スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

八神部隊長のカップリング運のなさについて考察その2

眼鉄です

八神部隊長カップリング運のなさ考察その2

前回同様リサイクル編です。

もうリサイクル企画とかでいいんじゃないだろうかね?


というわけで折々
 その1の記事にて

トラブルメーカーキャラ(+変態ネタ系キャラ)になったのは分かりましたが
それでもカップリング運がないのとは結びつきません。

もう少し色々掘り下げてみましょう。


そもそも、こういうトラブルメーカーで破天荒なキャラと言うのは


攻めの性質を強く持つ要素でもあります。


百合にとって受け攻めなんて関係ないんじゃないの?
ノンノン、甘い甘い。

襲い受け、誘い受け、ヘタレ攻め、俺様攻めなど

シチュエーション重視の二次創作において
ドチドチシーンになだれ込むときの受け攻め要素は非常に重要です
二次創作に限らず、萌えにも影響するところ。

そういう場面になった時、キャラがどういう動きをするのか

これって実はすごく大切なことなんです。


色々みるといかにも押せ押せで相手を押し倒していきそうな
そんな楽観的攻めキャラっぽい部隊長ですが

でも八神部隊長


装飾を除いた性質自体は凄く受けキャラなのです。


・初期家庭環境、身体状態が絶望的
・楽天的、前向きな性格をしている
・忍耐強い、我慢強い、辛さや悲しみを他者に悟らせないようにする
・責任感が強い
・初代リインフォースと死別
・初代リインが死んだことで生き急いでいた(StS)
・就職先上層部にかげ口バッシバシ言われてた(StS)



八神部隊長は
過去の癒えない傷、罪をたった一人で背負い
辛さや苦しさを我慢して隠して明るく振る舞っているキャラクターとも言えます。

また他の皆が動きやすくなるために
細々とした問題などもついでに背負ってたりもします。

ASからそうですけど、StSでも初期環境の最悪さは相変わらず


上手く立ち回ろうとするのも、楽天的前向きなのも
置かれた環境の悪さに対する彼女なりの防衛策なのです。

そのせいで彼女は
意図せずして精神的に大人にならざる得ない状況になります
それがあのなのは様並の悟り具合にまで発展したんじゃないのかと

リリカルなのはシリーズ一番悲しい部分は
子供が子供でいられないことかもしれませんね。


これは明言されていない勝手な推測なのですが
八神部隊長は結構、ひと肌恋しい人なんじゃないかと。

両親と初代リイン、三人との死別を幼少期にこなしてます。

特に初代リインに関しては
その後の人生左右するレベルの傷が残りました。
こと『家族との死別』に関して恐怖心があってもおかしくないんじゃないかと
誰かと親しくなるたび死別に心苦しむ、美味しいです。


とまあネタはさておき
こんないい設定があるんですけど


重たいんですよね、凄まじく。



で、その重たさを支えられるキャラクターが
残念ながら八神部隊長にはいないんですよね。

二代目リインは幼さが際立ちます。
そもそも初代の事件後に生まれた存在ですし
未熟な所があったりなかったりで
とても八神部隊長のこの重たさを支えられないどころか
むしろ八神部隊長の保護対象。
しかも結構あっちこっち飛び回って、重要場面でいなかったり寝てたり。
なんでなのよ……


守護騎士面々は立ち回りの面で完全に負けちゃってる。
八神ディフェンス、突破できません!!
あと職場の風当たりの原因が当人たちなので
尚の事八神ディフェンスは強固なものになっていると思います
ヴィータちゃんとシグナム姐さんが最有力でしたが

シグナム姐さんはStS後に女作って帰ってきて
ヴィータちゃんは安全鉄板をギリ維持しつつも
なんかあれ?なのは様の方に引っ張られてね?という疑問と
やっぱり八神ディフェンスが越えられない。

あと補佐役として常に一緒に居られないのも痛い。
むしろなのは様やテス子との時間の方が長いってどうなってんのよ。

それから、彼女たちは「老いない」という設定を
オイシイと取るか難しいと取るかでも判断が別れそうです。


唯一、一緒に居れそうなのがなのは様とテス子
映画でもラストは一緒にいてくれましたし。
部隊長の内に凄い傷があるというのを知っている面々なのですが

もう、この二人に関しては、言う事ないんじゃないかなって……

myワールド形成してるし、ほとんど結婚状態だし。
妄想ではなんとかなりますけど
公式ではかなりきびちい。


はやヴィなんてのも流行りましたがってまた幼女か!
八神部隊長の幼女ペア率の高さに嫉妬

でも、ヴィヴィオにも彼女みたいなのが出来そうですね、今。


話は変わりますが
そういえばリリカルなのはのゲームの新しい奴をプレイ中なのと
そのゲームのマテリアルメンバー漫画読んだのですが

自分のコピーにまで彼女出来ててワロタ


ワロタ……
コピーには彼女出来てるのにオリジナルときたら……泣けてきた……


聖王協会のカリムや緑さんってのも一つの手ですが
あんまり本編に関わらない、プラスで急にちょっと出来たキャラ
さらにいうとこの人たちも何考えてんのか分かんない上に
むしろカリムさんと緑さんでくっつきそうな勢い。


色々考えていくと


初代リイン消滅が本当に痛かったのがよく分かる。


激痛レベル。

ゲームのアレが正史でいいんじゃないかなって。
マテリアル娘も出てくるし、それでいいんじゃなかなって。

でもあれでも一応、リイン消えちゃうんじゃなかったっけ?
でもまだ状況が違ったはず。

ただゲームのアレの何が悲しいって
王ディアーチェの主人公っぷり。


お、オリジナル……オリジナルが泣いてますよ……

何か心から泣けてきた……もう涙しか出ない……
どうあがいても……



涙をふいて、まあとにかく。


カップリングが少ない理由その1

・八神部隊長一番の萌えポイントをサポートできるキャラが不在


一番おいしいところが上手く動かしにくいというのは
妄想するうえでネックになりそうですね。


続いてもう一つ


・本質の受けのわりに、断片的な攻め要素が目立ち過ぎている。

これが攻めキャラとしてもいまいち動きにくい原因。

攻め要素を重点とするとキャラクターが完全に別人化してしまうので
「これじゃない感」に苛まれるんじゃないでしょうか。

本編中の八神部隊長のまま萌えようと思って動かそうとすると
どう考えても誘い受けとかそっちの方が立ち回りが良いのに

妄想しやすい、動かしやすい要素が破天荒攻めキャラ要素、変態要素なので
いざ組ましてみるとなんか違う。→萌えにくい


萌えやすいキャラなら多少の公式人間関係があろうと
独自の場面設定と萌えシチュエーションで何としてでもイチャコラさせるのですが
八神部隊長の場合、それも難しいんでしょうね……


しかもこの攻め要素自体、本編中の八神部隊長と何か食い違ってる。
如何にも全部わかってて手のひらの上ですよ的なことを
某オヤジさんは言うのですけど
「ちがいねぇ」ってオヤジさんが言っているだけです。
演出上そうなんでしょうけど
八神部隊長の目立つ設定って「周りの評価」が凄く影響しています。


それに実際の彼女の行動は基本裏目と後手
本局に閉じ込められるわ、基本的に戦線には参加できないわ
戦闘参加しても雑魚としか戦ってないわと実は散々。
変身シーンもなかったしな!! チクショォオ
周りの評価と目で見た印象の食い違いっぷりが結構気の毒。


「単独だと弱い」設定捻じ曲げてまで本拠地突入したのは

あくまでメインはヴィータちゃんの見せ場フォローのための強制演出でしたので

その後なにが起こったのかは悲しくて語れない……
背負うものが一個増えました。物理的な意味で。


ドラマCDで心情みたいなフォロー一応入るんですけど
その後の本編での動きにくらべてうーん、なのと
ドラマCDは全員が買うわけではないので一般的に知れ渡らないのです。


強い、策士!って周りからの評価だけで設定が構築されていて
八神部隊長自身の行動からそれが全く読み取れないのも
そういう部分がクローズアップされたとき別キャラ化してしまう原因になってます。


フォースではカッコイイところあったんだよ!
一回お腹ぶっさされて弱い人みたいなこと言われたけど
いいとこあったんだよ!!!!


話のつじつまを合わせるときに都合がいいように
とこどろころ無理な評価を背負わされているのが無念でならない
あと下手に最高ランク設定とかあるから
敵にもう狙われる、上官から色々言われる……


そう、見せ場がほんっとないのが辛い。

StSでも一番の目玉、初代死別のトラウマ、生き急ぎネタも


まじさっくり終わった。


アピールポイントが少ないってレベルじゃない。
アピールするチャンスですらこれである。なぜですだー!
しかも天海さんちの春香さんが如く、割と自己解決しちゃう始末。
春香は千早ちゃんが必死に動いてましたけど
こっちは完膚なきまでの自己解決です、な、なにー!?


初代が八神部隊長と一番相性がいいと思ってしまうのは
このあたりの問題を適当に片づけちゃったのがいけないと思います。

時を経て解決しました!はいいのですが
そうなのかもよく分かんないし……。


ただ本編を動かすうえで陰で「実はやってました」キャラは
こういう大規模な作品だと本当に重宝するのは事実です

なので今後も、八神部隊長はこんなポジションをキープするんじゃないでしょうか
あ、また泣けてきた……。


カップリングが少ない理由その3、4、5

・要素と属性のチグハグさ、見た目の印象との差

・目玉の戦闘シーン、共闘シーンが少ない
 (そこからペアを見いだせない)

・作中の都合上、身の上話や行動の詳細などの描写フォローが少ない
 (本編基準で二次創作する人には結構妄想に難が出る)



こんな感じじゃないでしょうか。


何か後半泣いてばっかりでしたが
八神部隊長のカップリング運の悪さについて自分なりに答えが出た気がします。
うぉお……


それでも私は八神部隊長に萌え続けるだー。
あんなにいい人なのに


これはカップリング運の悪さとは別のですが

初代の死別の印象とか色々あって
八神部隊長と悲恋の相性の良さもまた、涙を誘います


ていう私自身が片思い物ばっか書いてるじゃないですかやだー!
スポンサーサイト
[ 2013/10/22 20:26 ] 百合妄想、考察 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/82-f485071c




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。