ダンガンロンパV3感想

眼鉄です。

困ったときは感想感想

というわけで今日の感想はこれ

ダンガンロンパV3


強烈なネタバレを含みます

はっきり言ってプレイ前の人は見ないことを進めます。
なので詳しい感想や考察は折々しておきますね。

ざっくりとした感想

・アクション全般が改善されていた

前にあった謎のスケボーアクション要素が無くなり
今回はレースゲームのような様相になっていました。

他にも従来あったアクション系がちょっと面白いミニゲームになってていい。
それでもまあ、推理要素としてはクライマックス推理以外は私は必要ないと思いますが

・UIが相変わらず微妙。

何がってわけではないけど操作にイライラすることが多々あった。
PS4版でこれなので、PSV版はかなりイラつきそう。

なんかボタンの配置とかシステム画面とかが妙にイラつくんだよな

・ミニゲームが豊富だしやり込み要素が多い

ダンジョンRPG要素やスゴロク要素にカジノミニゲームなど
よくもまあここまで詰め込んだ!

・推理難易度

ミステリー難易度難しい設定で丁度いいくらいの難易度です。
トリックが分かったけど何をどこにぶつけていいのか悶々することも多々。

ですが犯人に関しては結構最後まで分からないこと多かったな。

ただ意外性とハートを折るという意味では第一章が最強


マジで電源落とそうかと思った。

まあ、モノクママシーンをプレイした瞬間分かるんですけどね……犯人……

・学級裁判について
今回からの新設定『偽証』モードが追加された代わりに
前にあった『人の発言をコピーして発射する』要素が撤廃されました。
まああれ、あんまり意味感じなかったし。

また色々な人が好き勝手自分の意見を主張し始めるモードとかが良かった。
今までみんなお行儀よく学級裁判してたからね

・アクションについて

多すぎてダレる。

最終章とか正直酷すぎる。
正直もう、このアクション性はなくしてもいいんじゃないかなって……
でもそれやると『逆転裁判』っぽくなっちゃうから仕方ないんだろうか。

でも最終章は本当にイライラするぐらい入るんだよ、ミニゲーム。


・ストーリーについて

はっきり言って賛否両論になると思います。
私の意見は折々した先で語るとしますが
私としては薄ら寒いとは思いますが、それほど悪いとは思いませんでした。
理由は後述します。


まとめると新しいダンガンロンパ、と言った感じでしょうかね。
私は面白かったです

ただエンディングを許せるかどうかでしょうね……。


それでは折々

各章の詳しいネタバレについては
他のブログ等で散々語られているでしょうから省略

・パロディについて

ストーリーの第一前提として
今までのダンガンロンパと今回のダンガンロンパは別物である、という認識が必要です

どれぐらい別物化と言うと世界観がそもそも違います。

今回最大のどんでん返しはというと

今までのダンガンロンパとV3の世界が別世界と言うことだと思います。

シリーズものという所を逆手に取った大どんでん返しだと思います。
私はこれは素直にすごいと思った。というか思い切ったと思った。

所謂メタネタオチは凄まじく賛否両論です。評価が荒れている原因はそれでしょう。

しかしそれを踏まえてゲームを見てみると
実は最初っから伏線が凄い存在してたんだなぁって思いました。


今回の登場キャラクターたちは過去作品以上にパロディが多いです
どれぐらい多いかというと、ほぼすべてのキャラクターの生い立ちにパロディが含まれています。

ですが振り返って考えていくと
パロディが『キャラクターの生い立ちに集約されており』また
その生い立ちのパロディ元に詳しいキャラクターが存在しているというヒントにもなってたんだな、と思います。


実はパロディネタを多用するのは黒幕とキャラクターが生い立ちを語る時だけです。

またパロディにしてもズバリなところまで切り込むものが多いのも特徴。
プレイ中それに結構辟易したのですが
クリアしてみると伏線だったんだな、と思ってちょっと驚きました。


・使われてない部屋が多い。

今回各超高校級の能力用の部屋があるんですが
殆ど生かされてなかったのが残念。

部屋数が多すぎると思う。
殺人事件に利用されないのはいいんだけど
存在価値すらあやふやな子とかもいる。

今回超高校級の能力がトリックの決め手になることは少なかったですが
超高校級の能力が殺人に利用されてしまう事が多かった気がする。

とにかく衝撃度は第一章と最終章って感じで他の殺人が記憶に残りづらかった。


・デスゲームとミステリーゲーム

今回シナリオは

『デスゲームを望んでいるのは観客であり
ダンガンロンパにはそれが求められている』
的なストーリーなのですが

それを観客=プレイヤーととるか、観客=外の人間としてしまうか

私は後者にしておきました。

何故なら私は別にデスゲームを望んでないから。

何か勘違いしているみたいなので言うと

ミステリーゲームに求めるのはパズルであって殺戮じゃない。

殺人事件が起こる理由に観客がそれを望んでいるから、というのはあり得るかもしれませんが
デスゲームに発展する理由にミステリーを望む人間は関係ありません。

別にデスゲームである必要がないからです。
実際似たようなゲームである『逆転裁判』はデスゲームでも何でもありません。

またシンプル2000シリーズの『THE 推理』に至っては殺人事件にすら発展しないものもある。

ミステリーゲームを求めるプレイヤーはあくまでロジックの組み立てや
嘘を暴き真実を見ることを求めているので、別に殺人事件である必要ってないんです。

つまり今回の観客とダンガンロンパのプレイヤーは別の人間だと考えるべきです。
制作陣営はごっちゃにしているのかもしれませんが
少なくともダンガンロンパをプレイしている人たちはこれをミステリADVだと思っているのでは?

そのため私は『外の人間』と『プレイヤー』は別であると考えていますし
だから主人公たちが言い放った台詞が
『プレイヤー』目掛けて飛んでいるようには感じられなかったのかもしれません。

また主人公たちは
『真実を暴こうとする人間』たちを非難はしていなかったりします。

これが同じくメタ落ちした『うみねこのなく頃に』と『ダンガンロンパV3』の違いの一つでもあると思います。

『うみねこのなく頃に』は謎を暴こうとする人間に対して大批判をしました。
どれぐらいかというと知的強姦者とまで言う始末
そして陰惨な殺人事件が起きるのは
事実を勝手に推察して謎を構築するミステリーマニアたちの知的好奇心のせいでした。
『うみねこのなく頃に』のプレイスタイルを考えるとこれは完全にプレイヤーへの批判ですし
またこのゲームは物語のなぞに対してほとんどの答えをちゃんと提示しませんでした。

でも今回の『ダンガンロンパV3』 場合は
不幸な人間を見て喜ぶ奴や、その中で作られた希望を望む人間たちの意志に逆らいはするけど
実はよくよく見直してみるとその行為自体に対しては何も言ってなかったと思います。
『お前らの望む展開にはなるか‼』っていいはするけど。

彼らが最後抗ってまで証明したかったのは
作られた人格とはいえ仲間と交流した思い出は事実であり
それを悲しいと思う気持ちもまぎれもなく本物である
、ということ。

嘘で塗り固められた全てに対して
自分たちの感じた感情が本物だと証明したかっただけなのです。

・ミステリーゲームとして

明らかになってないミステリー的謎は一つもありません。
トリックはすべて解明されてますし、世界観についてもちゃんと答えを出しています。
まあ多少ぶっ飛んでるけどいつものことですし。

丸投げはしていません

ミステリーゲームとして提示された謎に対してすべての答えをちゃんと出してます。
一応ですがちゃんと伏線もありました(パロディのくだりなど)
私はそれだけでもミステリーゲームとしてはきちんと評価されるべきだと思います。

主人公たちが放棄したのは
『ダンガンロンパ』というゲーム世界観への参加であって謎ではありません。
彼らはミステリーキャラクターとしての責任はちゃんと果たしました。
そのうえでゲームを終わらせるために
フィクションとして物語に従わないために反逆をしただけです。

まあ究極に最後は投げっぱなしジャーマンでしたけど。

あとこのゲームはあくまで別世界での話なので
私としては別に過去のゲームを陥れているとは思わなかったな。

あの世界はあの世界としてちゃんと存在してて
今回はあの世界が創作作品として存在し利用されている世界っていうだけ

従来のダンガンロンパの世界と
私たちの世界との中間層に位置する世界観なんじゃないかな


・安易なネットのノリ

今作の問題点は正直ここだと思う……。

私は上記でもあげたように
このゲームの外の人間とプレイヤーは別の存在だと思うのですが
外の人間の声の表現方法が某掲示板、某動画だったのは完全にミスだと思う。

P5でもありましたけど
ネット文化を受け入れているようで
その実ネットの悪い部分だけをわざとピックアップしてレッテルを貼ってる

この安易な表現方法が
プレイヤーの不快感をより一層煽っているんだと思います。

あと最近、作品と読者の境界線を曖昧にするのを斬新と思ってるやつが多すぎる。

創作陣営側、企業側に。あと百合姫編集部、てめーだよ

作品は視聴者側の文化を好きに取り込んで好きに加工できますが
その逆は一切できません。視聴者側は不快感を感じる以外何もできないのです。

特にネット用語は一般市民によって築かれた文化です。
某動画のコメント機能は企業側によって作られたものですが
その文化中枢は自分たちにあると一般市民側は思っています。

それなのに利益を追求する企業側が無断で利用したにもかかわらず
あしざまに使われたら普通は怒ります。
他人の文化に土足で侵入して利益を強奪した挙句、勝手にレッテルを貼ってるわけですから

アキバストリップみたいな使われ方ならまだしも今回の使い方は駄目。
某掲示板、某動画を利用している層がどんだけいると思ってんの。

クリエイター側と一般市民側ではこれぐらい温度差があるのに
安易に境界線を曖昧にするのは正直問題です。

取り入れるときは注意が必要なんやで。


色々言いましたがこんな感じで
他のやり込み要素に関しては結構面白かったです。
ただ時間がかかって正直しんどい……。

エンディングが捻っているからおすすめはしにくいのですが
私個人としてはそこそこ面白かったです。

ただ続編は厳しいだろうなぁ……


追伸

正直もうダンガンロンパのあの世界観には限界が来ていたので
システムだけ継承して新しい世界観でやり直してほしい。

追伸の追伸

ゲーム中でダンガンロンパの視聴者らしき人間の画像が流れるのですが

外人率高くね?

日本人率低くね?

そのくせ採用人員が日本人のみなのなぜ??

そもそもこの世界観にとって我々の住む地球そのものがフィクションだったりするのかな。
あとスパイクさん、世界で売れているみたいな見栄を張るのはやめようぜ!!
ちょっとそこで笑ってしまったw

スポンサーサイト
[ 2017/02/28 19:18 ] その他ゲーム感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/492-c9fa5e66




ブログパーツ