは限らないのか
新キャラ新キャラぁ!

そういえば千鳥ちゃんがマユリさんに似てたミラクル現象は
神様の悪戯なんでしょうかね。

ていうかこの七不思議は生徒を攫うことに熱心だけど

この学園は家庭に問題のある人間集めることに熱心すぎやしないかね。


スポンサーサイト
[ 2015/04/18 22:32 ] FLOWERS | TB(0) | CM(4)

考察面白かったです
今後手足だけ攫う七不思議が出てきたりしないか心配です
私としては碧身のフックマンというワードが、八重垣さんが蘇芳さんに発破をかける直前(収穫祭後の食事中)に小御門先輩の口から出てきたのが気になりました
昔からあったとはいえ、リストラされていたのが復活したきっかけが防虫蘇芳さんだとしたらおかしいので…
[ 2015/04/27 18:12 ] [ 編集 ]

>>名無しの方へ

眼鉄です
考察を大真面目にやって大ハズレが怖くって実は結構ふわっとした考察だったりする毎日です。
公式でプラトニック百合と大義名分したうえで、殺人事件のようなものはないということだったので
「悪」と呼べるような犯人は存在しないのでないか、と思っていたりします。
また初期のキャラではなくって、新キャラが黒幕の可能性も十分あるというか
そうであってほしいと願っていたり。
小御門先輩は露骨に怪しいオーラが爆発しているのと、おそらく譲葉先輩の彼女枠になると思うので
黒幕ではないというのが私の考えです。
実際に何にも知らないんじゃないだろか。ただこれでブラックな一面が垣間見えるのならそれはそれで有りです!

関係ないですが防虫蘇芳さんが個人的に凄くツボりました。
[ 2015/04/28 21:19 ] [ 編集 ]

上の名無しです
周りにプレイしてる人がいないので他人の考察を見るのはすごく楽しいです
ファンブックの先行販売イベントでスギナ先生がヒロインが死にませんよ!って強調してたので殺人は起きないでしょうね(笑)
ファンブックに秋篇では譲ネリを発展させるとあるので小御門先輩が黒幕とは思わないのですが、次回以降は小御門先輩周りが気になるなぁ程度の疑問でした
秋篇までは基督教の造詣を深めて時間潰そうと思ってます
殻の少女3の情報も早く欲しい…
[ 2015/04/29 06:11 ] [ 編集 ]

>>名無しの方へ

眼鉄です
某掲示板とかにいくと結構色んな人が考察をしていて楽しいかもしれません。
私はファンブックは全てのシリーズが終わるまで買わないと自制をしていたりします。
でもファンブックでしか解放されてない情報有ったらつむぶぇー

やはりネリー先輩は譲葉先輩とですよね。秋がたのしみうぇーーーい!!

私としては学園自体が凄いキナ臭いな、という思いが抜けきらないです。
宗教学校としてちょっと行過ぎな部分があるというか。
黒幕、学園という存在そのものだったりして。

しかし秋編は早くても来年でしょうね……。
うごご。

[ 2015/04/30 20:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/291-2f423e6a




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。