FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【結城友奈は勇者である】総合的な感想と百合的な紹介

眼鉄です

Twitterで紹介されて観た結果

私は“結城友奈は勇者である”シリーズにハマった。

今回はそんな勇者であるシリーズより
現在絶賛配信中のスマホゲーム

【結城友奈は勇者である 花結いのきらめき】までを含めた
世界観とキャラの感想をしていこうと思う

アニメ一期公式サイト
アニメ二期公式サイト
花結いのきらめき公式サイト



とはいっても何年も継続しているシリーズの感想を一つにまとめんのは疲れるので
何回かに分けるよ

今回はまず、作品の紹介と世界観の紹介
そしてみんなが何より気になる百合的な見どころから紹介すると

ゆゆゆいプレイしような!!!!!!!!!!1


早く感想やってて一番楽しい
各キャラクター一人一人の感想したいから今回は短め。すまんな。



Twitterで宣伝したときの画像を張るよーこれが一番簡単だかんねー。
あ、ゆゆゆいの宣伝した時のやつだから
ゆゆゆいがどういう世界観かっていう紹介になってるねごめんねー
求められる理解力。君の国語力が試される。

Dk-M1fQUwAIFKov.jpg
Dk-M1hcVAAEb8zz.jpg
Dk-M1kAU8AAnh3S.jpg

画像って便利だなぁ
それぞれの作品の感想はまた別の記事でやります~。

しかし、本当は今回作品の紹介とか百合度について
簡単に触れる記事を書こうと思ってたのに

画像で書ききっちゃったから、もう書くことがない。

なので全体を通した私の感想をだらだら書いていくよ。

私はこの作品を本気で推してます。
だからこそ、だからこそ私は

敢えて最初に批判的な感想から書く

悪い部分は隠さない。
そのうえでそれ以上にこの作品が面白く価値があると推していきたい。

でもやっぱり最初に言う

この作品は面白いですから!!!! 百合ヲタには特に!!!



■作品全体を通しての感想

この作品を例えるならスルメ

ハマった今だからこそはっきり言うけど
アニメ一期を見終わった時点では、こんなにハマるとは思ってませんでした。

というよりこの作品はぶっちゃけハマりにくい

理由としては
恐らく多くの人が最初に手に取るだろうアニメ一期の前半が
絶望的なほど癖がなく味が薄いからです。

今でこそ色々な伏線があるなーとか
こんなことあったなーとか考察の余地があるのですが

考察というのは好きな人間がやろうと思って初めて成立するのです

初見の人間にそれを求めるのは間違っている。

物語としての“味”が出始めるのが、アニメ六話以降
それ以外は可もなく不可もない日常と戦闘が続いていきます。

あと、うん

説明が多すぎる。

一話、二話は今見直してもすごい説明的過ぎる。
しかも一番問題は
一話二話の面白さを犠牲にしてまで説明した要素が後半空気になる

私思うんです

封印の儀設定、要らなかったんじゃないかなって……

二期なんて影も形もでてこねぇし
シリーズ最新作の花結いのきらめきなんてあることすら忘れられてる
※これは世界観の関係上仕方がないのですが。

しかも説明の段階ですら内容が適当で
敵をボコボコニしてその心臓部を露出させてぶっ壊すくらいで良かったんじゃないかなって

何しろ封印の儀の設定自体が無意味というか無駄だったうえに
封印の儀よりもはるかにインパクトがあって胸糞システムがあるせいで
なんかとっても空気になってしまった。


またバトル物なのに、戦闘に派手さがない。
これは誤解しないでほしいのですが
服装や、武器、敵キャラと物凄く凝ってはいるんです。
バトルステージなんて設定の塊です。

でも戦闘シーンが凄い単調。

敵が喋ったりするわけでもないし
ド派手な技が“前半は”ないからかなって。
あと熱い台詞回しも少ない……。

あと実は、前半は戦闘シーンにそんなに尺を割いていない
冒頭で戦闘終了することすらある始末。
バトル物感も薄いんですよね、前半は。
日常パートというか、伏線をばらまく期間が長かった気がする。
全体の三分の一くらいのはずなんだけど。

これは魅せ方が下手なのではなく
むしろ後半の怒涛の展開との落差を付けるためにわざとそうしたのだと思います。

後半はもう前半とはなんだったんだ!?って言いたくなるくらい別作品

私、アニメ一期は前半と後半別作品だと思ってる
そしてそれを二期でもやるとは思わなかった。

この落差戦法は凄く私は好きですが
この戦法の前提は「視聴者が面白くなるまで視聴し続けている」なんですよね。

アニメ一期は作画もいいし、背景芸術が細かなところまでこっていて
本当にもったいないと思う。

特にただの魔法少女物と見せかけて
実は日本神話をベースとした壮大なファンタジー作品だったり
吐き気を催す邪悪な組織と木材とアニマルがでてきたり

ほんっとにもったいないと思う。
前半本当に勿体ない……。
というより設定が多すぎて12話で語りきれてないのがもったいないわ。

例えば本編中登場する“大赦”という組織
これに関してはまた別記事で怒りを考察をするけど
アニメ一期の時点ではほとんど登場しないよ。

子供を騙した挙句に食い物にして自分たちの利権を確保し
世界を救済している気になっている保守的クソカルト宗教団体
くらいの扱いでいいです。

本人たちは正義面しているので始末が悪いよ。
実際に彼らの目的は現状維持及び現状の改善だよ。
この世界は神様が実在する関係で宗教普及率が100%なんだけど(そりゃそうだ)
おかげで道徳観もいろんな事情から洗練されており
一応住民の民度は高くなっているらしいよ。

私はこの組織へのヘイトが凄まじいので悪意を持って評価しましたが
実際に彼らの中にあるのは純粋な世界に対する救済精神
利権を貪る、という感覚はないと思います。結果的にそうなってますけど。

純粋な狂人が一番怖い。

でも別記事でねっとりとマジギレ叩きさせてもらうけど
私に言わせればこんな世界は異常、もしくは狂ってると言わざる得ないよ。

特に上記であげた“人間の民度”に関しては考察すればするほど反吐が出てくる仕様だよ。

とまあ多くの人がクソと認定するクソ野郎集団なのですが
アニメ一期だと「なんか仮面被ってる不親切な人たち」くらいの認識でしかないです。
この作品の胸ぐそ部分を担っているだけに
もうちょっと登場しても良かったかなって思います。

実際に他の作品を見るとこの組織は勇者たちに大きくかかわってきますので
一期でこの辺りが上手く出せなかったのは本当にもったいなかったかなって。
特に序盤の冗長な日常パートにいいエッセンス加えられただろうと、後だしながら思うよ。

ちなみに今までボロクソに叩いているけど、これは全部褒め言葉だよ
ちょろ出の組織なのに敵以上に視聴者に怒りを出せられるのは
この組織がちゃんと物語上、機能していて生きている証拠だと思います。

はてさて
とまあアニメ一期を見ただけでは勇者であるシリーズの全てを知ることができず
関連作品全部みて初めてスタートラインに立てるまである。
それくらい細かな設定が多く、考察するに値する作品なのです。

でもさ……関連作品全部集めるって、それもう好きじゃなきゃ無理だよね。
だから初見はとってもハードルが高い作品だと思う
特に今からハマ郎と思うと。

ですがなんと!!

その悩みをNoマネーで解決できる方法がある!!!!!!!!!


それが!!!!

結城友奈は勇者である 花結いのきらめき!!!!

・アニメ一期のストーリーが全部無料で見える!
・さらにアニメでは語りきれなかった部分の掘り下げも!?
・関連作品のストーリーがある程度まで無料で読める!
・しかもフルボイスで!!!!!!!!!!!!!!!!!
・勇者であるシリーズ最新のストーリーも読めちゃう!!!すごい!!!!!
・イベントや日常パートなど盛りだくさん!!!!!
・ソシャゲなので当然キャラの新規絵も!!!!!
・レズ前提で話が進むから色々ヤバい。

とまあ花結いのきらめきは
何から手を付けていいのか分からない勇者ビギナーにとってお勧めのゲームなわけです

まずは動画からでもいいからゆゆゆいに触れてみて
それから関連書籍を少しずつでもいいから集めてハマっていってくれよな!!!

キャラ紹介とかは次の記事でねっとりやるけど
私の推しカプはなつうふ、うたみと!!!!!
覚えておいてくれよな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
みんなもゆゆゆ世界にはまって!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

私と一緒に推しカプ妄想しようぜ!!!!


追伸

こういうので動画サイト勧めるのどうなの?っていう気持ちはあるのですが
花結は花結で結構色々な問題を抱えてるソシャゲなので……

大事なのはまず、キャラを知ってもらうことだと思うんだ。

特に百合ヲタは公式ストーリー本当に大事にしているところもあるし

とにかく、とにかく何でもいいからきっかけ作って
私はゆゆゆい沼にみんなを叩き落としたいんだ!!

そんで推しカプの妄想話とかしたいんだ!!!

私は手段は問わない。決してだ!


追伸の追伸

違法アップロード動画を私は推薦する気はないですよ。
動画だけ見て本編をプレイしない勢が生まれてしまうのは事実ですし
実際そういう人もいるでしょう。

だからもし動画を見てゆゆゆい、勇者であるシリーズにハマったのなら
課金しろとは言わない
でもゲームをインストールして、プレイヤーになって欲しいんだ。

生きてるアカウントが一つでも増えれば未来があるし
あなたの「面白い」という感想に惹かれて人が集まってくると思うんだ。


みんな楽しいことが大好きだからね。
だから私も今回はネガティブな記事書いちゃったけど
今後は全力で好き好き記事を書くんだぜ。

きっかけなんて何でもいいんですよ。ぶっちゃけ。

動画サイトでシナリオみてハマったでも全然いいと思います。実際私はそんな感じです。

二次創作をみて興味を持ったからでもいいと思います。
ついでにあなたも二次創作してくれよな!

何でもいいんです。好きになるきっかけ何てなんでもいいんです。
それに優劣なんかないんです。
最初からみてたからえらいとか、動画や二次創作で興味をもったからニワカとか
そんのないんです。絶対にないです。
好きである気持ちに上も下もないです。

ただ、動画を見て「あーおもろかった」で終わらないでほしいのです。
というかそれは一番やってはいけないことだと思います。

つまり何が言いたいかというと

みんなも「ゆゆゆい」プレイしような!!!!!!


スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/512-b327976b




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。