二大教えてほしいこと「煙草の美味さ」「お酒の美味さ」

眼鉄です

私は子供の時から大人になったらやってみたいことがいくつかありました

・お酒
・たばこ
・車の運転
・ギャンブル

まあいわゆる「子供はダメよ」って言われ続けた奴ですね

この中でたばこ以外は大体全部やりましたが
結局生活必需品である車の運転以外は殆ど相性が悪くてちょろっと試して終わりましたね。



やったギャンブルはパチンコ、スロット、競馬など。

パチンコは最初の一回目一円パチンコを千円回したのですが
右手の取って?みたいなやつを
全開フルスロットルにして左から右に全部流したのはいい思い出

千円使い切ったくらいで「あ、これ全開じゃダメなんだ」って気付きました馬鹿か。

最終的に収支が+のところで適当にケリをつけてやめました。
簡単に言うと私は射幸性がすさまじく低いので、ギャンブルとの相性がすごく悪かったのです。

というより確実に手に入れられるものにしか興味がないんでしょうね。
あともっというと、お金に対しての執着心も低かったようです。いいのか悪いのか。

ちなみにAKBの奴が一番楽しかったような気がします
ただ桜の木とかのBGMを聴くと今でもイラッとする

ちなみに一番儲かったのは猪木のなんかよくわからないやつ。

スロットはパチンコに比べるとギミックが面白くないと思います。
パチンコはあっちこっちスチームパンクか!ってくらい動くので楽しいです。
スロットはそれに比べて全然派手さが足りない。やりなおし。

パチンコにはまるかなって思わなくもなかったですが
お金儲けよりパチンコのギミックとゲーム性が好きだっただけなので
龍が如くとかパチパラで十分だなって。お金使ってまでやりたくないなって。

競馬は初めてやったときに大穴二千万のレースで
うわあすごいなぁって思いました。もちろん買ってません。
競馬って一千万がぼこぼこでるギャンブルだと思ったんですけど、そうでもないらしいですね。

ちなみに競馬は一回だけやってあたる気が全くしないのでやめました。
あとゲームとして楽しくないです。

正直競馬に関しては競馬というギャンブルがどういうシステムで
どんな流れで成立していくのかを体験したかっただけなので、そもそも100円しか賭けてない。


とまあ、子供のころからやってみたかったギャンブルですが
私の人間性との相性が悪いという悲しい結末で終わりました。
いや、幸運なのかな。


で、お酒。

お酒なんですけどそもそも私、というか私の親族がお酒にすごく弱い。
なんというか、酔っぱらったことは一度もないのですが
それ以前に頭痛が凄まじくなってそれどころになるまで飲めないというのが正しいです。

あと飲んだ時のアルコール感がすごく好きになれない。

とまあ、また体との相性が悪いという結末なんですけれども
でも食いしん坊の私としては
美味しいの一角が味わえないっていうのは何だか悔しいんですよね。

ていうかお酒の美味しいって何なんじゃろうか!?

いわゆる料理とのマリアージュで美味しくなるんだろうって思うのだけれど
でも私の感覚からしてお酒ってジュースのカテゴリになるんですけど
ジュースとから揚げとかって一緒に食べておいしいものなんだろうか!?

ビールとか美味しそうに飲みながら
つまみ美味しそうに食べる酔っ払いがうらやましくて仕方がない!

どんなふうに美味しいんですか! 
ずるいじゃないですか!!


どういう美味しさ何んだ!
カテゴライズすると何に該当する味になるのか!

そもそもお酒が美味しいってどういう状態なんだろう。
すごく気になります。

旅行とか言ったときに
海鮮の美味しいお店とかに入って地元のお酒と一緒にご飯頂いてみたいわ!

私は上記にもあるようにお酒を飲むと体調不良になるタイプのダメなので
所謂酔う楽しさもわかりません。
というより酔っぱらうと自我が崩壊していくって酔っ払いは怖くないんだろうか。

ちなみに私は場酔いするタイプですので
宴会に行くと素面なのに一番テンション高いです。

宴会で一番テンションが高い貴金属が私です。

お酒が飲めない人にとって
お酒を美味しそうに飲みご飯を食べる人は嫉妬の対象だと思います。

風呂上がりのビールが上手いじぇぇぇっとか人生で一回くらい言ったみたいです。
ビールって苦いんですよね。
苦いのに美味いとはこれいかに。塩分が合うらしい。どういうことなのかな?


でもまだお酒は食べ物ですから
まあ何となくある程度の目測というか、推測が立てれないわけでもありません。

問題はたばこ、お前だ


想像すらつかない。美味いってなんやねん。煙じゃろ。

ちなみに一回吸ってみようと思ったのですが
病院の先生や家族、近所の知らないおばさんにまでボロカスに叱られた。

まあ私は呼吸器あんまり強くないからいいものいいもの。

ただ父と祖父がヘビースモーカーだったので肺は残念なことになっていると思います。

余談ですが中学時代よく「おっさん臭い」って言われてました。
たばこのにおいが衣服にしみついてたんですよね……。

なので私は副流煙の臭いしか知らないわけですが

私に言わせれば焚火の煙もたばこの煙も同じにしか見えない。

あれが上手いとはどういうことなのかな?

しかも聞くところによると味があるらしい。

メンソールはなんとなくわかります

分からないんですけど、なんとなくメンソールの味がするっていうのは
不服と妥協の境界線上に立つことで何とか嚥下できる事実。

でも甘いってなんやねん。

たまに甘いって話を聞くんですよね

甘いってなんやねん。

甘いってなんやねん!!

副流煙は少なくとも物燃やしたときみたいな臭いしかしなかったですよ!!!!

甘いって聞いたとき、衝撃のあまり理解力が追い付かなかった。

どゆこと!?

たばこがどう美味しいのかっていうのも理解に苦しみます。
ニコチンかタールのどっちかに中毒性があって
摂取すると中毒が解消されるんですよね
それが美味しいと感じるんでしょうか。理解できない。

というより中毒症状というものを味わったことがないので
本当に不思議で不思議で。

電子たばことかも最近流行りみたいですね。

私はもう歳ですし体のこともありますから
おそらく生涯吸うことはないのでしょうけれども

でも電子たばこの広告とか動画とかをぼんやり眺めて

ああいう味なのかな?とか

こういう良さがあるのかな?とか考えるのがすごく楽しいです。

あとこんな煙草あったらおもしろそうだな、とか。

追伸

ヘビースモーカーの父ですが
結果的に狭心症になって死ぬ寸前までいったらぱったりやめました。
死ぬって衝撃は中毒を一撃で吹っ飛ばすほど凄かったようです。

なお急速に太った模様。
なんでたばこやめた人は太るんだろう。健康になるからなんかね。

追伸の追伸

兄はギャンブル大好きですが
パチンコ規制などいろいろあってパチンコから足を洗うことができました。

なお、今はソシャゲにはまっている模様。

ぼくはもう、なにもいわなかった。
スポンサーサイト
[ 2016/05/22 23:00 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/438-a3925386




ブログパーツ