シノハユ感想と白糸台と新道寺は寮生って情報に驚く

眼鉄です


咲-Saki-の作者で原作者である
小林先生のブログが更新されてました

ところで小林先生身体大丈夫なんでしょうかね。

あぐり先生はドラクエで頻繁に目撃情報が。相当すごいらしい。


というわけで小林先生のサイトが更新されて

色々な小ネタや情報が公開されてます
あとシノハユ一話も観ましたが


内容がヘビーすぎて吹いた。


簡単に言うと
主人公のお母さんが蒸発しちゃうよ


思うんですが


咲-Saki-の物語って『別れ』が基盤にありますよね。


宮永さん→家族が別居、お姉ちゃんも東京で魔王と化す

穏乃→子供麻雀クラブのメンバーが散り散りになる

白築さん→お母さん蒸発、おじさんのところで育つ


普通物語って出会いから始まるもんですが


咲-Saki-の話って離別から始まり再会するために進んでいくって言う


少し不思議な話の作りになってますね



再会したい誰かのためにいろんな人と出会っていくって素敵ですね


まあそれにしても今回はヘビーだったw


何だかんだほんわかした雰囲気の始まり方するのに
今回ひたすら胸がいてぇww


そういえば我らがはやりんの小学校四年生時代が露見しました

今回の主人公白築さんと同学年での登場です最年長なんて言わせない!


とにかく人間関係ベリーハードモードでスタートしたシノハユ


ただすぐに百合百合し始める気がしてならないので
今後に期待です

ガンガンの雑誌って種類多すぎですよ、ほんと。




あ、話が戻って申し訳ないのですが



新道寺は寮生で、しかも哩姫は同室のルームメイトだそうです



寮の風紀が乱れる!!!!


これはもう、あれだろ


これは絶対一線越えてるコースだろ!!


哩姫のコンボがプロでも破れない理由が判明しましたね
なるほど繋がり(物理)と繋がり(メンタル)の合わせ技


小林先生はこういう情報をさらっと流すから恐ろしい


白糸台も寮生ということで妄想が広がりますね。


あと小林先生は卑屈になり過ぎだよ!!
他人のイラストだけど原作者小林先生なんだから大丈夫だよ!

小林先生の小動物っぷりは未だに顕著なようです


追伸

白築さんのおじさんの名前がリチャードソンってインプットされた


リチャードソン、インパクトあり過ぎ



スポンサーサイト
[ 2013/09/25 22:15 ] 咲-Saki- | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/60-275d051a




ブログパーツ