FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【結城友奈は勇者である】各キャラクターの紹介と感想

眼鉄です

今日は昨日に引き続き
【結城友奈は勇者である】シリーズの感想と紹介をやっていきます

アニメ一期公式サイト
アニメ二期公式サイト
花結いのきらめき公式サイト

今回は総勢24名にもなるキャラクターの紹介を行っていきます

【勇者であるシリーズ】全体の総評や批判はこちらから

注意

シリーズシナリオの最新作とも言える
ソシャゲ【花結いのきらめき】をベースにしたキャラ紹介をしていきます。

あともう正直この人数の設定まで細かく語るのはムリゲーですので
詳しくキャラのことが知りたいあなたのために、pixiv辞典にあるキャラ紹介のリンク繋いどきます。

尋常じゃないほど書いてあるんだよ、辞典。

あ、かなりネタバレがありますので注意してください。
正直個人の考察レベルのことまで書かれてあるのは辞典としてどうかと思いますが
それでも掘り下げが凄いので、キャラの詳しい情報が知りたい人はぜひ読んでみてください。


書いてる途中で思ったけど、一記事に24人は無理だわ。
なので今回は勇者であるシリーズの代表とも言える作品
【結城友奈は勇者である】に登場するキャラから紹介していくよ


というわけで今回紹介するのは6人です。宜しくナス!


・結城友奈
chara1_img2.png
「私は讃州中学勇者部 結城友奈!
               ――――私は勇者になる!」
「私は……私たちは、人として戦う! 生きたいんだ!」


讃州中学二年生、3月21日生まれのO型 勇者服のモデルは山桜。
実家が道場だからか、見た目によらず格闘家。そしてゴッドハンド・マッサージスト(R18)
え? 格闘家なこととマッサージが上手いのは関係ない? 聞こえないなァ!

花と友達と勇者部と親友の作るお菓子が大好き。
本人の料理の腕は微妙。
ホットチョコレートを作ったり、玉ねぎは切れたりは出来るので
闇の錬金術師ほど酷くはない。

やや天然気味だが明るく前向きで他人想いな優しい性格。
しかし意識無意識問わず周りの雰囲気に敏感で、和を持って良しとするを地で行くタイプ。
他者を肯定することに優れており、懐が広く基本的に誰でも受け入れる。
反面で他人との衝突を恐れており、自分の本心を隠してしまいがちで
「自分が我慢して頑張ればいい」という自己犠牲的な一面もある。

運動は得意だが勉額は苦手なようで、よく親友の東郷美森のお世話になっているらしい。

本編があまりにも終末すぎて気合と根性の鋼のheartの持ち主のように見えるが
恐怖心を克服しているわけではなく、上記の雰囲気を尊重する性格のため
無理して明るく、前向きに振る舞おうとしているそぶりが多々ある。


アニメ本編中でも手が震えていたり、声が震えていたりと細かいので
アニメ観ような(ダイマ)

要するに、どこにでもいる友達想いの優しい少女です。

物語を代表する主人公にして

運命の赤い糸をこんがらがせる元凶の1人

懐の広さと肯定感から繰り出す他人をダメにするタイプの愛情を振りまく。
天然鈍感気質なうえに誰でも受け入れるせいか
この凶悪な愛情を無自覚に全方位にばらまく。無知の罪。
他人の機微に敏感で周囲を気にしているのに
なんで恋愛事情になると鈍感になるんですかねぇ!?(矛盾)


痴情のもつれって最高級の他人との衝突だと思うんですけどぉ?!

ちなみに恋愛に関しては鈍感であるのとプラスして臆病らしい。
まあ彼女の彼女候補は大概が行動力の化身なのでちょうどいいかもね。

甘いボイスと優しい雰囲気に騙されがちだがこれでも攻めキャラ。
花結いでは天然とふわふわオーラが全面的に出ているが
アニメ版だと声優の熱演もプラスしてムチャクソに恰好よく熱い台詞を言う。

そしてそのノリで女をたらしこむ台詞を吐く。

凶悪!!!
他人の心の隙間を突いてくるから始末が悪い。
彼女面している面々は、今日も友奈ちゃんの言動一つ一つにひやひやするのだった。

そんな彼女だが一応独占欲というものは存在しており
主にそれは親友である東郷美森に向けられることが多い 
相思相愛ね!友奈ちゃん!

東郷美森さんに依存するあまり
あまり長時間引きはがされると【東郷欠乏症】になったり
彼女が他の子とイチャイチャしているのを想像して落ち込んだりしたりする。 
やっぱり相思相愛ね!! 友奈ちゃん!!!

しかし真面目な話
短期間で互いが死にかけてそれを命を投げ捨てる勢いで助け合うとかいう
普通に考えたら100回くらい惚れ直しそうな経験を積んでいるわけで。
もうこれ絶対寝取るの無理やろ。この経験超えるエピソードとかしぬしかないやん。

ぷにっとと呼ばれるギャグマンガだとマスコットキャラ化が深刻
個人的にこの友奈ちゃんがキングオブ可愛いと思う。
2018-10-15_191428.jpg 友奈ちゃんはなんでも可愛いわ

まとめると
アニメの友奈ちゃんは声優の熱演と合わさりとにかくカッコいい。
ぷにっと友奈ちゃんはマスコットもしくは小動物可愛い
ソシャゲの友奈ちゃんは天然ボケ東郷さん大好き大好き可愛い

これでOKです

必殺は技は「勇者○○」
パンチだったりキックだったり、昇○拳だったり。
アニマルの種類によっては炎が出せたりする。バーストナクゥ!

一部の人は彼女とクリスマス、年末、元旦というワードにトラウマがあるらしい。
嫌な……クリスマスだったね……。

余談だが、彼女のモチーフである山桜は個体変異の多い植物らしく
花の咲く時期など細かい点が微妙に違うんだとか。

深い意味はないです。



・東郷美森
chara2_img2.png
「私、いつも友奈ちゃんに守ってもらってた
         だから、次は私が勇者になって 友奈ちゃんを守る!」
「――友達だっていうなら 助けてって言ってよ!」


讃州中学二年、4月8日生まれのAB型。勇者服のモチーフは朝顔
全キャラクター中屈指のぼたもちを装備している。
武器は銃。
「世界で最もカッコいいと思っているモノ」からとってシロガネという名前を付けている。
百合界隈でもかなり珍しいスキル、未亡人属性持ち。

基本的に性格は真面目で頑固、委員長気質な優等生。
これでも小学生の頃よりははマイルドになって、あらあらうふふ系になられた。
実際に小学生の頃よりはボケに回ることが多くなった。

しかしそれでも思い込んだら一直線という
真面目キャラ特有の視野の狭さと融通の利かなさは健在。
余裕があると見せかけて心に余裕は全くないキャラクター。

かなりの多才で努力家でもあるが、文才はあまりない。
二年間の車いすのブランクを感じさせないほど運動神経も良い。
また本編中で明言されるほどの美少女でもある。ちなみに高身長。

ちなみにかなり運動神経は良いはずなのだが
どのゲーム媒体でも車いす時の移動方法が採用されてぴょんぴょん飛ぶ  可愛いよ東郷さん! 友奈ちゃんも可愛いわ!
【花結いのきらめき】でも移動速度はかなり遅く、頑張ってぴょんぴょんする彼女が見られる。
なのに運動会イベントではむっちゃ俊足を見せつけた。もう走らせてあげて

行動力の化身であり、才能と合わさって暴走すると手が付けられない。

どのくらい手が付けられないかというと
喧嘩の相手が大人や国家を通り過ぎて神様なくらい
こいついっつも神様と喧嘩してんな。

好きなものは国防と友奈。国防が好きってなんだよ。
護国思想に溢れており、海外文化に対して否定的。右翼かな?
第二次世界大戦中の日本軍のステレオタイプみたいな感じというと分かりやすい。
もっともこの世界に外人は存在しないので
東郷さんは外人を見たことがない…はずなのに。何と戦ってんの? 神様よ

日本文化を愛するあまり西洋料理を作るのを嫌がったり(友奈が頼めば作る)
海外の文化を無理やり日本語訳して流布しようとしたり(ネーミングセンスのなさから失敗)
横文字を使うことを嫌がったり(でもパソコン関係は無駄に強い)

日本文化オタクっていうのが正しい表現カモ。
ちなみにこれでも小学生時よりマイルドになったんやぞ。

勇者であるシリーズの影の主役。

勇者でありながら巫女という特殊な素質も持ち合わせた唯一無二の存在。
なんでも勇者と巫女の素質を持つ者は救世主になるとかなんとか。
キャラ設定だけなら友奈ちゃんよりはるかに主人公してる。

アニメでは巫女要素はちょろっとしか活躍しないが
【花結いのきらめき】では巫女要素が大活躍している。ぜひプレイしてね!!

友奈ちゃんに対する思いは友愛以上恋愛未満?

「誰かに恋してる人ー?」という質問に一応答えない。うっそだろおまえ?
ちなみにソシャゲ版では「友奈ちゃんにウエディングドレスを着させてほしい!(結婚したい)」と
かなりはっきり断言している。なるほど確かに恋じゃない。通り過ぎてる。

実際にアニメ版だとこのあたりの描写は友愛ギリギリいっぱいラインに抑えられている
友達を思うからこそ友人の家に不法侵入したりしているだけである。

アニメの描写だけだと物足りない人は
関連書籍や【花結いのきらめき】をぜひプレイしてほしい。ヤバいってレベルじゃねー

東郷さんが友奈ちゃんに心を開いたきっかけは
車いすでの新天地での生活に不安を感じていたときに親身にしてくれたから。

この出会いには私の嫌いなクソ組織の思惑があるのですが
出会いはどうであれ二人の絆は本物であることには違いない。

漫画版だと友奈ちゃんの胃袋をわしづかみにして
完全に依存させるまでマインドコントロールしている
またガチで責任とるつもりらしく、本気で将来の事見据えている。やべぇやつ やばくないわ

個人的に一番好きな台詞は「いつも見てる」
アニメの東郷さんは百合度は抑えめだけど
要所要所で愛があふれる声を出すから本当に声優の演技力!!!!!!

まとめると
アニメの東郷さんは顔面最強設定モリモリ受け受けヤバい
漫画の東郷さんはぶっとびすぎ攻めまくりヤバい
ゲームの東郷さんは友奈ちゃんの彼女面強すぎヤバい

以上でOK

ちなみにキャラ紹介で何度か触れた「小学生時」については
次の記事【鷲尾須美は勇者である】のキャラ紹介の時に掘り下げます。


・犬吠埼風
chara3_img2.png
「だめ、だめだ! 樹をおいて……みんなを巻き込んでおいて
         さっさとくたばるなんて出来るわけないでしょ――!」
「知るかぁ!! たとえ神樹様でもね 今回だけは譲れない!!!」


讃州中学三年生勇者部部長、5月1日生まれのA型。勇者服のモチーフはオキザリス

サバサバした姉御肌でみんなの頼れる部長。
両親が過去に起こった大事故の影響で死亡しており妹の樹と二人暮らし。
大赦側の人間ともつながりが深く、勇者の適性がある人間を集めていたり
彼女たちのリーダーをやっていたりする。

性格は上記にもあるようにサバサバした姉御肌。
またかなりの世話焼き体質でありお節介。困っている人は見過ごせない。
特に唯一の肉親である妹の樹ちゃんにはそれが全面的に出ており
自他ともに認めるシスコンである。

『女子力』という新たなパラメーターを設立した張本人で
【花結いのきらめき】攻略ウィキに行くと頻繁にこの単語を見かけることに。
女子力はうどんで磨かれる……実際本当にそれをシステムに盛り込んだのは凄いと思う。

無理やり大人にさせられた少女

だったりする。
中学一年生のときに両親を失い、妹の樹のために家事全般をこなす様に。
【花結いのきらめき】の独白にて心情が語られているが
彼女が大赦の協力を受けた理由は【両親を殺したバーテックスへの復讐】
普段の彼女からは想像もできないようなネガティブな理由だったりします。

というか普通に考えたら両親を殺したバーテックスが憎くないわけないし
割り切れている訳ないんだよなぁ。
本人はそんな自分を『立派じゃない』と卑下しています。

また本人の戦う理由が復讐だったからこそ
勇者システムの真実に直面した時の自責の念は凄かったでしょうね……。

自己犠牲タイプは自分か傷つくことより他人が傷つく方が何百倍も辛いのです。

暗い話はさておき
風先輩と言えば女子力であり、恋バナ大好きマンだったりしますが

本人は恋愛不器用のヘタレで奥手の乙女

風先輩は見た目よし、プロポーションよし、家事よし、器量よしと

はっきりいってケチのつけようがない良妻賢母

モテないほうがおかしいと思うのですが
そこは中学生であると言うことと、本人のサバサバすぎる性格から
おそらく男子生徒からは「いい友達」くらいにしか思われてないのかなって。節穴どもが!!!

固定カプが多いゆゆゆいの中でも固定の相手が一応いないキャラクター。
だがその交友関係の広さとスペックから
友奈ちゃんに次いで運命の赤い糸をぐちゃぐちゃにしている問題児。

男には惚れられないけど、女からはガチに惚れられる。
しかも彼女に惚れる人間はのめり込む傾向が強い。
300年前の人間の運命の相手とかいうよく分からない業も背負ってる。

ちなみに私の推しカプは
後々紹介する古波蔵棗さんと風先輩のカプやで。
ソシャゲ版では熱烈プロポーズされて一回受けたことがあるうえに
最近では満更でもなくなってきている風先輩が見れる。              お姉ちゃんは渡しません。

本当に、ゆゆゆいプレイしてほしい。

アニメ版の彼女候補はあとで紹介するにぼっしーこと
三好夏凛かな?
姉妹百合なら樹ちゃん。イレギュラーで友奈ちゃんなどなど。

風先輩はそろそろ、誰を彼女にするのか選んだ方がいいと思うの。
刃傷沙汰に発展する前に……

非情に安定感のあるキャラクターなのでどのメディアでも性格がブレない。

まとめると
アニメ版が一番落ち着いていて年相応でかなり真面目。
漫画版は茶目っ気が強めでおおらか。若干ポンコツ。
ソシャゲ版は便利なキャラのためか出番が多く、ギャグからシリアス、乙女まで幅広くこなす。


風先輩推しはソシャゲ版やって損はなしです!!
ていうか乙女風先輩可愛すぎなんだよもおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!

乙女モードの時の風先輩、本当に年相応の中学生って感じで
ああああああもおおおおおおおおおおおおおお!!!! 可愛いんじゃあああああああああ!!

・犬吠埼樹
chara4_img2.png
「もし…もし私がお姉ちゃんの後ろに隠れてる私じゃなくて
                          隣を一緒に歩いていける私だったら」
「みんなで守りましょう! 友奈さんが帰って来る、この場所を!」


讃州中学一年、12月7日生まれO型。勇者服のモチーフは鳴子百合

気弱で自信のない性格から小動物を連想させるものの
全勇者のなかでもトップのメンタルを誇る、我らが頼れる突っ込み役。ややSっ気。
闇の錬金術師だった時期があり
同じくシリーズ屈指のメンタルを誇る長野県民に消えないトラウマを植え付けた。

姉が露骨すぎなシスコンなので隠れているが
百合界の伝統「姉より妹のシスコンの方がヤバい」のルールはしっかり守っていて
樹ちゃんのシスコンぶりはある意味で風先輩よりヤバい

犬吠埼姉妹の日常シーンはそれだけで泣けてくるよね……。尊い……。

趣味は占いで、わりと恐ろしいレベルで未来を暗示したりしている。
思うに、樹ちゃんも微妙に巫女の素養があったんじゃないかなって。
むしろ暗示的には東郷さんよりずっと未来予知してたような。

女子力の高い姉に反してプロポーションは女子力低め。
胸の大きさが全てじゃないよいっつん!
本人も凄く気にしているそぶりがあるが、胸が全てじゃないさいっつん!!

姉がモテモテのふらふらなのにたいして
樹ちゃんはこう見えてお姉ちゃん一筋。やはり妹の愛は重い。

しかしミーハーなところもあり
格好いい上級生である古波蔵棗さんにきゃーきゃー言ってときめいている。
もっとも棗さんが風先輩に迫ったときは「例え棗さんでも許しません!」と立ちふさがった。

樹ちゃんで個人的に好きなカプはにぼいつ。
にぼっしーは樹ちゃんに凄い甘いんだよね。優しい。優しい。
そこがすっごい好き。誰か私を理解して。

樹ちゃんは本当にカプの幅があまり広くなくて
お姉ちゃん一筋感が凄い。
お姉ちゃんは赤い糸をひっちゃかめっちゃかにしてるのに……。

真面目そうに見えてもやはり姉妹なのか
おだてられると調子にのりやすい。
また末っ子体質なので頼られることに憧れがあるのか
ゆゆゆい世界では小学生組に頼られて生き生きしてる。可愛い。      可愛い。

二次創作をする人は、取り合えず樹ちゃんを出しておけば話をまとめてくれるよ。
困ったら樹ちゃん、これは豆知識である

この手の気弱系はメディアミックスで化けるのだけれど
樹ちゃんもこの傾向が強い

まとめると
アニメ版は気弱ながらも芯が強く、一生懸命姉を支える可愛い妹
漫画版も基本的にはキャラは変わらないが、若干黒さが強調されている。あとちゃっかりしてる問題児。
ソシャゲ版は万能ツッコミキャラ。精神的にもかなり成長しており性格がやや姉に似てきている。
      最強のメンタルを武器に、ちょっと強引に他人を励ましたり次期部長の片鱗が見える


個人的にはアニメ樹ちゃんの健気な感じがツボ。
アニメ一期終盤、風先輩を抱きしめるシーンの樹ちゃんの表情がほんとツボ。
そのあとも懸命に戦い続けるし。
皆が心が折れてる時でも、樹ちゃんだけは絶対折れないのほんと勇者。


・三好夏凜
chara5_img2.png
「讃州中学二年 勇者部 三好夏凜の実力だぁー!」
「一世一代の大暴れをよくと見よ!」


讃州中学二年生、6月12日生まれB型。勇者服のモチーフはサツキ? 
大赦から派遣された自称、完成型勇者。
ストイックな性格をしており自信家で自尊心も強い反面
人から優しくされると手首が捩じ切れんばかりに手のひら返しをするツンデレちょろイン

勇者部シリーズでも数少ないツッコミ役だが
生い立ちや性格の関係でやや常識がズレているところがあり
本人が意図しない形でボケに回ることが多々ある。これぞ完成型……。

常に完璧であろうとする彼女だがむしろ出来ない事の方が多い。
周りから煽られたりした結果無理に頑張ってよく爆弾を爆発させている。

彼女が完璧にこだわる理由は
自分が勇者になるにあたり、多くの勇者候補生たちを踏み越えたこと
そして最後まで争ったあるとある人間が凄まじい完璧主義者だったこと
こういった部分に対する彼女なりの責任と重圧から来るものである。

心根が非常に優しい彼女も自己犠牲型だが
育った環境や本人の不器用すぎる性格から、優しさの表現方法が乏しく
本人自身も周りに上手くなじめないことをひどく気にしていた。

過去に猪突猛進すぎて怒られた勇者がいたのだが
彼女もそういった血をどっかで引いているのかよく一人で突っ込んでる。
武士っぽい部分などなど、もしかすると過去の英雄の因子を少しもってるのかも。

超絶惚れっぽい体質は直した方がいい。

自信家で自尊心が強いわりに自己肯定感は低いのか
他人から優しくされたり褒められると凄い勢いで尻尾を振ってしまう。             可愛いよ夏凜ちゃん!
でも素直じゃない性格でもあるので物凄いツンデレになる。
300年前の素直じゃない女からも「お前は節操がなさすぎる(意訳)」と言われるレベルで
全方位にツンデレをぶちかましている。
まあそれを言った女も大概なツンデレなんですけどね。ツンデレは死ぬ直前まで治らない。

どのコンテンツでもツンデレキャラだけれど
ツンの塩梅が難しいのか【花結いのきらめき】だとライターによって微妙に性格が違う。

まとめると
アニメは寂しがり屋の不器用さん。覚悟を決めたあとの格好良さは異常。
漫画はツンデレ。とにもかくにもツンデレ。受けっぽさが強調されている
ソシャゲ版はキャラが安定してない。時々「ん?」って時がある。
    基本的にはツッコミ役だけれど、チョロさも増し増し。


主なカップリングとしては喧嘩相手の風先輩、その妹の樹ちゃん。
そして勇者部になじむきっかけになった友奈ちゃんに、その恋敵?の東郷さん
あと勇者システム繋がりで乃木園子……

勇者部全員じゃねーかおまえ!!!!!

さすが完成型、マルチカップリング対応。
ちなみにライバルである芽吹さんから壁ドンされたことがある。可愛いよにぼっしー。


・乃木園子
chara15_img2.png
「――どういう結論を出しても、私は味方だからね」
「人を……信じてくれませんか!?」


讃州中学二年生8月30日生まれO型。勇者服のモチーフは睡蓮。
文武両道才色兼備にして乃木家と呼ばれる大赦トップのお家出身の超お嬢様にして伝説の勇者。
作中最強とはっきりと明言されたキャラクターであり、ダークホースと呼ぶにふさわしい。 え~?
しかしふたを開けてみれば、友達との日常を大切に思う一人の少女に過ぎない。

ひらめき型の天才で、性格は非常にマイペース。なぜか蟻の行列が気になる系女子。
文才があるらしく、中学生にしてプロ顔負けの小説をバシバシ出してる。クソ羨ましい。
というより多才な東郷さんをして「彼女に出来ないことはない」と言わしめるほどの超絶天才。

そんな彼女ですがツッコミの才能はあまりないらしく
本人も「ツッコミは苦手」と他のツッコミキャラに泣きつくことがある。

恋の赤い糸を滅茶苦茶にする諸悪の根源代表

他キャラが無意識にぐちゃぐちゃにしてしまうのに対して
彼女の場合は意図的に行うので始末の悪さは群を抜いている。
さらにそれをネタにして小説を書こうとするのでまさにどS。
ちなみにこれは【花結いのきらめき】限定で、アニメ本編軸だとそこまで過激なことはしていない。

破天荒で奇抜なことをする彼女だが「大丈夫と分かっていてやっている」だけであり
その行動の多くは計算されたものであることがうかがえる。
そのためか予想外の展開に弱いようで、本物の天然が暴走した時は無茶苦茶慌てていた。
行動力お化けの東郷さんが暴走したときのストッパーをやったりもする。

予想外の展開に弱いと言ってもほとんどのことは予想がついてしまうため
彼女を慌てさせるのは至難の業である――というか、彼女が慌てる事態は他の人間も慌ててる。

作中でも屈指の道化師であり
天然な発言の何割かは装っているだけだと思われる。
自分の心情を吐露することが滅多になく、喜怒哀楽の怒哀は殆ど見せない。
他の面々とは少し違う自己犠牲型。
辛い情報や悲しい事実を先回りして把握し、他の面々が可能な限り傷つかないよう一人で抱え込みがち。

大赦の考え方についてもある程度理解を示しており
隠ぺい体質にかんしても「一つの優しさ」と表現する。
頭が良すぎるゆえなのか、大人すぎるというべきか、聞き分けが良すぎるところが多々。

そんな彼女ですら大赦の愚策にはいい加減愛想が尽きたのか
アニメ二期後半ではもはや庇う素振りすら見せず、大赦と真っ向対立を決意。
ていうか菩薩に近い乃木園子をキレさせる大赦は本当にヤバいと思う。 おこだよ~

友人たちとの日常を心から愛しており、そのためなら割と凄い無茶を平気でやる。
具体的に言うと仮想世界もどきなら作れる。この人怖い
色んな意味で目を離してはいけない少女。

けれどもその行動の根底にあるのは
あくまでも自分の大好きな友人たちの幸せのためなので
多少の暴走は大目に見てあげてください。

そんな語りだしたらそれだけで一記事になる乃木園子さんですが

カップリングが物凄い組みにくい。

理由は
・心情を語らない
・心情が表面に出ない。だから誰に何を想ってるか凄い分かりづらい。
・本人が周りの幸せを優先して単独行動をとる
・行動がトリッキーすぎて予測不能
・彼女候補全員に既に彼女がいる
・重たすぎる設定の彼女を支えられる人間がいない


とまあ、こんな感じ。

なんていうかこの子って凄い幸薄タイプ

ていうか、悲恋が尋常じゃないほどに合う

天才型はあ! 何故か悲恋と相性がいいぃ1!! いやあああああ!!

私としてはそのっちは物凄い百合の可能性を秘めているので
早く公式で彼女とペアになる子を決めてあげて欲しい。

これほど百合的に美味しいキャラはいねーべさ。

カップリングを組むのも難しいが
その性格からかコンテンツに寄ってほんっと性格が違う。

アニメ版はたぶん一番大人しい園子さん。はっちゃけレベルも常識的。
     時々悲壮感や影がちらつくというか、一番大人っぽい。
漫画版は一番無双している園子さん。基本的に無敗。全てを分かっているキャラ。無敗。
ソシャゲ版はアニメと漫画を足したような感じ。漫画ほどはっちゃけてないけど、アニメほど落ち着いてない。
       策士、策に溺れるで本気で慌てる園子さんが見えるのはここだけ。


個人的に私はアニメの園子さんの性格が一番ツボかも。
まあアニメはとにかくシナリオが重いので、常に真面目にい続けないといけないから仕方ないね。



以上、讃州中学勇者部六名の簡単な感想と紹介でした。

追伸

ブログの感想の書き方完全に忘れててあかん。
ていうか一人一記事で紹介すればよかった……
書きたいことの十パーセントもかけてへん……もうまぢやだ。。。

追伸の追伸

明日は【鷲尾須美は勇者である】に登場する三人の勇者の紹介。
三人だからたっくさん殴り書きするぜするぜ。
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/513-6dc7b3b0




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。