スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リフォームに向けて 1

眼鉄です

絵を書きはじめたりリフォーム一念発起したり
何か急に人生にやる気だしてて笑える毎日です。

もう大人なんだから落ち着けって凄く思う。

でも本棚って本当にジャストサイズがないっていうか
なんだろう
本棚作っている人って本棚必要じゃない人なんじゃないかってくらい
どうしてあんなに痒いところに手が届かない仕様何だろう。

思ったんだけど、もしかして本棚自作するしかないんだろうか……。

技術はテストの点だけで絶対評価『3』だった私の技術力が試される

確かに中学時代の私の成績は3でした。
でも、今のご時世はネットと言う強い味方がいるんだ!
実際に作るのは私だけれど。

まあ無理そうだったら諦めて4,5万くらい出して
使い勝手が微妙に悪いオーダーメイドで我慢する。


追伸

床が抜けないかだけが本当に心配。
床の補強ってどうやってやりゃいいんだ。

追伸の追伸

でも本自体は現状部屋に収まっている訳で
あとは本棚自体の重量にも寄るんじゃないかなって気がしている

今回は壁に接するわけじゃなくって
壁に対してガラス戸の分凹んだ部分に隙間が出来る形で壁際に立つから
その辺りも考慮して本棚設計するのか

ていうか、上記の文章読みなおしてみたら意味不明過ぎた
この文章で本棚がどういうところに立つのか分かる人いるんだろうか。
ボキャブラリーを鍛えたい

あ、ちなみにイラストちゃんと描いてます

書くにつれてバランスが滅茶苦茶になって
一日目より下手になってきているんですがそれは
スポンサーサイト
[ 2015/10/08 20:19 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/377-b7ac3ac7




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。