『屋上の百合霊さん』 感想・レビューのリサイクル

眼鉄です

今日も地球に優しいよ。
というわけでリサイクル感想シリーズ。つまり、数稼ぎだ。

今日のはこれ


みんな大好き百合霊さんの感想。

屋上の百合霊さんは一本道シナリオで
正直攻略らしい攻略はあまり必要がありません。


しいていうなら本編クリア後のおまけシナリオ的なものを埋めるのに
ちょこちょこ選択肢選ぶくらい。

屋上の百合霊さんはメディアミックスが超盛んなコンテンツです。

ドラマCD


コミカライズ




とまあ色々と息の長いコンテンツだったりします。

うわあ見直したらアフィブログみたいになってらぁ。
仕方ないじゃないか! FC2のマイショップ機能停止しちゃったんだから!
画像使いたいだけなのになんでこんなことに。

とにかく。
オンリーイベントが開催されるほど超固有のファンを持つ屈指の名作です。

そんな屋上の百合霊さんの感想を前のブログでやっていたので
リサイクルがてらこちらに掲載しておきたいと思います。

今回リサイクルするのはゲームのほうの感想になりますのでご了承ください。
以前上げた日記に加筆修正修正ぃぃ!

あれ? 私ドラマCDって感想やってない気がする。
そのうちやるのかやらないのか。

百合霊さんは他にも色々と感想やってますので、そちらもリサイクルしていこうと思います。
リサイクル前のブログをそろそろ何とかしないとなぁ。


キャラクターへの感想

■遠見結奈:高校生にして有能OL人妻属性をもったニュータイプ

そして最強の主人公だった。
正直、百合界にここまで好感もてる主人公は滅多に出ないと思います

非の打ちどころのない最高の主人公だった!!

愛されガール ニヤニヤしっぱなしなんだよぉぉおお

■阿野藤:アルティメット恥ずかしがり屋 意外な属性持ち

体験版の時点でうすうす勘付いた人もいるかもしれない。
そしてアルティメット照れ屋

そして縁の下の力持ちでした。パネェ

だからこそ……だからこそ……無念でならぬ……
無念でござる……

■狛野比奈:ポーカーフェイス恋心

結奈のわんこ

特技は「待て」

思考に言動が追い付いていない感じですが
アフターまで我慢して! 中学生の初恋か!っていうニヤニヤ感

■榎木サチ:本当のサポートガールはこの人だったんじゃないか!?

気を利かせること山の如し

結奈関係においてこの人の鶴の一声は流石としか

■永谷恵:ツンデレかと思ったら普通に嫉妬だった

サチさんへのストレートはいいね。

■相原美紀:実は猛獣使いだったのかもしれない

あらゆる意味において
極上の誘い受けだった

■牧聖苗暴れん坊

二重の意味で

このゲームは背の低さに比例して男度が跳ね上がります


■園生月代先生は大人でした。

このゲームは背の低さに(ry

イケメンじゃなくって本当に大人の女性って感じがGOOOOOOOOOOOOOOOOOD
合法ロリとか言った人は前に出なさい

はい!

■剣峰桐:一番高校生らしかったのかもしれない

結奈とかがハイスペックすぎてかすみがちですが
頭も凄くよく回る凄い子

大人との恋愛の対比に適した子だったかもしれない

■一木羽美:ウザ可愛いを体現したような子 

うっぜwwwっと思うけど可愛い
特に付き合いだしてからの可愛さは病的 これはヘタレも惚れるわ
可愛いなんてもんじゃないぞ

■双野紗々:ヘタレ属性持ち 中二黒歴史を好きな人に掘り返された

常に悶々としてる。頑張れ紗々、頑張れ。

■三山音七音七△

このゲーム一のイケメン

正直、ねなゆなは有りだと思った。
プレイしてみればわかる! プレイしてみれば分かる!!!
正直パネェってレベルじゃねえぞ
どうなってんだ!!
ウルトラハイスペック

だからこそ悔やまれる……!!

■古場陽香愛すべき馬鹿

それ以上が浮かばないよ!!
楽しすぎるwwwお前大好きだwwww

■有遊愛来:結奈に匹敵する有能さ。陥落後の衝撃

結奈といい、有能OL候補が乱立しすぎですよ!!!

この人視点の話が2828しちゃうね

■綱島茉莉:マリみてでいう所の聖様
■稲本美夕:マリみてでいう所の蓉子様

いや、これが一番分かりやすいと思う

ただ本編中一番痴話げんかしたのこの人たち。
熟年カポールならではの2828

分かり過ぎというのも嫌だwwwと思わせてくれるよ

ざっとこんな感じでしょうか。

詳しいことはプレイしたらいいよ!!
しちゃえよ!! 私はニヤニヤしたよ

それでは内容についての箇条書き

・恋愛、友情ともに素晴らしかった。

誰が誰をどう思っているのかとか
そうだよ、そういうやり取りが観たかったんです

私の見たい百合ゲーがここにあった

・エロさは弱め

カタハネの時も思いましたが
百合ゲーって抜きゲーと凄まじき弱酸性の二種類しかないと思う

前者は百合ゲーって言っていいのか分かんないんですけどね

このゲームはそういう要素が弱い、という事を知っておくべきだと思います

だがそんなのかんけいねぇ!! 

・友情にもウェイトを置いているのは珍しい

恋愛シュミレーションというのは
カップルの視点に集中するせいで視野が狭いものなのですが

このゲームは形式上凄まじい広さの視野を持っているので
恋愛対象外の人間を気に掛ける気持ちとかが凄く丁寧に書いてあります

正直そこが魅力の一つになりつつある。

・少し短い

全体を通して見ると長いのかな?とも思いますが

個々のお話は少し短めだったように思います

特に羽美、比奈に関してはもうちょっと本編で惚れるまでとか
付き合うまでのdkdkが描写されてもよかったかもしれないね。

・阿野、音七が無念すぎる

プレイヤー的な意味で

無念なり……無念なり……ああああああああああああああ…

FDださなかったら祝、呪ってやる

心の底から無念……無念すぎるだろぉおおお……
無念でならNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE

そして最後のあいさつ回りに阿野絶賛省かれててワロタ

・本編とアフターがあるよ

アフターは選んでない選択肢バシバシ選べばでてくるから頑張れ!


追伸という名の加筆

屋上の百合霊さんは結奈ねえ視点の本編
その他のキャラ視点のサブストーリーで構成されています

カレンダーに印されたマークをクリックすることで話を読み進める形式
なので一つの日付にいくつもマークが入っていたりします。
こうすることで、とある出来事の別から視点のお話や
別の場所でのやりとりなど時系列を追って楽しめる仕様です。

百合ゲーによくある鬱々とした展開はなく
どちらかと言えばゆるふわな感じでゲームが進行します

どこかの看護師ゲーのようにきら☆ふわなのに生命の危機に瀕するような事はないので安心!


あ、そうそうアダルト描写は回数を増すことに詳細が増していく仕様だよ。
つまり結奈ねえのえっつシーンが一番がっつりしているってことさ!

あと個人的に一番わらったのが、結奈ねえの初えっつは自宅なんだよね
みんな学校だったのに!


■一部極端な論点となった同性愛についての価値観。

百合霊さん騒動として顕著なのがこの問題なのですが
百合ジャンル界では最も火薬庫なのに、避けて通れないサンクチュアリ。

色々言い分はあるとは思うのですが
取りあえず私の意見をリンクしておこうと思います

ですがこれに関しては百合ジャンル自体が答えを出せていない問題でもありますので
各々が色々な作品を読み解き、自分の中に何かの答えが垣間見えればいいんじゃないでしょうか

ただ私としては、このゲーム自体が論じる系の作品でない事と
あくまでいち女子高生視点の恋物語である、ということを考えたうえでの考えである(支離滅裂)
ということを念頭に置いて頂けると、金属うれしいなぁ。

まあ、このゲームは青春物語なので
そっちを一杯噛みしめてもらうのがきっと幸せな楽しみ方なんじゃないのかなって。

スポンサーサイト
[ 2015/06/27 19:56 ] 百合作品感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/318-b97aac0f




ブログパーツ