スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブレイブウィッチーズ1巻 ボイスレポート感想

眼鉄です。

もう月一更新がデフォになりつつあるけどそんなこともあるよね。
若さが足りない。

ところで予約投稿ボタンを押してなくて公開ボタンを押した結果
未来の日時で深夜にブログ公開したとかそんな落ちはなかった、いいね?


夜中に一人で大慌てで事態をなかったことにした金属も居なかった、いいね?

久しぶりに投稿した結果がこれだよ……夜見てくれた人はごめんよ……


さておき今日の感想はこれ

ブレイブウィッチーズ第一巻限定版の感想


アニメ本編の感想をやっていないのでここでやろうかとも思ったのですが
それはまた追々

Blu-rayに付属しているのは
小冊子とボイスレポートCD
そして新聞形式の当時のペーパーです。

小冊子については正直なところを申し上げますと薄いです

それが予算のせいなのか
Blu-rayの形式的な問題による収納の都合なのか薄いです

(※今までスト魔女のBDは本編ディスクと特典ディスク、小冊子の三つの形式になっており
それらを三つをまとめて梱包していたので分厚かった。
今回は二枚組の箱一つにディスクがまとめられていて
その箱に挟まる形で小冊子が収納できるので
従来の限定版よりスペースを取らない形式になってるよ
言ってることが良く分からない人は両方の限定版を買ってね☆)

キャラ紹介とストライカー哨戒
それと設定資料集と、わき役たちの紹介のみで
今までにあった世界観の解説や説明関係がばっさり省略されているので薄いです。

まあ今まで語りまくってるからもうないのかもしれないですが少し寂しい。
あと紙質も今までのと違ってなんかつるつるしてるよ。


色々細かに言いましたが
今日詳しく感想をやるのは限定版に付属しているボイスレポートのほうです。

今回のボイスレポートはキャラ個別のインタビュー式
トップバッターを切るのは雁淵姉妹です。
設定的にはアニメ本編終了以降に収録されたやつみたいですね。

ネタバレ有なので折々します

またこのボイスレポート自体がアニメ本編の重大なネタバレになっているので
Blu-rayでアニメを追いかけるつもりだった酔狂な人は注意してくださいネ





ブレ魔女ボイスレポートの特徴として
スト魔女時代にあったシステムボイス関係がばっさりカットされた代わりに
よりキャラ設定に踏み込んだものとなっています

なのでスト魔女時代にはなかったような質問などもあって面白いです。


ちなみにボイス・レポートの各質問項目ですが
これは小冊子の一番最後に明記されていますので目次にどうぞ

あと全項目の感想はやらないので
気になったところのみピックアップしてやります。気になる人は買ってね


■雁淵ひかり編

まとめ:ロスマン先生って何回言うの?

ロスひか? ロスひかなの????

「雁淵ひかりです!」のときのイントネーションがちょっと気になるw

・身長について
これから身長伸びたい!っていうひかりちゃんだけど
女子はもう伸びねーから! 伸びねーから!!
私なんて小学校二年生くらいから変わってねーから!!
伸びねーから畜生!!!

・将来の夢について

あんなことがあってもお姉ちゃん大好きっぷりは健在。
502で色々あって姉のように慣れない事は悟ったようですが
姉のような前線で戦えるウィッチを目指す気持ちは失っていないようです

ただ申し訳ないけど個人的な話
ひかりちゃんは後方支援の方がいいと思う……。
接触魔眼は危険すぎるし、何よりあの体力は輸送任務とか護衛任務とかそっち向きだと思う。

・原隊について

ちょっとひかりちゃんの通っていた学校について触れられています。
北郷先生の学校はウィッチ養成所だけど軍の学校とはちょっと違うみたいですね
何が違うのかは私にはさっぱりだ!!

でも私は北郷先生がいるなら軍の学校よりここがいい!!やだやだ!!

・ユニットについて

ブレ魔女でよく触れられるようになった「魔法力の配分」のお話しが出ています。
ただ新型機になって人を選ぶようになってそれでいいんだろうか。
新型機なら使いやすくなるべきだと思うのですが……。

そういや芳佳ちゃん専用機こと震電の開発ってどうなってんだろ。

・自分の戦闘スタイルについて

ブレ魔女からの新質問ネタの一つ。
「体力と魔法力って何が違うの?」という素朴な疑問が少し解消されます。

魔力コントロールには体力を激しく使うらしい。
魔法力をコントロールす時に恐ら意識するし、
意識の過程で身体に何らかの力が入ってそういう時に体力を消耗するんじゃないかな。

まあコントロール言うても一極集中コントロールですけど

ですが歩くときに左右の足に力を交互に入れながら全力で歩く、と考えると
確かに壮絶に体力を消耗する行為だなこれは。

でもひかりちゃんはそうしないと歩けないし
それができる体力があるから歩けてる、と言う感じか。

まあ細かいことはいいんだよ!

・ウィッチーズ基地について

扶桑人マジ風呂厨

・特技について

ひかりちゃんにはこれといった得意なことや特技がないらしい。
強いて言うなら体力か。

マジで無個性……。
そして宮藤さんマジ個性的ハイスペック主人公補正チート野郎……。

ちなみに風邪を引くから馬鹿ではないとのこと。
宮藤さんェ…… ←人生で病気になったことがないのが自慢

・ペテルブルグについて

7話であった「いつ寝たらいいのか分からなくなる」と言った理由がちょっと触れられています。
太陽を基準に一日過ごすってお前は一体いつの時代の人間なんだ

・ラル隊長について

声真似はやめて差し上げろ。

お父さんに似てるから親しみがあるらしい。
腰が痛いし寡黙なおっさん
要するに雷親父である。

・サーシャさんについて

任務中以外でひかりちゃんを結構気にしていたらしい。
最初は冷たくて怖い人だと思われていた模様。
サーシャさんは可愛いから怒っても怖くない人設定は死んだ! もういない!

ラル隊長がお父さんでサーシャさんはお姉さんみたいな人らしい。
502は父子家庭なんやね。

・ロスマン先生について

声が恋する乙女で吹く。ロスマン先生大好き。
こうやって教え子を口説いていたんだなロスマン!

宮藤さんの坂本少佐のあれと違って妙にガチ感があって。

・伯爵について

伯爵が「子猫ちゃん」と呼ぶのがジョゼとひかりちゃんだけ、というのが明言される。
ロスマン先生との過去も考慮すると
伯爵の好みのタイプって弱そうで守ってあげたい系とみた。

なおそいつらの肝は据わっている模様

ちなみに何故子猫ちゃんというのかは分かっていないし
伯爵のナンパ癖についても言及はなかった
え?! 8話であんなに冷たかったのに!!?!?!

・ブロックについて

ブロオオオオオオオオオオオオオオオオック!!!

そこに正座ッッッッッ!!!!


いい加減にしろてめぇ!!!!!!!!!!!

・ジョゼについて

ジョゼとの関係はもう修復された模様。
今ではベッドメイキングを習ったりする関係らしい。

そういうことしてるからそこで正座させてるブロックが……

・ニパについて

ニパ報われてて泣いた。

でも不幸な奴認定おめでとう。

・直ちゃんについて

分かりやすく直ちゃんとひかりちゃんの関係を例えると

十字路の曲がり角でぶつかってひかりちゃんのパンツを見ちゃった直ちゃん
大喧嘩になりつつ学校に行ったら
朝礼の時に転校生としてひかりちゃんがやってきた

「あ、あの時の苺パンツ!」
「ああ! スケベ!」

そこから始まるドキドキ☆ラブコメディー

以上だ。

お互い最初は素直になれず意地を張っていたらしい。
ただの少年漫画の主人公とヒロインだなこれは。

・お姉ちゃんについて

妄信的なシスコンから憧れのお姉ちゃん程度には成長した模様。
姉妹喧嘩についてもちゃんと話し合いをしたようで和解したみたいですね。
ていうかあの露骨な冷たい態度は割とトラウマになると思うんだけどっていうかなってない?大丈夫??

・501について

宮藤さんはやめとけ
君は餌食になるぞ

・欧州の戦況について

ひかりちゃんも戦況については良く分かってない模様。
宮藤さんもチンプンカンプンだけど、あの子は戦争嫌いだったからだと思っていましたが
こうしてみると扶桑は本当に戦況のこと分かってないみたいですね。


■雁淵孝美編

・身長について

スト魔女世界は当時の日本の身長に比べると大柄な人が多いのですが
その設定の中でも孝美お姉ちゃんは長身ということらしい。

長身すぎて翔鶴ねえベッドが窮屈だと感じていたのですが
新藤さんに指摘されるまで素で気づいていなかったとか。この人天然だ。


ちなみに新藤さんとはアニメ一話で登場した孝美お姉ちゃんの上官。
また508部隊に孝美お姉ちゃんを呼んだ人でもあり
孝美お姉ちゃんの第一彼女候補である。

直ちゃん涙吹けよ。妹手に入っただろうが。

・ストライカーについて

紫電改はお姉ちゃんが開発に関わってたらしい。
お姉ちゃんがチドリと呼んでたのはそこのころから使っていたものなんだとか。

ところで妹さんが魔力配分ムズイって言ってますよ。

・武器について

中距離戦闘タイプのお姉ちゃんを生かせる武器が扶桑にはなかったらしい。
リバウ撤退戦で出会ったラル隊長が教えてくれたんだとか
よく考えるとラル隊長も長距離攻撃するからライフルに詳しかったのかもね。

・出身地、家族について

お姉ちゃんはあんまり出身地にいた時間が長くはないらしい。
また両親と過ごした時間もじつはひかりちゃんの方が長く、それが羨ましいんだとか。

だからこそ故郷への思いが強い、のは分かるんだけど
故郷に帰ってくる実感がわくのが
妹と一緒にお風呂に入ることってつまりどういうことなんだぜ??

・ウィッチ基地について

ペテルブルグがどういう基地なのかについて教えてくれるよ。
本当に要衝らしいんだけど、位置の都合で整備が全然整っていないらしい。

あとお姉ちゃんシスコン悪化してない?

・ラル隊長について

ラル隊長との関係は小冊子でも少し触れられるけれども
詳しく掘り下げられたのは初めてかもしれないですね

戦闘による負傷入院で落ち込んでいたところを慰めてもらい
魔眼の使い方、上記でもあった武器の紹介などいろいろやってくれたんだとか。
今のお姉ちゃんを作り上げるうえで結構要所に絡んでて吹いた。

・サーシャさんについて

あまりに落ち着いてて大人びているので年下だと思われなかった模様
ちなみに孝美お姉ちゃんは童顔なので幼く見られる設定だよ。足して二で割ろう。

ただそれはオラーシャと言う国の過酷な環境のせいなのでは?と言われます。
まあオラーシャ色んな意味で過酷だからしゃーない。

ちなみに正座については先生と生徒みたいでおかしかったらしい。
将来先生になることを勧められますが、個人的に萌えるのでサーシャさんはそうしてください。

・ロスマン先生について

ロスマン先生のことはラル隊長から前々から聞いていた模様
ラル隊長ってロスマン先生大好きだよね。だからって言いふらして回らんでも

あとロスひかは孝美お姉ちゃん公認だった模様

ロスマン先生はひかりちゃんを託された。いいね?

・伯爵について

面白動物枠明るいムードメーカーだと思われている模様
厳格で厳しい人がいるなかで、伯爵はいい緩衝材として機能しているとのこと

ただひかりちゃんが真似してほしくない部分がかなりあるようで
遠回しにサーシャさんとかに根回しされてて草。信用されてないw

・ブロックについて

ブロックと孝美お姉ちゃんはちょうど入れ替わり配属だった模様。
ブロック自身は自分に自信が全くないようですが
孝美お姉ちゃん的にはリバウ撤退戦を生き残っただけあって高評価みたいです。

実際ブロック自身は能力高いんだよね。

でも正座してなさい。

・ジョゼについて

孝美お姉ちゃんにとって命の恩人らしくとても感謝しているらしい。
ひかりちゃんも何気に助けられているため
姉妹にとっての命の恩人と言う称号をGET

その称号のおかげでおいしいお菓子が雁淵姉妹から定期的に進呈される模様。

・ニパについて

ほんとニパってお姉さんウケいいよね

このショタ枠め
素直でいい子とのこと。
お姉ちゃん公認のいいお友達。

・直ちゃんについて

直ちゃんの苦労が報われててよかった!!!


気の毒なくらい片思いしてたんです!!!!
気の毒なぐらい!!!

後ろ髪惹かれる程度には思ってもらえてよかったよかった。
よく考えると孝美お姉ちゃんは直ひかの当て馬みたいになってんな。

・ひかりちゃんについて

結局ひかりちゃんのことを一番わかってなかったのは自分だったらしい。
まあ、あれは確かに逆効果だわな……。

いつかひかりちゃんが新聞に出たときのためにスクラップを準備するんだとか
妹が姉離れしたら姉が妹離れできなくなった

これがのちの円環の理である。

・欧州戦局について

501,502のネウロイの巣破壊にともなって人類が攻勢に出るだろう、というのが孝美お姉ちゃん
ただネウロイが何もしてこないはずがないので
防衛策も考えなきゃダメよ、と言ってます。

まあ後だしジャンケンと言われればそれまでですが
実際問題チンコ地底母艦によって補給線がボロボロになるので
孝美お姉ちゃんの言うことは正しかったということでしょう


総合的に言うと無難なボイス・レポートと言った感じ。ブロックは正座してろ

ただ今まで以上にキャラ設定とかバックグラウンドについて掘り下げがされてて
ぶっちゃけるとシステムボイスよりも二次創作する上では有難いといえるかもしれません

これから色々と問題児たちが何を喋ってくれるか楽しみ楽しみ。


追伸

次の更新はキャラソンの時かな。

追伸の追伸

Twitterは便利ですがやはり感想をやる時は長くなるので
ブログって便利ですよね。



スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/491-f4072679




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。