FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【バンドリ】各属性からみるバンドの感想と考察

眼鉄です

バンドリ!ついに新ビジュアルが本日公開しましたね!

バンドリ!ガールズバンドパーティー公式サイトへ

もう全体的に殺傷能力の高い衣装に変更されましたので
急激な感情の起伏に弱い私の胃袋が悲鳴を上げています!!

新PVはこんな感じ


とまあ宣伝はさておき

今日は各バンドの感想と所属しているキャラの感想を軽くしようかと。
ただ25人を軽くと言いましても相当大変なうえに
一つ一つのバンドがこれでもか!というほど濃いうえに説明が長くなりますので

バンドリにおけるキャラカードの属性をバンドごとにまとめて
そのバンドがどんなバンドなのかを感想と考察していこうと思います。

うん、思ったんだよ私は。

大問題が発生した。
※今回のまとめの際に参考したのはバンドリ!攻略サイト様です
URL:https://appmedia.jp/bang_dream
またまとめた現時点(~2018/1/13)でのキャラ情報になります。


これをみてくれ
2018-01-09_005909.png

これは
1:キャラ紹介ページにあったキャラカードをそれぞれまとめた表
2:レアリティ別にまとめてあるページのカードをそれぞれまとめた表
3:属性別にまとめてあるページのカードをそれぞれまとめた表


結論から言うと何故か合計数が違う

原因はおそらく私のカウント間違いと勘違い

取り合えず三度色々な方法でカウントをし直した結果
表の三番目の結果が最も正解に近いだろうということで採用します

またこれを書いている途中でイベントが始まって新カードが追加されましたので
それも合計した結果をしようしたいと思います。
あ、あとローソンコラボのカードも攻略wikiになかったのでこちらで合計してあります。

が、今回の紹介はネタということと
正確な合計数ではない可能性が高いという
なんとも残念な結果であることをあらかじめご理解いただけると私がうれちい……




全体の最終合計結果はこちら
2018-01-13_192237.png

こうしてみるとPoppin' Partyは他のバンドよりも露出が多いですね。
基本的にいろんなイベントでいろいろな属性に対応出来るようにするために
最終的に各バンドの属性は均一になっていくのでしょうが
こうしてみてもなかなか特徴が出てて面白いです

取り合えず属性と言われても何が何やらという属性ですので
この各属性についての私なりの考察

・パワフル

パワフルのマークの色が赤いし炎なので
「熱血」や「情熱」ともとれるのですが
単純に「元気さ」などのエネルギッシュな表現として使われている気がします。

こうしてみると「熱血バンド」と呼ばれるAfterglowより
Poppin' Partyのパワフル度が高いのも納得できるんじゃないでしょうか

・クール

「冷静」「落ち着きがある」といった性格的な表現で使われているときと
単純に衣装、見た目が「かっこいい」という
外見的な意味でも使われている気がします
あとは寒い時期
そしてお花見のカードの属性については触れるんじゃない


・ピュア

これはまさに「純粋」「天真爛漫」「無邪気」といったシーンのカードが多いです。
個人的にエピソードと属性がマッチしていることが多い気がします。

・ハッピー

本人たちが「楽しい」と感じたり「幸せ」と感じたりした
そんなポジティブなシーンの絵柄が多い気がします。
白鷺千聖☆3の悪口はやめて差し上げろ

【気がします】が多いのは愛嬌だ、いいね?
まあ実際問題ガルパスタッフも属性とか気にせずイラスト描いてそうだし、多少はね?

とりあえず今回は属性に対する考え方をこういうていでやっていきます。


・Poppin' Party
2018-01-13_192624.png
2018-01-13_194758.png

驚異のクールさですが、これはイベントの関係もあるから……(震え声)

主人公的な立ち位置のバンドなだけあって
バンドメインイベント以外でもキャラがちょくちょくと登場した結果、ご覧の数字に。
バンドメンバーの☆1の配分はパワフルタイプ要因が二人(香澄ちゃんと沙綾)おり
基本コンセプトは「元気いっぱい王道ガールズバンド」といったところ

周りを全部巻き込んで楽しくする元気娘、戸山香澄をリーダー(Vo.&Gt)に
引き籠り系ツンデレ秀才香澄ちゃん大好き娘の市ヶ谷有咲(key.)
姉が人気バンドをやってる引っ込み思案と見せかけたシスコン猪娘、牛込りみ(Ba)
変なあだ名が無茶苦茶多い、天然マイペースな花園たえ(Gt)
加入までの背景がちょっと重い、優しく面倒見のいいお姉さん系女子の山吹沙綾(Dr)

元気でいつも楽しそうな仲良し5人組というと分かりやすいです。

個人的にピュアが低い原因は
他のキャラより大人びた立ち位置にいる花園たえと沙綾の影響かと。
また有咲ちゃんと花園たえはクールキャラという位置づけもあるので
比較的クール属性が割り当てられやすいみたいですね。

え? 香澄ちゃんのクールが多い理由?

ポピパの歌詞はなかなかかっこいい曲が多いから?

歌声とか香澄ちゃんわりとかっこいいから。
けいおん!でいうところの「かっこ唯」みたいなものだから。
そもそもギタボが格好悪いわけないだろ!いい加減にしろ!

実際メンバーからも「歌っている時の香澄は頼りになる」とか言われていますので
ボーカリストとして人を惹きつける魅力を持っているのは確かみたいです。

ちなみにメロディを考えるのはりみりんで
歌詞を考えるのは香澄ちゃんが多いらしいです。

りみりんは典型的な引っ込み思案の気弱な女の子なのですが
万物の基本定理として「気弱な女ほど肝が据わっていて猪突猛進」ですので
ここぞ、という時にPoppin' Partyの背中を押すのはりみりんです。
あとりみりんは重度のシスコンでありチョコジャンキー。ついでに関西出身です。

個人的に一番意外だったのが有咲ちゃんのハッピー値
ぶっちゃけ有咲ちゃんは要領のいい陰キャなのですが
香澄ちゃんと出会ったことでPoppin' Partyの面々に出会い
さらに他のバンドメンバーと交流する機会も増えました。

要するに一番日々の楽しさを享受しているのは有咲ちゃん

「これってまるで女子高生みたいだ!」とかおっさんみたいな思考回路になったりしますが
誰かに心を開くというのが苦手な子だったがだけに友達も少なかったでしょうから
友達と過ごすどんなことでも楽しくって仕方がないのはまあ、多少はね?

それではポピパはこれくらいで……え?
沙綾と花園たえについてはどうなのかって?

この二人の紹介を軽くするの不可能だから

私の推しキャラ沙綾とかたぶん、記事三つくらい書けるレベルだから。
花園たえはネタが多すぎ

・Afterglow
2018-01-13_192638.png
2018-01-13_194819.png

Poppin' Partyが『王道ガールズバンド』なら
Afterglowは『王道ガールズロックバンド』

見た目や曲調こそパンクロックしていますが
歌詞は十代少女の等身大の心情が書かれていますので
どちらかといえば
『青春ガールズバンド』という方が正しい気がしてきます。

このバンド最大の特徴は声優が無駄に豪華なこと

新人や無名にちかい声優陣が多いガルパにおいて
登場キャラ全員がほぼ中堅クラスの声優で固められています。
萌えアニメを見ていれば絶対に一回は名前を見たことがあるだろう奴ら。
それゆえか初期のころはイベント登場率が低い。恐らく今後も低い。
優遇されてるのか不遇になったのか良く分からないバンドである。

クールな性格の下には子供らしさがある純情硬派、美竹蘭(Vo.&Gt)
ダウナー系マイペースの下に熱い仲間愛と蘭LOVEを兼ね備えた天才肌の青葉モカ(Gt)
仲間想いの姉御肌で絵にかいたような熱血漢(煽り耐性ゼロ)宇田川巴(Dr)
お調子者でムードメーカーややKYの巨乳でありリーダーの上原ひまり(Ba)
向上心と根性、そして何より鋼のガッツをもった努力家、羽沢つぐみ(Key)

幼少期からの幼馴染5人組で構成されています。
バンドの結成時期が全バンドで最も古く、経験値と連携はかなり高いです。
また全バンド中最もメンバーの絆が強固。

一応全員が高校一年生なのですが
バイトをしていたり、商店街のイベントに参加したり、華道の家元だったりと
学校外で大人と関わる機会が多いせいか非常に大人びている印象があります。
Poppin' Partyより上級生と言われても違和感がないのでは?

この精神年齢の高さが属性全てにおいてバランスがいいことに影響してるのかも。
安定してはいるのですが逆に特徴がないとも言えます。
バンドストーリーも王道を行く王道ストーリーで無難にまとまってますね。

Afterglowは仲良し5人組が帰って来るべき家であり安心できる場所であるのですが
彼女たちにとってそれ以上でもそれ以下でもなく
彼女たち自身が「これからこのバンドをどうしていきたいのか」
という展望を持っていないことが
このバンドの無個性化に繋がっているように思えます。

ですが他バンドとの交流の中で
彼女たちもバンド活動に対して真剣になってきている部分もありますから
Afterglowが本当の意味で特徴を得るのは
これからなんじゃないかなぁと思ってます。


ちなみに属性についてクールさが低いのは
一応「熱血系バンド」という初期設定があってクール関係のイベントが少ないからかと。

仲間の絆というあまりにも純粋すぎる理由が中核にある青春グループなせいか
Poppin' Partyよりピュアな奴らみたいになってて面白いです。

個人的にひまりちゃんのピュアは高そうな気がしたのですが
彼女が重度のミーハーで俗物的であること
そして何より巨乳でエロいということもあって
ピュアじゃないのかもしれない。誹謗中傷ではありません!!!!!

巨乳はピュアではない、だが巨乳を求めることはピュア。
うぅ……哲学はむずかしい……。

物凄く関係ないんですけど
新キービジュアルの美竹蘭の衣装が痛恨の一撃過ぎて
初めて見た時はショックのあまり胃がひっくり返りそうでした。

そして全員のキービジュアルを目撃している今現在。
胃袋へのストレスが凄すぎてもうなんかいろいろ口から出そう。

・Roselia
2018-01-13_192722.png
2018-01-13_214350.png


ハードロックというかビジュアル系というか、とにかくそういうバンド。
湊友希那という一人のカリスマが
各部門それぞれに対して納得できる人員を集めて作られた本格志向のバンドです。
湊友希那のポーズがデュエリストとか言ってはいけない

分かりやすくいうと
「実力が伴っている意識高い系集団」でしょうか。

歌に対して危ういほど純粋でありそれ以外はポンコツの湊友希那(Vo)
生真面目なほど自分にも他人にも厳しい、コンプレックスと戦う少女、氷川紗夜(Gt)
湊友希那に全てを捧げるが故にチートになった幼馴染ギャル、今井リサ(Ba)
本作最年少、発言は厨二だけど心優しいトラブルメーカー宇田川あこ(Dr)
引っ込み思案だけど好きな事にはチートの2号機ナードの白金燐子(Key)

Poppin' Partyのライバルバンドとして設定されていたみたいですが
今はどっちかというとPoppin' Partyの先輩ポジションであり
ライバルは成り立ちや関係が真逆であるAfterglowが持っていってる感があります。

何とかバンドフェスとかいうジャンル最強のライブへの出場を目的にしており
日夜厳しい練習を重ねている、才能だけには頼らない努力家な奴ら。

音楽というものに対して極めてストイックであるが故に
純粋すぎて融通が利かないところがちらほら。
問題に直面すると真正面から受け止めてしまい、ダウンするエピソードが多いです。
攻撃特化で圧倒的に防御力が足りてない。

初期からのエピソードを読み進むにつれて
彼女たちが不器用ながらに成長している姿が本当に分かるせいか
プレイしてると父親みたいな気分になる変なバンド。

特に新キービジュアルとか初期のイメージからは考えられねーよ!
デュエリス......表情柔らかくなったなぁ!

父ちゃん泣きそうだよ!

他にこのバンドの特徴として
ビジュアルのせいなのか、キャラ設定のせいなのか分からんのですが

百合力がクッソ高い

という特徴があります。

だいたい今井リサのせい。

そもそもRoselia自体が「湊友希那ガチ勢」で構成されているわけですが
その中でもリサ姉……いや、ガチ姉の湊友希那ガチっぷりは相当で
彼女が何でもできる社交的な少女になった原因の10割が恐らく湊友希那のため

ハイスペック超人チートのガチ姉さんですが
最近湊友希那のために歌詞にも挑戦しているようで

一体お前はどこまで貢ぐんだ!?と色々心配になります。

またもう一人のチートである白金燐子も大概というか
彼女も青葉モカちゃんと一緒のタイプで
「好きなものには物凄く熱中して愛情を注ぐ」タイプの一局集中型なのですが
そんな彼女の信頼している人間、大好きな人間の一人が宇田川あこです。
もう大好き。もう大好き。

そんな宇田川あこちゃんはAfterglowの宇田川巴の妹であり
まだ彼女が中学二年生で将来性のある爆弾であることを考慮すると

将来を見据えて投資しているとも言えてなかなか策士

また紗夜さんも双子の妹から
どう考えてもおかしい愛情を向けられて居たりと

バンドメンバー全員が百合ネタに事欠かないという有様。

本格……本格百合ガールズバンド……

属性の偏りについて抜けてた
パワフルが少ないのはPoppin' Partyと差別化しようとしたのと
クールさが強いバンドだからなんでしょうかね。
ただ全体的に堅物と見せかけた純粋な子たちが揃っているのか
ピュア属性が高いのが何とも言えず色々考えさせられます。

ちなみに百合属性はカンストしてる。
カンストしたうえでまだ伸びる。怖い。


・Pastel*Palettes
2018-01-13_192657.png
2018-01-13_194846.png

清純派アイドルがバンドをするというコンセプトであるためか
納得のピュア指数の高さです。
個人的にハッピーが高いのもアイドルらしさがあっていいです。
親しみやすさを重視しているためかクールさは低く
水面下では努力しまくっているためかパワフルはやや高め

もうパラメーターに文句がないわけなんですが

しかし蓋を開けてみるとこのバンド、なかなか壮絶

アイドルに憧れてアイドルになった真面目地味普通アイドル、丸山彩(Vo)
見る角度によって印象が全く変わってしまう天才子役リアリスト、白鷺千聖(Ba)
天性のいじめっ子でお姉ちゃん大好き天才トラブルメーカー、氷川日菜(Gt)
帰国子女の元モデルでやや天然気味の癒し属性のブシドーさん、若宮イヴ(Key)
機会オタクでナードだがなかなかハイスペック美形、大和麻弥(Dr)

アイドルグループというだけあって
恐らく顔面偏差値は全バンドの中でも抜きんでていると思われます。
最近のアイドルはそうでもない? 馬鹿野郎戦争が起こるぞ!!

ですがいわゆる「大人の黒い都合」によってかなり振り回されており
一時期はバッシングを受けて
活動を自粛せざる得ないほど追い詰められたりしています。

彼女たちの清純さは
こうした黒い過去を乗り越えたうえでのことだと思うとドキドキしてこないか宮藤?

アイドルに憧れてアイドルになった純粋すぎる丸山と
帰国子女故に色んな事が新鮮で目をキラキラしているイヴちゃんが
ピュア力が高いのは納得ですが

それと同じくらい美竹蘭もピュアかと思うと

美竹……!

そういえば唯一メジャーデビューをしたプロ集団ですので
他のバンドとは違って
日常の細かいことに関してまでプロとしての意識を持っています。

あと色々あったせいか打たれ強く、防御力が高いって感じでしょうか。
というより日夜「問題を起こさない」「スキャンダルを防ぐ」という防衛意識が高いです。
また常に他人から見られていることを意識したりしています。本当に大変ね。

Roseliaが攻撃型ならPastel*Palettesは防御型でしょうかね何の話だ?

清純で儚そうな見た目とは裏腹に
修羅場を乗り越えただけあって肝が据わっていて根性があるPastel*Palettes
ある意味こいつらが一番熱血なのかもしれないですね。

余談ですが
Pastel*Palettesは大人に恵まれてない。

というよりガルパ世界では芸能関係者のポンコツっぷりが酷い

湊友希那のお父さんも芸能関係者につぶされてるし
Pastel*Palettesも危うく消えかけるし


それを大人が悪いから、とは言わず腐らず逃げ出さず
プロとしてどう立ち回っていくか
努力する姿は素直に応援したくなります。

取り合えずスタッフ関係者は反省して、どうぞ。


・ハロー、ハッピーワールド!
2018-01-13_192755.png
2018-01-13_194831.png

マーチングバンド、らしい。
かと思えばラップ調になったり電子音になったり自由。

他のバンドのについている煽り分が「王道ガールズバンド!」とか
「正統派ユニット!」とかなのに
これだけ明らかに何か違うことが書いてある。

「世界中を笑顔に!」というコンセプトで集まった自由集団。
実際に存在する某バンドグループが元ネタ?のようです。詳しくはしらん。 

超大金持ちで世界中を幸せにできると信じる3バカの1人目、弦巻こころ(Vo)
このバンドでは常識人枠の気弱で優しいクラゲ大好き少女、松原花音(Dr)
常に麗人を演じるナルシストであり3バカの2人目、瀬田薫(Gt)
元気だけどもナイーブ、運動が大好き3バカの3人目、北沢つぐみ(Ba)
ダウナーやれやれ巻き込まれ苦労人主人公の着ぐるみ系女子高生、奥沢美咲(DJ)

恐らくバンドリを始めた多くの人が「何だこの着ぐるみ」ってなるし
そしてバンドリを始めた多くの人が「奥沢美咲って誰だ……? どこ……?」ってなる。

ハロー、ハッピーワールド!のストーリーは基本的に
こころちゃんたち3バカの行動に
奥沢が振り回されて花音さんに助けてもらいながら何とかする、という感じですね。

ハッピー!とは言うもののハッピー属性がそんなに多くないのが意外でした。
とは思うけどよくよく考えると
瀬田薫はクール系だし、はぐみちゃんは元気だからパワフル
花音さんは見たままのピュアっぽさだし、奥沢も性格的にはクール系

ハッピーらしいハッピーってこころちゃんだけだよね。

こころちゃんさんの発言の凄まじさのせいで釣られそうですが
よくよく考えてみると瀬田薫にしてもはぐみちゃんにしても
バカな部分があるとはいえ、発言自体はそこまでぶっとんでないんですよね。

俺たちのこころちゃんは格が違った……。

ちなみに3バカはミッシェルの中の人が奥沢だと認識できておらず
唯一、ミッシェル=奥沢を理解しているのが花音さん一人ということで
奥沢は何かと「花音さん花音さん」って懐いています。

ただしハロハピの枠を出てみると花音さんもわりと大概

こんな自由バンドですが
知名度というか固定ファンの多さは他のバンドに負けていません。
ゲリラライブしてもかなりの人だかりを良くも悪くも作っています。
あまりにも人を集めて有名になるからライブハウスからライブのオファーがくる始末。

そういえば花音さんはともかく
こころちゃん、奥沢、はぐみちゃん、瀬田薫の4名は運動神経がいいので
実はスポーツマン集団だったりもします。

花音さんもドラムどこどこ叩くくらいなので
体力が全く皆無ってことはないでしょう。

なので属性がパワフルによりがちなのもしゃーないしゃーない。

個人的にこころちゃんの分かりやすい属性の偏りっぷりが好きです。
確かにクールさ、落ち着きは全く足りてないです。

ちなみに瀬田薫のピュアカードが多いということですが
彼女自身の仮面の下がなっかなかにピュアッピュアなので
個人的にはしゃーないのかなって。

白鷺千聖と絡むとそれはそれは面白いことになる。

そして我らが奥沢美咲。
白鷺千聖とはまた違う意味でリアリストな彼女。

白鷺千聖が芸能界を生き残っていくために
言うなら諦めないために現実主義者になったのに対して

奥沢の場合はその根底にあるのが不安であり
諦めるために現実主義者になったという違いがあります。

似ているようでその本質がまるで違ったりします。

百合作品で例えると「屋上の百合霊さんの結奈ねえ」みたいな感じ。
この一部にしか伝わらない例え!

胸の内に熱いものが燻ってるみたいですが
現実的な自分がそれを邪魔しているって感じでしょうか。


個人的に奥沢の過去が気になります。
元来そういう性格なのか、何か嫌なことがあってああなっちゃったのか。
今のところそういった伏線はありませんが
ガルパは平気で世界線を捻じ曲げる爆弾投げるからなぁ(恐怖)

ちなみに奥沢、バンドリシスコン勢の中でもかなり上位のシスコン

趣味が妹へのプレゼントである羊毛フェルトだったり
弟と妹と水族館へ出かけたりとなかなかです。
何かの面倒を見る、というのが好きな子みたいですね。
だからってこんな珍走団に入る羽目になるとは



まあ各バンドの感想はこんな感じ
言い足りない部分は多々ありますが
これ以上は記事が長くなりすぎるから無理だよ!


追伸

ガルパはいいゾ!

各バンドそれぞれの成り立ちとか
今までの変化とかそれだけで1記事書けるよね

何で書かないの?

いや……カードが全然そろってなくて……


追伸の追伸

今までいくら課金したの?

……。

今まで課金しまくったのになんでそんなに揃ってないの?

……。

そういえばこの間の☆4確定ガチャは

黙れ小僧!!


スポンサーサイト
[ 2018/01/14 19:55 ] バンドリ! ガルパ関係 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/508-5c05ea93




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。