スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

百合男子考察(リサイクル)

 眼鉄です

前のブログに書いた百合男子考察的なモノ

なんかの考察やるとき昔はこんなこと考えてたんだな的な


さささ、再利用ちがうよ!



考えとしては前に書いた通りですが

全然関係ないんですけど
倉田先生背景すげぇ書きこみますよね。

正直内容より背景の方に目が行ってしまう。


以下再利用

 最近百合といえば?で良く飛び出してくるのが「百合男子」

「百合姫でやる必要性はないけど百合姫じゃないと連載できない」という
面白すぎるジレンマとともに誕生した
作者と編集者の経験談に基づくお話なのですが


下手に体験したこと、思った事を描いているというキャッチ―があるので
誤認されがちなのですが


これは啓介君の成長物語です。



「百合男子」は作品としては面白いのですが
ちょっと最近作者と編集の思考が入り込み過ぎなのと
読み方を間違えると不愉快しか残らない、結構難しいところのある作品です。


面白いんですけどね。
啓介君、もう暗黒武闘会出れるんじゃないかな、戦闘力的に。


私なりに色々書こうかと思います。



■「百合男子」の問題は男性に当てはまる問題




これ、男の人の問題なのよね。



女の人とは悩むべきところが根本的に違います。

「百合男子」の悩みや経験談は非常に興味深い物や
考えさせられるもの、納得させられるものも多いですが


「百合作品」の抱えている問題とは全く別だという事を覚えておいてください。



あくまで読み手、しかも「男性」オンリーの問題です。


百合とはなりにけりなりにけりと戦争しているところに
この作品持って特攻すると確実にフルボッコにあいます


長さをどうやって測るか悩む会場に


体重計持参でやってくるぐらいの場違い感。


ちょっと、単位が違うかな、みたいな。

測るもの、という点では良い着眼点なんだけど
ちょっと、単位が違うね。
きっと君の力を発揮する場所は、別の会場だと思うんだ。



■「百合男子」が悩んでいる点への考察



1「男の視点」で「女」を見る=ヘテロ的な要素が入り込むんじゃないの?
               異性を見ることへの延長なんじゃないの?
               それは百合なの?

2「百合男子」が「女」を好きになる→女同士のイチャイチャが好きなのに
                  男が乱入しかつくっ付くなんて怪しからんふじこ
                  百合好き失格ふじこふじこ



今本編はもっぱら2について悩んでますね


これについての答えは一言で済みます



ふざけんのもいい加減にしろよ。



もしくは、思い上がるのもいい加減にしろよ。
これでOK。

本編ではちょっと的外れなお叱りを受けてますが。


そもそもこれ


男性を好きになった女性の気持ちを完全に無視してます。



女性を好きになる女性の気持ちを尊重しているように見えますが

結局それも男性が好きにならないという「制約」と「許可」が大前提で
女性が男性を好きになると言う権利を奪っています。


この理論だと
絶対にないとは思うのですがw

「啓介君のことが好きになった女の子」が現れた時

彼は自分がどう思っているとか彼女の思いとか無視して
「女の子は女の子とくっ付くのが一番いいんだ!」という見当違いの理論を軸
その女の子を振るわけです。


こんなひどい話はない。
女の子からしたら「何をいってるだー!」という感じでしょう。


結局、啓介君の一番嫌いな男性本位の視点なんです。


しかも啓介君の言い方だと
「男が引いてやっている」から「女同士がくっついている」みたいなもんです。
男性も女性もかなり「お前は何様だ」と言いたくなるでしょう。
現に、帽子のボーイもかなり厳しく言ってました。そりゃ怒るわ。


そもそも、誰を好きになるかは本人の自由で
啓介君が口出すべき事じゃないんです。


惚れたはれたなんてプライベートなことに
状況を良く知りもしない人間が
趣味と言うこれまたプライベートなことを引っ張り出して
自分の理論を振りかざしながら人を非難するなんて言語道断です。


単純に「啓介君が気に入らない」というだけのこと
(しかも事実関係不明の思い込みをベースに気に入らないだけのこと)



正直、百合好きからしても迷惑です。




そもそも「百合好き」というのは

「異性愛」を排他しなきゃいけない肩書でも
それをしていいという免罪符でもありません。



また仮にあったとしても
それをやっていいのは「二次元」までです。


さらにさらに「百合物語!」とか煽っている、いた作品

また「スト魔女」や「咲-saki-」みたいに「言わなくっても、ねえ?」みたいな
暗黙の了解のある、あった作品


こういう作品で突然、男のハーレム物がスタートしたら
常識の範囲内外で怒ったらいいと思います。
もしくはひっそり、発狂してください。


ただ、例えば
そもそもハーレム物が前提の作品や
視聴者が勝手に暗黙の了解と思い込んでいるだけの作品でやるのは駄目です。

その作品が好きな人にも、百合好きにも酷く迷惑です。
やってもいいけど、一人ひっそりとに、せめてしてあげてください。


啓介君は、それをリアルの人間関係に持ち込んでしまっています。
本編中でも言われますが「現実と二次元を昏倒している」状態です。


啓介君一番厄介な点は
「それが本人たちのため」と思い込んでいるところです。

それは違います。

啓介君がそういう状況を望んでいるだけ『自分のため』にやってるんです。


見たいから、妄想したいからやってるだけです。


それを「百合好き男子とはかくあるべし」というフィールドに持ち込んで
それがまるでスタンダードのように扱ってしまっています。

当然、その理論は啓介君が勝手にそうだと思っているだけのものですから
他者と亀裂が出て当然です。
しかも行動力があるから厄介だw


案外、百合好き同士の喧嘩も、こういう事かもしれないですね。




■俺嫁厨と百合厨


1についての問題は、「俺嫁厨」と深くかかわると思います。

良く聞くのが

「物語の少女たちは、俺とくっ付くことが約束されている。
 他の男とはくっ付かない。
 俺がいないから今は少女たちがキャッキャウフフしているけれども
 その延長線上には俺が居て、俺がいたら俺とくっ付く」



今は女の子同士だけど、まあ俺の嫁だよね、みたいな。
他の男に獲られるくらいなら、女の子同士キャッキャウフフのほうがいいよね!みたいな。


百合を見ているようで、
自分とそのキャラの恋愛事情を透かして見ている状態のこと。


まあ、これこそ「百合男子」特有の問題なんでしょうね。


まあでも、女の子のアレなシーンとか萌えるシーンで
興奮してしまうのは男性として仕方がないような気もします。
脊髄反射で異性と認識するのも、しょうがないよ。


これは私には少し荷が重い問題やもしれない。


言えるのは

物語内の少女たちと自分を関わらせるとか
性対象として意識してペロペロしたりせず

物語内のキャラは物語内でちゃんと完結させて
そのうえで妄想なり萌え萌えしたりするのであれば

それは百合好きでいいようにも思います。


キャラ単体人気投票より
カップリング人気投票の方がウレシイヒャホーーーイとか
そういう人ならいいんじゃないかと。


もしくは


読むとき、自分の性別を忘れたらいいんじゃない?



そもそも百合作品において、読者は作品内立ち入り禁止です。
女性だろうと例外じゃないです。

どうせ必要なのは自我と意識だけなんですから
いっそ、自分の性別忘れたらいいんじゃないだろか。


啓介君自身は
そのカップリングに対して割り込んだりは特にしてないようです。

それでも「男の俺が見ていることがいや!」というのなら
もう自分の性別忘れて空気になれ、としか言えません。


また、男だろうと女だろうと


覗いて萌え萌えしてるのは一緒ですよ。




私思うんですよ

異性愛っぽくなるのが嫌なんじゃなくって

そのカップリングを一番侵害する可能性が高いのが男性
っていうだけなんだと思います。

だから余計に嫌に感じるんです。
無理やり割り込む、社会的采配で割り込む
色々考えられますね。

後味の悪いパターンと言う意味でトップに来るのが
単純に男性なんだと思います


でもそれなら、女性だって似たようなこと言えると思います。

私は竹井さんを見るとドキドキmyハートします
私、竹井さんと脳内でカップリングしてドキドキランド築いているかもしれません。


私女ですけど


これ、俺嫁の人と何が違うの?




女同士だからOK?


物語外の人間がキャラ引っ張り出して脳内でキャッキャウフフ
他のカップリングとくっ付くのはあり得ない!って言い出すかもしれませんよ。

もしくはメアリ・スーみたいに無双し始めるかもしれません。


一緒なんですよ、結局は。



ただ今までの物語での可能性とか
オタクにおける男女層とか考えた結果
「男」とくっ付く可能性が高い=嫌という意識があるように思います。


俺が邪魔、なんて悩むことないと思います

そもそも、物語にお前の居場所ねえから。
ついでに私の居場所もねえから!!


俺は二人の恋仲を妄想するのが好きなんだ!!と思うのなら
自分の性別なんて忘れるべきです


妄想される側からしたら

男女どっちでも相当嫌です。



とまあ、色々書きましたが
別に批判している訳じゃないです

だってこの物語


成長物語なんだもの。




途中経過で主人公が間違ってて当然です。


啓介君の物語ですから

二巻の帯にも書かれていたりする。
それ以上にインパクトのある、男……!
実は彼も結構好きです。


何度も言いますが、これは啓介君の成長物語です。

作者と編集も最近ちょっと疑わしいのですが

「百合好きとはなんなのか」という問題に切り込んだ作品でも
それを考察するものでもありません。

体験談と入っても「あくまでクリエイター側の個人的体験」だということを
どうか忘れないでください。


そうやって割り切って読むと
この作品どれだけ吹っ飛んでるかが分かります。


ていうか、倉田先生普通にいい百合作品掛けるんだから
こんな変化球無理して投げることないと思うんですが……
スポンサーサイト
[ 2013/10/13 20:38 ] 百合妄想、考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/71-2471cd38




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。