スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

咲-Saki-のカップリング妄想いろいろ

眼鉄です


私って結構マイナーカップリングにハマる確率が高いというか

お目当ての子同士が本編でいちゃついてない確率高いっていうか

そもそも接点ないんじゃね?ってことが結構あって


なかなかにマイナーカップリング街道ばく進するなぁって思うのですが

そのあと必ずと言っていいほど


王道カップリングに向かっていくんですよね。


不思議なことに。

最近は咲和と芳リーネが熱い
憧穏もね!


この現象に名前を付けよう。
その、天邪鬼?


さんざん暴れに暴れて満足するんだろうか
なんという迷惑者……。


まあマイナーカップリングは暴れに暴れ終わった後だと
そこそこ増えてたりするので
自分で暴れる必要がなくなったからかもしれません。

僕らは一人じゃない

同じ考えを持つ人間はたくさんおるんや!!


良いこと言ってるように思いますが決してそんなことはありません。


みんな、騙されないでね!

まあ何をもってして王道なのかって話にもなりますか。
特に最近だと相当大量の女の子たちが一斉に交流を開始するので

ときどきどれが王道何だ??って首をかしげることもあります。

王道ってストーリー的に見て王道を探すべきか

カップリング支持層を見て判断すべきなのか


どっちなんでしょうね。


マイナーカップリングの話とは違のですが

百合ゲームで「いいな!」って思ったキャラクターが


高確率で攻略対象外な現象って何か名前ついてるんですか?


ねえってばよ……!!


まあ発売日前の段階である程度覚悟ついてるからいいんですけどね

ただ阿野ちゃんの下りはホントビックリした。

阿野ちゃんまさか恋愛ルートないびっくりした!

というわけで阿野ちゃんと結奈ねえがいちゃいちゃするFDをですね
IFでいいですから……。


以下萌え語りだから折々しておきますね。






 
■咲-Saki-

穏憧


憧ちゃんを泣かせ隊


ま、待ちたまえ、武器をしまうんだ!
苛めるとかそういう意味で泣かせたいんじゃないんだな!!

私女の子にそういう酷いことしない大丈夫ある無害な金属です。


憧ちゃん勝気でちゃっかり者で負けず嫌いだから
絶対に自分から告白したら負けだとか思って告白しないような気がするんですよね

上手く誘導しようとかしちゃうと思うんですよ
憧ちゃんは計算が出来る女!

でも相手があの野生児:高鴨穏乃ですから絶対に上手くいくわけないんですよね。

私、女子高生に向かって野生児って呼ぶ日が来るなんて思いませんでした(白目)

見た目は普通なのになぁ

そんな高鴨穏乃相手に

和和って話にすげぇ登場してきてアップップー!って悔しくなったりして泣いちゃったり

思わぬ穏乃のデレ期に嬉しくなって泣いちゃったり



そんな穏憧妄想が止まらないとですよ。


でも憧ちゃん絶対に好きだとか言われても素直に対応できないよね。
あぶぶぶって絶対に脳内大パニックになるよね

高鴨さん、この子ちょっと押したらすぐ倒れそうやでー!



千里山三人組

セーラ→竜華

竜華→怜

怜→セーラっていう爽やか一方通行片思いSS書いてたんだけど

すごいデジャビュ感が爆発してそっと消した。

私これリリカル何とかで似たような一方通行(ry

ていうかこの三人の感じが凄くリリカル三人娘そっくり

竜華→フェイトちゃん
セーラ→部隊長
怜→なのは様って感じ

私の脳内イメージなんですけどね。
あ、なんかすごい合点が言った。

まあ怜は後輩に向かってSLBしたりしないけども。

最近セー竜が私の中で凄い燃えたぎる何かになってて
どげんかせんといかん。

ていうかセー竜って音だけ聞いたら青竜ですね


竜華受けのCPなんでもかっこよくなる。


竜って単語すげぇ……。


一方通行もいいけど

二人とも怜大好きっていうあれでもいいと思う。

セーラ→怜←竜華みたいな。

一方通行にしても何にしても
セーラは言わずに身を引きそうです。

もうショタ枠なんて言わせない

セーラは立派なイケメン、さわやかイケメン!



照怜


最近『○○って設定』って単語に無限の可能性を感じている


付き合ってる設定でもいいですし
知り合った設定でもいいですし

ですしおすし。


カップリング抜きにしても
準決勝の先鋒戦の主人公って間違いなく怜でしたし
そんな時と一向一揆でガチンコバトルした照ねーちゃんとの絡みが見たいです。

カラミティ

照お姉ちゃんの照魔境は東一局の時点での能力把握が前提になるなかで

たぶん一番自分自身を急成長したと言うか
自分の体力がりがり削って照お姉ちゃんと真っ向勝負してたですしおすし

すばら先輩もそうとう頑張ってましたが


天才で高校一年の頃からスタメン第一戦で活躍し
能力実力ともに文句なしのエース照お姉ちゃん

三軍の幽霊部員だったけど能力を手にしたことで
自身の技術不足を補ってエースとなった怜


常に頂点だったものと、どんぞこから這い上がってきたものって何それ萌えるカップリング

まあ怜がそんな技術的に下手とは私は思わなかったですけど

王者には王者の悩みが当然あって
三軍には三軍の悩みがあって

お互い知り合えない悩みだから話し合って仲良くしちゃいなよ

っていう二次創作をですね……。



本日はここまで


追伸

萌え語りは本気出すとどこまでも喋り出すから
ほどほどで切り上げるようにしなければ。




スポンサーサイト
[ 2013/10/20 20:27 ] 咲-Saki- | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://ganntetu2954.blog.fc2.com/tb.php/85-59637196




ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。