スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

信長のシェフ 8巻感想

 眼鉄です

買ってきた本の感想

今日買ってきたのは『信長のシェフ』の8巻


信長のシェフ 8 (芳文社コミックス)信長のシェフ 8 (芳文社コミックス)
(2013/10/16)
梶川卓郎、西村ミツル 他

商品詳細を見る


『信長のシェフ』のあらすじはいつものようにウィキペディア先生から


全巻までのまとめ

間者の楓が敵の本願寺にスニーキングなう
ようこさんの下で働くことに

そんな本願寺との一時的な和睦のために料理を振る舞うことになったケンだが
本願寺の顕如は、そこで出す菓子に毒を盛れとようこさんにお願いする。


ダイタイソンナカンジー


単行本一冊分を上から下まで乾燥するのは骨なのでざっくりとした感想と紹介

ネタバレ有りなので折々します




ケンが和睦で出した料理はフランス料理フルコース
戦国時代にも関わらず西洋料理に精通するケンならではの御もてなし
ケン万能ってレベルじゃない。

対して顕如策略有で出されたお菓子は

にくずく
肉豆蒄――ナツメグのマカロンです

このマカロンを食べて信長は極楽なうしてしまうわけですが
この良く知られており料理に頻繁に使われるナツメグを食べてなぜ?って感じです

ケン曰く
このマカロンは一個に対して尋常じゃないほどのナツメグが使われているんだとか

調べてみました
参考元は俺たちの愛人、ウィキペディアさんです↓


低量では特に問題はないが、生のナツメグを多量(約10g以上)に摂取すると中毒症状を示す

これは、生のナツメグにはモノアミン酸化酵素阻害薬および
精神活性物質であるミリスチシンが含まれているためである。

ミリスチシンは痙攣、動悸、嘔気、脱水症および全身へ疼痛感を引き起こすほか、
強力な精神錯乱状態を引き起こすことも報告されている。

過去には堕胎薬としてナツメグが使われたこともある。幻覚症状が現れ出すのは5gからという。
ヒトでの死亡例は稀であるが、
8歳の子どもと55歳の大人の2件の報告がある(後者はフルニトラゼパムとの併用に起因)。
生のナツメグには、ミリスチシンとエレミシンに起因する抗コリン薬様の症状を引き起こすという症例報告がある

参考元URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%83%A1%E3%82%B0


葱もそうですけど
この手の調味料系は結構害になるものが多いのねん。

信長は顕如とようこさんタッグの軽やかな話術により
必要以上のナツメグを摂取してダウンしてしまいます。

ケンの応急処置により顕如の思惑を回避し
(信長が倒れることによって織田勢力の士気を下げる大作戦だった)
その後、信長の手により、投げたブーメランが見事顔面衝突する事態となります。


和睦終了後

食べることは生きることであり、絶対に毒は盛らないという信念を持つケンは
人に害を与えると分かっていて作られただろうマカロン制作者にマジ切れします。

ようこさんに対して「心から軽蔑する」と言うケンに対して

ようこさんから痛恨の一撃
「私たちはあんなにも愛し合っていた」宣言を受けてしまいます
凄いカウンターパンチだった。顎下モロ入ったんじゃなかろうか。

ていうか、前のお菓子勝負の時はろくに話が出来てなかったので
これが初会話かと思うと凄くしみじみしますね出来るか!

これにはスニーキングなうだった楓もびっくりですし
記憶喪失のケンは輪をかけてびっくりしてしまいます

泣いて飛び出して行ってしまうようこを追いかけようとしますが
我に返った楓により追い返されてしまいます。

まあ色々超展開だったから
周りの人も惚けちゃってもしかたないよ


しかも修羅場とは重なるもので
このとんでも発言を今のケンの思い人であう夏ちゃんに訊かれてしまいます


ケンはもうお祓いとか行った方がええんじゃないかなって。


THE 気まずい雰囲気

ケンの年齢を考えれば、所帯をもっててもおかしくなかったはず
どうしてその考えを持たなかったのか、と夏ちゃんもケンとの関係の在り方を考えます。

ケンには帰るべき場所があるのでは。

そんな気まずい雰囲気で中々会えなくなった二人
そこに蘭丸が「ケンは戦場に行く、二度度会えなくなる可能性だってある」と二人の背中を押します

蘭丸さんかっけーっす!

ついでに蘭丸はどうも夏ちゃんが好きらしい
貴様、年上趣味か

背中を押されたことと開き直りでケンの自宅に押し掛けたところ
ケンを拉致しに来た武田軍に捕まってしまします

その後、自宅に帰ってきたケンと武田軍鉢合わせ

そして連行されることに。

武田信玄にケン抹殺を命ぜられた家臣の秋山信元は
ケンを殺すことに一抹のためらいを感じます

そこで伝家の宝刀「料理を作らせてください」により
ケンは秋山が何を迷い、自分に何を期待しているのかを考えます。


作った料理はゲコゲコ蛙を使った明風のおかゆ

私この作品を見て知ったんですけど
武田信玄って明に精通してたんですね。

大お館様がよくいう明風という単語に秋山氏も惹かれます

そしてケンの「明では食事を薬とし、病を料理で治すという考えがある」と伝えます

武田信玄と言えば志半ばで病死が有名なだけあって
秋山氏がケンに抱いていた迷いとはコレでした。

というわけでほとんど強制的に甲斐に二人は連行されてしまいます。
まあ、殺されるよりはましである。


そこで料理を作り武田信玄に気に入られたケンと夏ちゃんは
それ相応の対応ということで、かなり立派なお屋敷が設けられることに

そこに尋ねてきた信玄の息子、勝頼さん。


尋ねてそうそう夏ちゃんにロックオンモード気味


かっちゃん……。

その後、頻繁に屋敷に赴いて服をプレゼントしたり
何でもいいからお前のこと喋れと夏ちゃんの情報を聞き入れていきます

かっちゃん、ガチ本気じゃないっすかw

かっちゃんのいいとこ見てみたい!

具体的な日時は分かりませんが
ケンがいない時を見計らって毎日来てるんじゃないだろうか

かっちゃんwwwwwwwwwwwwww


ちなみに親父への根回しもしているらしく
拒否られても決してくじけません、かっちゃん!


本人いわくカリスマ性のある親父が重荷になっており
どうやって親父を超えたらいいのかと悩んでおりました。

武人として負けているつもりはないが
生まれ持った品格だけはもうどうしようもない
真似すればするほど親父の粗悪品になっていく自分

彼の葛藤をぶちまけるわけですが
対して夏ちゃんは「勝頼様は勝頼様にしかみえないよ」と答えます。

男の欲しい言葉を言ってしまうことに定評のある夏ちゃん


何気にモテモテです。


俺と一緒に生涯を過ごすのだ――とまさかのプロポーズをされる夏ちゃん


そういうことするから小物っぽいんだよかっちゃん!


当て馬オーラ全開だよ!
かっちゃん、それ負け戦や!

しかも父親の許可を経て強制的に夏ちゃんにプロポーズ
かっちゃん! そういうところが当て馬っぽくなっちゃうんだよかっちゃん!

時代的には別になんら変なことではないのですけどね。

話として観ると今後完敗するオーラ全開のかっちゃんに幸あれ。

武田勝頼という人間は確かに多くの人の中で武田信玄に隠れているのですが
この漫画を読んで、私のなかでの勝頼氏への好感度がうなぎ上りです。

今後のかっちゃんの活躍に期待。


ケンは話が違う!と言うのですが
自分と夏ちゃんとの関係はなんでもないだろうと言われて黙ってしまいます。

ようこさんのこととか平成のこととか色々考えに考えた結果
「夏さんの安全が保障されたことにする」と自分を納得させます。

そのうえで、自分が甲斐でして来たことのけじめをつけにお料理に向かう事に。

そういえば信長はこういうことしないですね。
無理にくっつけさせたりとか急かしたりとか。

ていうかこういう事態になったら勝負して決めろ、とかいいそうです。
あの信長は。


信玄の元へ向かったケンは
自分の料理では病気を治すのは不可能だときっぱり言います

対して信玄は、初めから自分が信長を討つのは無理だと分かっていると伝えます。

生まれ落ちた土地から京への距離や環境

そして、仏や神に愛されている信長

そういった面で、自分自身が勝つのは難しいと分かってたんですね。


というわけでかっちゃんに家督を譲るでござる。
生きている限りで信長を弱体化させるから、お前が討てと命じます。

そんな話の中でケンは動揺します。
信玄が生前に家督を譲っていたのが、歴史として正しいのかどうか分からないからです。

自分が関与したことで歴史が変わってしまったのではないかと不安になるケン。
その結果徳川が滅亡し、信長が討たれ、室町幕府が復興する。

一体どうしたらいいのかと悩むケンの元に
信長から一本の包丁が渡されます

そこには夏ちゃんの名前が彫られていました。

というわけで8巻終了

今回は恋愛ドロドロって感じでしたね。

しかしこの状態でケンはどうやって信長勢力に帰るんだろう。
次巻が楽しみです

あと本当にかっちゃんが夏ちゃんを侍女として迎え入れられたのかも気になります。


追伸

今回一番おいしそうだったのはマカロンかな。

ナツメグが大量にはいってたけど
スポンサーサイト
[ 2013/10/23 20:30 ] その他の感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/79-e8323396




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。